水稲を適期に収穫して、今年も高品質米を!!

 つい先日田植えをしたと思ったら、いつの間にか二十四節気も『立秋』を過ぎ、お盆も終わりました。72候でいえば『寒蝉鳴(ひぐらしなく)』・・・秋はもう目の前です。
  
 さあ、25年産稲作シーズン(早植)もいよいよ大詰め!皆さん、収穫の準備を始めましょう。

 図1

今年は移植時こそ気温が低かったものの、5月中旬からは平年よりも気温が高い状態が続きました。梅雨もあっという間にあけてしまい、7月上旬の記録的な猛暑も重なって早植水稲の生育は進み、出穂期は平年よりも4~7日ほど早くなりました(図1、表1)。

表1

  出穂期が早くなれば、収穫期も早くなる可能性があります。
  8月2日に気象庁が発表した『関東甲信地方1か月予報(8月3日から9月2日までの天候見通し)』によると、向こう1か月の平均気温は【高い確率50%】、日照時間は【平年並または多い確率ともに40%】となっています。実際の天気がこの予報どおりであれば、順調に登熟が進み、収穫期は平年より早まります。

  ところで、昨年の出穂から収穫までの天気を覚えていますか?

  生育診断ほ(早植栽培)のデータを見直すと、昨年の出穂期は平年よりも2日早い程度でしたが、8月の気温は平年より2℃高く、日照時間は154%と多く経過したことから(図2)、成熟期が平年よりも5日早まりました。成熟期が早まったので、収穫も早めに行われていたかというと、そうでもないのが現状です。

   図2
   一般に、刈取適期は「帯緑籾率」(図3)と出穂後の「登熟積算気温」(出穂後の日平均気温の積算値)で判断し、【帯緑籾率10%(収穫開始)~3%(収穫終了)、登熟積算気温1,000~1,100℃】が適期です。 
   図3
    平成24年度の各地域の登熟積算気温から判断される適期は、さくら市が9月8日~12日、宇都宮市が9月5日~8日、小山市が9月1日~4日でした。しかし、どの地域もこの期間にようやく収穫が始まり、9月15日~17日に収穫盛期を迎えていました。
     
 この頃の稲は、籾が完全に黄化していました(写真1)。
写真1

   栃木米は胴割が多いという消費地の声があり、改善を求められています。その主な原因として考えられるのが「刈り遅れ」です。
   登熟積算気温が900~1,000℃を越えると胴割れの発生が始まることが知られており、早期落水でその傾向が助長されます(図4)。
図4

    ここ数年出穂後収穫まで高温が続くようになり、高温障害対策としてかん水が実施されるようになりました。以前に比べ、収穫近くまでほ場にある程度水がある状態になっていて、早期に落水しているほ場は少なくなっていると推定されますが、胴割れ粒は毎年発生し、品質低下の主要因となっています。

    したがって、現場では「刈り遅れ」て胴割れが発生しやすい状況を作り出していると考えられます。
 
 ※高温状態に注意
    8月に高温状態が継続すれば、今年も早植栽培の収穫が、昨年と同様に平年より早まります。県南部では8月20日過ぎ、県中部では8月末から稲の帯緑色籾率をこまめに確認し、各地の農業振興事務所やJA等からの情報も参考にしながら、適期に収穫を始めましょう。

<問合せ先>
栃木県農政部経営技術課
技術指導班
TEL:028-623-2322

コメントは受け付けていません。