効率的な病害虫防除に向けた取組①

<主要病害虫に対する防除薬剤の効果(薬剤感受性検定)>

 農作物の病害虫防除を行う上で、薬剤防除は有効な防除手段です。しかし、近年各種病害虫に対する薬剤の防除効果低下が見られ問題となっています。
 そこで、農業環境指導センターでは、県内の主要農作物で発生し問題となる病害虫について、それぞれの病害虫に対する防除薬剤の効果を検討しています。

① トマト、いちご灰色かび病薬剤感受性検定 

 トマト、いちごの灰色かび病については、以前から薬剤感受性の低下が問題となっていました。
 今回の検定結果では、ジエトフェンカルブ、チオファネートメチルの感受性低下が目立ってきているほか、フルジオキソニル、ボスカリド、メパニピリムの一部でも感受性低下が認められています(表1)。
 本病の薬剤防除にあたっては、効果の劣る薬剤の使用を控え、系統の異なる薬剤の輪番散布が必要です。

 

 ② ハダニ類(園芸作物)の薬剤感受性検定 

 いちごのナミハダニに対する各種薬剤の防除効果については、殺成虫効果(×)殺卵効果(△)という状況です(表3.4)。
 多くの化学合成農薬で薬剤感受性の低下が認められていることから、感受性の低下したナミハダニに対しても有効な気門封鎖剤や天敵類を活用することが必要です。

 

 

③ アザミウマ類(園芸作物)の薬剤感受性検定

 いちごのアザミウマ類は、主に春先に多発生し、果実表面を加害することで商品価値を低下させます。
 近年一部薬剤について感受性低下が認められているほか、秋期の防除が不十分であった場合、ハウス内で越冬し春先の多発生の原因となっています。
 本害虫の防除にあたっては、効果の劣る薬剤の使用を控え、系統の異なる薬剤の輪番散布が必要です(表2)。

※農業環境指導センターHPでは、病害虫の発生予報、各種病害虫の薬剤感受性検定結果、病害虫天敵図鑑等、各種病害虫情報を随時公開しています。
 定期的にチェックし、適切な病害虫防除にお役立てください。
 ホ-ムページ http://www.jppn.ne.jp/tochigi/
 【問い合わせ先】
栃木県農業環境指導センター
電話028-626-3086 メールnougyou-ksc@pref.tochigi.lg.jp

コメントは受け付けていません。