農業大学校でICTを活用した園芸施設の環境制御を行っています

本校では平成28年3月にJA全農とちぎ様からトマト高軒高ハウスを寄贈していただき、ハウス内の環境制御を行う、ICT「アグリネット」が整備され、トマトやいちごの栽培に活用しています。

アグリネットとは、モニタリングセンサー(写真1)が施設内の温度や湿度、照度、炭酸ガス濃度、飽差など様々な要素を測定し、それら情報をアグリネットクラウドコントローラー(写真2)を経由して、クラウド上でパソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末からリアルタイムでモニタリングできるシステムです。

さらに、それら端末から遠隔操作で、ハウスの窓やカーテン、暖房機を稼働させることもでき、ハウスに出向くことなく植物の好適環境に設定することができます。

 

(写真1)モニタリングセンター

 

(写真2)アグリネットクラウドコントローラー

 

このアグリネットは、栃木県小山市にあるトマト高軒高ハウス実証栽培施設「ゆめファーム全農」でも導入されており、本校の高軒高ハウスとデータ共有をしています。さらに、毎月1回、ゆめファーム全農職員と学生で相互検討会を行い、ICTを活用した最先端の栽培管理方法を学んでいます。

ゆめファーム全農職員との相互検討会

 

学生はアグリネットを自身のスマートフォンで閲覧できます

 

画面上でハウス内の環境データをリアルタイムでモニタリングできます

 

細かな環境制御を行うことで、順調に収穫できています

 

高軒高ハウス以外にも、トマトロックウールハウス、いちご高能率生産学習施設、いちご研修連棟ハウスの3棟のハウスにセンサーを導入しています。

スカイベリーを作付けしている高能率生産学習施設では、センサーから得られた情報をもとに、ハウス内の温度等を見直して設定することで、導入前よりも果実品質の向上に繋がっています。

 

本校では今後も農業分野におけるICT活用した教育を進めていきます。

 

スカイベリーハウス内のモニタリングセンサー

 

高い品質を維持することができています

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

コメントは受け付けていません。