とちぎ農業防災メール 第3号「家畜の暑熱対策に取り組みましょう」

気温が25℃を超えると全ての家畜に影響が現れます。

夏本番を迎え、生産性の低下を最小限にするため、次の対策に取り組みましょう

 

1.扇風機や換気扇のホコリを掃除するとともに、風向を調節しましょう!

2.きれいな水が十分飲めるように、水槽など給水設備を整備しましょう!

3.毛刈りで牛の前半身を冷やしましょう!

4.よしずや遮光ネットの設置を行いましょう!

 

農業災害未然防止対策(経営技術課)

http://www.pref.tochigi.lg.jp/g04/documents/mizenboushitaisaku.pdf

 

暑熱対策を始めよう!(芳賀農業振興事務所)

http://www.pref.tochigi.lg.jp/g53/documents/chikusan1.pdf

 

早めの暑熱対策を(下都賀農業振興事務所)

http://www.pref.tochigi.lg.jp/g54/26cow03.html

 

お問い合わせ先

栃木県農政部経営技術課普及情報担当まで

 TEL:028-623-2313

 Mail:agriinfo@pref.tochigi.lg.jp

 

○不要なメールの解除について

本メールマガジンの配信会社より、気象災害対策とは無関係のメールが配信されます。それを解除する場合、以下の作業を行ってください。

1.配信を希望しないメール本文中の、「配信中止はこちらから」というURLをクリックする。

2.メール登録・解除のページにアクセスするので、解除の欄に御自分のメールアドレスを入力し、解除ボタンをクリックすれば完了です。

 

○本メール記載のPR広告等については、栃木県とは関係ありません。

コメントは受け付けていません。