スマート農業とちぎ現地検討会を開催しました

栃木県では、先端技術を活用した試験研究成果について広く農業者、関係団体等に周知し、様々な関係者との交流等を目的とする現地検討会を開催しました。

今回の会場は、栃木県大塚町のいちごモデル施設(TIPファーム)です。
いちごモデル施設(TIPファーム)は平成27年に国の「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」を活用して国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)により建設された施設です。1,080m2の3連棟高軒高ハウスには、高設栽培システム、複合環境制御装置、クラウン部温度制御装置、CO2供給装置、ドライミスト、LED電照等が装備されています。

P1180385

 

栃木県経営技術課の櫻井忠農業革新支援専門員に「いちごの生育状況と今後の栽培管理について」というテーマで、本県産いちごの推移や栽培様式の特徴などについて、わかりやすく説明いただきました。

P1180362

 

 

栃木県農業試験場いちご研究所の大橋隆特別研究員に、「半閉鎖型管理での先進技術と研究内容の紹介」というテーマで、日中での炭酸ガス施用やヒートポンプの利活用の重要性や液化天然ガスは灯油燃焼より収量が向上するがコスト面が課題であることなどについて、丁寧に説明いただきました。

P1180366

 

栃木県農業士でいちごモデル施設内のスカイベリーの管理をされている谷中克巳氏に、「半閉鎖型管理での先進技術を活用したいちご栽培について」というテーマで、摘果試験の手応えや紫外線の照射(UV-B)、LEDの有用性などについて、現場での経験を踏まえて説明いただきました。

P1180393

 

その後、いちごモデル施設内の装置について大橋隆特別研究員に説明いただきました。

P1180415

参加者から、「生産現場はなかなか見る機会がないため、大変参考になった」、「農業者の説明がわかりやすかった」など好評でした。また、いちご栽培志向者が熱心に谷中農業士にアドバイスを受けていました。

来年度も先端技術を公表するといった現地検討会を開催して参りますので、是非ご参加ください。

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

コメントは受け付けていません。