とちぎ鳥獣被害対策フォーラムを開催しました!!

平成30年2月16日(金曜日)に、宇都宮大学においてとちぎ鳥獣被害対策フォーラムを開催しました。県内の猟友会員、鳥獣被害対策実施隊員、農業者、市町担当者等120名の参加がありました。

フォーラムでは宇都宮大学竹田環境科学博士から「本当に怖い マダニと蚊の感染症」というテーマでご講演いただきました。

鳥獣対策を行う中でマダニや蚊に刺されることがありますが、ダニ等による媒介生物により寄生虫や病原体に感染する事例が全国的に見られるため、鳥獣被害対策を通じて感染する恐れがある疾病や、作業の際に気をつけるべき点について紹介いただきました。

また、効率的な鳥獣被害対策体制の構築のために県農村振興課渡邊主任が「鳥獣被害対策実施隊の設置に向けて」というテーマで事例紹介を行いました。

また、獣害対策メーカー(罠、侵入防止柵、捕獲検知センサー等)の展示会も併せて開催を行いました。出展いただいた企業様と参加者の間で活発な意見交換が行われていました。出展いただいた企業については以下のとおりです。

〔罠関係〕

オリモ製作販売株式会社 様

株式会社ユーチカ 様

株式会社末松電子製作所 様

〔侵入防止柵関係〕

株式会社ノブハラ 様

株式会社赤城商会 様

〔ICT関係〕

株式会社フォレストシー 様

株式会社スカイシーカー 様

株式会社サーキットデザイン 様

株式会社シムックス 様

株式会社huntech 様

株式会社日立システムズ 様

株式会社地域環境計画 様

〔鳥獣対策関係書籍関係〕

一般社団法人農山漁村文化協会 様

 

今後も引き続き、鳥獣被害の軽減に向け、研修会の開催などによる情報発信と関係者の交流の機会づくりに取り組んで参ります。

 

コメントは受け付けていません。