スマート農業とちぎ推進フェアを開催しました!

ICTやロボット技術など先端技術を活用した「スマート農業」の普及・啓発を図るため、2月4日に県農業大学校にて、農業者などを対象に、県内外の取組状況に係る情報共有や関係者の相互交流、最新技術の情報提供などを目的とした「スマート農業とちぎ推進フェア」を開催しました。
農業者、企業、農業団体、行政機関など約240名と多くの方に参加いただきました。

◇第一部は講演会です。
基調講演では、一般社団法日本農業情報システム協会・代表理事の渡邊智之氏に「スマート農業のすすめ~農業を情報技術でかっこよく稼げて感動があるものに!~」をテーマとして、スマート農業の導入効果やメリット、データに基づく農業の実践などについて御講演いただきました。

取組事例紹介では、国立大学法人宇都宮大学・教授の尾崎功一氏から「にら出荷調整機の開発」について、株式会社日本総合研究所の今泉翔一朗氏から「小型自律多機能ロボットを用いた中山間地域におけるナスの機械化一貫体系」について御講演いただきました。
また、当日の会場である県農業大学校に整備を進めている「地下水位制御システム「FOEAS(フォアス)」」について、県農地整備課から紹介させていただきました。

◇第二部は現地研修会・交流会です。
現地研修会では、「地下水位制御システム「FOEAS(フォアス)」」の整備を進めている圃場に移動し、実際に使用されている資材などを展示しながら、システムについて、県河内農業振興事務所から説明を行いました。

交流会では、スマート農業関連企業の皆様に出展いただき、参加者とスマート農業関連技術や機器について、活発な意見交換等が行われました。出展企業は次のとおりです。(当日名簿順、敬称略)
・株式会社ヰセキ関東甲信越
・株式会社関東甲信クボタ
・クボタアグリサービス
・株式会社誠和。
・積水化学工業株式会社
・株式会社SenSprout
・栃木スカイテック株式会社
・東京計器株式会社
・日栄産業株式会社
・株式会社日本総合研究所
・一般社団法人農山漁村文化協会
・富士通株式会社
・株式会社ぶらんこ
・三菱農機販売株式会社
・株式会社山本製作所
・ヤンマーアグリジャパン株式会社
・ラピスコンダクタ株式会社

今後も、本県農業の生産性向上を目的として引き続き、スマート農業に関する研修会などによる情報発信と関係者の交流の場づくりに積極的に取り組んで参ります。

〈お問い合わせ先〉
栃木県農政部農政課農政戦略推進室
℡:028-623-2284