ICTを活用した分娩監視で乳牛の分娩に対応しました

栃木県農業大学校では、株式会社NTTドコモCS栃木支店様からICTを活用した遠隔監視システムの提供を受け、試用しています。

この装置は、親牛の膣内に機材を挿入して体温測定を行い、分娩が近づくと牛の体温が約1℃低下する原理を利用して、電子メールにより管理者へ分娩の兆候を教えてくれる装置です。また、分娩にあわせて胎子が体外に機材を押し出すため、測定した温度が急激に低下し、分娩が始まっていることも電子メールで教えてくれます。

挿入する部分を確認します。

 

斜め下から入れ、膣の奥まで入れます。

 

上手に留置させることができました。

 

 

本校の乳用牛の「ウミ」と「メイ」がともに平成29年2月15日に分娩予定のため、その前の2月8日に機材を設置しました。その後、「メイ」は平成29年2月11日(土曜日)、「ウミ」は2月13日(月曜日)に分娩しました。2頭とも雌の子牛で、メイの子は体重が37.5kgで「サツキ」、ウミの子は体重が47.5kgで「コハル」と名付けられました。

分娩に先立ち、体温が約1℃低下し分娩の兆候を知らせる電子メールが先生に届いたことから、当番の学生に分娩が近いことを伝え、分娩に備えてタオルや搾乳準備をするように指導しました。

その後、子牛が生まれる時に膣内に入れた機材が体外へ出てくると、再度電子メールが届き、無事に分娩に対応することができました。

本校では、今後も関係機関と協力し、ICTを活用した農業の推進とその教育に力を入れていきます。

 

産まれた直後の「サツキ」

 

 

初乳を与えたところ、勢いよく飲んでいました

 

 

飲み終わった後、立ち上がっていました

 

分娩したメイに、カルシウム剤を投与しました

 

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

コメントは受け付けていません。