【7/22(月)開催】令和元(2019)年度 とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回) 開催します!

「最先端の技術開発の状況」や「県内での新技術を導入する取組」を紹介することにより、農業者が規模拡大を進め水田のフル活用を実現する一助となることを目的に「とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回)」を開催します。
今回の研修会では、栃木県が実施している新技術実証フロンティア事業で、省力化や品質に与える影響などを実証中の水管理システムを紹介します。

○日時:2019年7月22日(月) 10時30分~12時00分

○場所:鹿沼市下南摩町地内
※駐車場:出会いの森総合公園(鹿沼市酒野谷1335-3)
研修会場は駐車できません!駐車場から無料バスで会場まで移動します。バス移動開始9時30分からで、移動時間は5分程度です。

○内容
1 「水管理システムの導入について」((有)農業生産法人かぬま)
2 「WATARASの紹介」(株式会社関東甲信クボタ)
3 「padich gate02+の紹介」(株式会社笑農和)
4 「水田farmoの紹介」(株式会社ぶらんこ)
5 「農地の集積・集約化、省力化に向けた基盤整備」(農地整備課)
(県HP)
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/20190722_new_technology_workshop.html

<お問い合わせ先>
・栃木県農政部生産振興課
・TEL 028-623-2279

 

【6/28(金)開催】栃木県次世代型施設園芸セミナーについて

「栃木県次世代型施設園芸モデル研究会」では、最新の技術を活用し、若者が魅力を感じる豊かな経営を実現する次世代型の施設園芸モデルを育成するため、意欲ある農業生産者、企業関係者、研究機関、農業団体、行政機関など幅広い関係者が集い、相互交流等を通じて、本県施設園芸の技術革新モデルの創出を目指すことを目的に活動を行っています。

この度、本研究会の活動の一環として、栃木県における施設園芸の更なる発展を目指して、環境制御技術の活用や植物生理について学ぶ「栃木県次世代型施設園芸セミナー」を下記のとおり開催しますのでお知らせします。

(1)日時 令和元(2019)年6月28日(金)14時00分~16時30分(受付13時30分~)

(2)場所 栃木県庁北別館403会議室

(3)内容
・講演 「トマト、イチゴの生産に活かす生育モデルと環境制御」
・講師  国立研究開発法人 農研機構 野菜花き研究部門
野菜生産システム研究領域生産工学ユニット 岩崎泰永 氏

(4)参加費 無料

(5)申込み 別添申込用紙にて6月21日(金)までに申込みください。
※参加希望者は、栃木県次世代型施設園芸モデル研究会への入会をお願いします。
(入会方法は別添の「栃木県次世代型施設園芸モデル研究会規約」を参照ください)

(6)様式等
開催要領(PDF:61KB)
栃木県次世代型施設園芸セミナーを開催します(チラシ)(PDF:166KB)
申込用紙(PDF:49KB)
栃木県次世代型施設園芸モデル研究会規約(PDF:180KB)

(県HP)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/itigoyasai/30jisedai.html

<お問い合わせ先>
・栃木県農政部生産振興課(栃木県次世代型施設園芸モデル研究会事務局)
・TEL 028-623-2328