水稲の品質を低下させる「斑点米カメムシ類」を効果的に防除しましょう!

 斑点米カメムシ類(以下、カメムシ類)は、ウンカ類(※)と並び、水稲の主要な害虫です。近年では、県内各地で発生が見られ、問題となっています。 

 カメムシ類は登熟中のイネ科植物の穂を好むため、出穂した水稲の籾を吸汁し、斑点米を発生させます(写真1)。斑点米が混ざると、玄米の等級落ちの原因になるため、カメムシ類の防除は、水稲の病害虫防除の中でも重要な作業の一つです。

※ 1月31日掲載「「芝焼き」に代わる病害虫の防除方法について」参照

◆県内の水稲で発生する主なカメムシ類

 県内で発生する主なカメムシ類は、大型のカメムシ類(クモヘリカメムシ、ホソハリカメムシ)と小型のカメムシ類(アカヒゲホソミドリカスミカメ、アカスジカスミカメ)の大きく2つに分けられます(写真1)。

 

◆水稲に害を与えるカメムシ類の生態はどのようになっているのでしょうか?

 県内の水稲のカメムシ類による被害は、主に大型のカメムシ類によるものです。
 大型のカメムシ類は成虫のまま山林等で越冬し、6~7月頃イネ科雑草地で繁殖します。そして、ヒエ等のイネ科雑草や水稲が出穂すると、水田内に飛び込みます。

 このため、あぜ道の枯れ草の焼却では、林で越冬する大型カメムシ類の成虫は防除できません

 あぜ道等の枯れ草の焼却は、害虫の防除手段としては、効果が低い手段です。
 加えて、平成25年3月1~18日までに発生した、下草、枯れ草火災は121件で、昨年3月分(36件)の3倍を上回っています(下野新聞社調べ)。また、平成23年以降、死亡事故も2件発生しています。 

 

それでは、カメムシ類はどのように防除したら良いのでしょうか。 

 カメムシ類の被害を防ぐには、水稲の出穂期前から畦畔及びほ場内のイネ科雑草の発生を抑えること、特に、イネ科雑草を出穂させないことが最も重要です。

 次の対策を行ってカメムシ類が発生しにくい環境を整え、被害を防ぎましょう。

 (1) 水田周辺の除草(畦畔2回連続草刈り)

 農道や畦畔のイネ科雑草は、水田内に進入する際の中継地点となります。

 水稲出穂2~3週間前と水稲出穂期頃(一度草刈りしたイネ科雑草が出穂する前)の2回除草を行いましょう(図1)。

(2) 水田内の除草

 水稲の出穂前に結実するヒエの穂、イヌホタルイの小穂はカメムシ類の誘引源・発生源となるので、結実までに除草します。

(3) 薬剤防除

 穂揃い期にカメムシ類が水田内で確認できた場合は、乳熟初期(出穂期7~10日後)までに適用のある薬剤で防除を行ってください。

 また、県内の多くの地域で、無人ヘリコプターによるカメムシ類の防除が行われていますが、散布計画や機体数等の理由により、防除適期を外している事例が見られます。

 適期防除を心がけるとともに、薬剤散布後もカメムシ類の発生が多い場合は、7~10日間隔で1~2回の追加防除を行いましょう。

 

終わりに

 カメムシ類が多発すると、斑点米を発生させ、玄米の品質に大きな影響を及ぼします。ここで紹介したような防除技術を組み合わせて、カメムシ類の適切な防除を行い、斑点米発生による玄米品質の低下を防ぎましょう!

問い合わせ先
栃木県農政部経営技術課
環境保全型農業担当
TEL:028-623-2286
FAX:028-623-2315

 

コメントは受け付けていません。