意欲ある農業者販路開拓支援事業(マルシェ栃木推進事業)のご紹介~平成26年度登録者募集のお知らせ~

   今回は、皆さんが手塩にかけて育て上げた生産物や、その加工品の販路開拓を支援する事業のご紹介です。

〇  意欲ある農業者販路開拓支援事業(マルシェ栃木推進事業)について

  この事業は、こだわりを持って高品質な農畜産物を生産し、加えて自ら流通や販売まで取り組もうとする「意欲ある農業者」の皆さんを対象とした事業です。

   主に都内で開設する「マルシェ栃木」での消費者への対面販売や、同じく都内を中心に開催する「食材提案会」でのレストランシェフやバイヤーに対する商品紹介を実施し、消費者やバイヤー等のニーズに対応した商品づくりや販路開拓を支援します。

写真1  

写真1「マルシェ栃木」

 

 

 

 

写真2   

写真2「食材提案会」 

 

〇平成26年度の取り組み

  今年度は、3つのチャレンジプログラム(①一般消費者向け、②業務用向け、③商品開発)を設け、各プログラム内のそれぞれの取組にテーマを設定しています。

    このため、参加者の皆さんがお持ちの課題にマッチした取組を的確に選択することができ、強い目的意識を持って参加いただくことで、より高い効果を期待できる取組内容となっています。

  また、今年度の新しい取組として、県内のサービスエリアへ向けた食材提案会を予定しています。

 近年、地域産品購入の場として注目されているサービスエリアに食材、商品の提案を行うことで、都内だけではなく、県内での取引増加にもチャレンジします。

 各取組の開催内容は、下記を参考になさってください。

 

             図1 平成26年度の取組内容 図1

 

〇目標達成に向け、アドバイザーを派遣します

  上記の各取組に参加いただくに当たっては、アドバイザー制度をご活用ください。

皆さんのほ場や工場に専門的知識を持ったアドバイザーがお伺いし、課題の克服、あるいは目標達成のための相談をお受けします。

 経営発展、販路開拓へ向けた、貴重なアドバイスを得ることができると思います。

 

〇 平成26年度の登録者を募集しています!

 ぜひ、「意欲ある農業者販路開拓支援事業」に参加・登録いただき、「需要に適応した商品づくり」や「販路開拓」につなげてみませんか。

 
  「いい商品はある。でも販路が見つからない。」
  「商品の価値に応じた、適正な価格で取引したい。」
  「消費者ニーズに対応した商品を開発してみたい。」
 

 こんな思いをお持ちの生産者の方は、下記までご連絡・ご相談ください。

 

   【問い合わせ先】
    栃木県農政部経済流通課マーケティング対策班
     電話:028-623-2299
     Eメール:keizai-ryutu@pref.tochigi.lg.jp

   または、最寄りの農業振興事務所までお問い合わせください。

 

 

 

コメントは受け付けていません。