品質と生産の向上・安定化で儲かる麦作りにチャレンジしましょう!(その3)

3 排水対策の徹底

   麦は湿害に弱い作物ですので、播種前に排水対策を徹底させる必要があります。排水対策のポイントは、①排水溝設置により地表排水性を良くすることと、②心土破砕等により浸透排水性を良くすることを、併せて実施することです。

   排水溝の設置は、「その1」の項でも述べたように、圃場周囲に額縁状に排水溝を設置し、圃場外の排水路に繋げます。

   排水施工と二条大麦の収量右の図は、浸透排水性を高めるための排水施工の有無と麦の収量の関係を示したものです。無処理に比べて本暗渠を施工すると収量が増えます。

 本暗渠と組み合わせて心土破砕を行うと、更に収量が増えます。

 つまり、排水対策の手間をかければかけるほど増収に結びつき、排水対策がいかに重要かが理解されると思います。

 

   最近では、心土破砕機の性能が優れ、作業スピードが5~6分/10aと格段に速いです。

 降雨後の土壌の乾きが早くなるので播種作業の効率も上がります。スタブルカルチやプラソイラがおすすめです。

   排水溝は設置できても心土破砕機がどうしても利用できない場合や、排水溝+心土破砕でも排水対策が不十分な場合は、畝立て同時播種栽培を組み合わせる方法があります。

 畝立ての方法は、ロータリ後方に畝盛り板、簡易溝切り板等を取り付け、畝を立てながらシーダーで播種します。

 ただし、溝際の条の生育が悪くなったり、深播きになりやすかったり、溝の部分が広いと生育ムラになったり、雑草が発生しやすくなるので、下の写真のように、ロータリの端から20~25cm内側の位置に最外部のシーダーをセットします。

畝立て同時播種

 

  また、麦作を団地化することも有効な排水対策になります。

 例えば、4月下旬になると各地で一斉に田んぼへの入水が始まります。すると、いわゆるバラ田の麦圃場では、てきめんに地下水位が上昇します。

 団地化することで面的に地下水位を下げることができます。

————————————————————————————————–

4.土づくりと施肥管理

   麦は昔から「肥料で獲る」と言われますが、土づくりの土台があっての施肥技術です。   

土壌phと収量性との関係

  最近、葉が黄化したり、茎数不足になっている圃場をよく見かけます。

 右図のように、麦の適正pHは6.5~7.0です。特に、水稲収穫後はpH5.0~5.5になっていることが多いので注意して下さい。

  pH5.5以下では生育不良になり、5.0以下では急激に減収します。

  基本的には土壌分析して土壌pHを診断しますが、標準的な施用量は、苦土炭カル60~100kg/10aです。

    黒ボク土、気温の低い地域(低温年)では、燐酸を増肥し、根の発達や分げつの発生を促進させると生育が良くなります。

 燐酸成分は、く溶性・水溶性がバランス良く配合されていると効率的なので、苦土重焼燐がおすすめです。土壌分析で可給態燐酸を診断し、不足分を土づくり資材で補って下さい。 

   麦は苦土の要求度も高い作物です。

 苦土が不足すると、葉に黄化が生じます。特に二条大麦の止葉が早期に黄化する現象は苦土欠であり、光合成不足となり、粒の充実が悪くなります。

 また、苦土欠の状態では燐酸が十分に存在しても吸収できなくなってしまいます。

   よって麦の栽培には、石灰質肥料、燐酸質肥料、苦土肥料が不可欠です。

 この3者が予め配合された資材として、「OM-37」あるいは「健康大地」というのがあります。どちらかを毎年10アール当たり現物で4~5袋施用し、土づくりに心がけて下さい。 

   良質堆きゅう肥の施用も土づくりに有効です。

  特に畑地で連作すると、塩基バランスが片寄り、麦の生育が悪くなりがちですので、未然に防ぐために積極的に良質堆きゅう肥を施用して下さい。ただし、未熟堆肥の施用は百害あって一利無しです。

   数年前の肥料高騰以来、安価な肥料(オール14タイプ)を使用するケースが多くなっていますが、窒素成分に合わせた施肥設計にするので、オール14タイプでは燐酸不足に陥り、麦の生育が悪くなってしまいます。

  本県では、タイプの異なる優れた麦専用基肥肥料が用意されていますので、麦を栽培するに当たっては、必ず麦専用肥料を使用しましょう。

麦作には麦専用肥料を

 

最後になりますが、この情報が皆様の「儲かる麦作り」の一助になれば幸甚です。

 【問合せ先】
経営技術課技術指導班 電話028-623-2322 メールagriinfo@pref.tochigi.lg.jp
または、最寄りの農業振興事務所経営普及部

関連記事
品質と生産の向上・安定化で儲かる麦作りにチャレンジしましょう!(その1)
品質と生産の向上・安定化で儲かる麦作りにチャレンジしましょう!(その2)

 
※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

コメントは受け付けていません。