ICTを活用した効率的なイノシシ捕獲システム説明会を開催しました!

 平成29年12月21日(木)に、大田原市黒羽においてICTを活用した効率的なイノシシ捕獲システム説明会を開催しました。県内の猟友会員、鳥獣被害対策実施隊員、市町担当者等74名の参加がありました。
 説明会では実証事業のねらいや使用しているシステムの概要、見回り等の省力化に期待できる効果の説明などを行い、また、実証現地では、実際に使用されているセンサーカメラ等を見ながら設置方法やセンサーからパソコン、メール等への通信の流れを説明しました。
 参加者からは「どれくらい離れたところまでセンサーは感知できるのか」、「導入費用はいくらかかるのか」などの質問が寄せられました。
 今後も実証を進め、効率的な捕獲体制の構築を行っていく予定です。

            現地説明会                       センサーカメラ

 


センサーカメラで撮影された現場画像
(▲:捕獲されたイノシシ)

コメントは受け付けていません。