壬生町で「スマート農業研修会」が開催されました

壬生町下稲葉地区では、平成29(2017)年度から県営農地整備事業(経営体育成型)に着手しました。受益面積約200ヘクタールのうち、令和元(2019)年度までに約80ヘクタールの工事が完了し、農地の大規模化・汎用化によって農作業効率の向上が図られています。

また、令和元(2019)年度には、農地整備事業では県内初となる高感度衛星利用システム(GNSS基地局)とマシンコントロールブルドーザを利用した情報化施工を約5ヘクタール実施しました。

7月2,3日に開催したスマート農業研修会は、工事で利用したGNSS基地局を活用し、基盤整備後の大区画化された農地で利用が期待されるICT農業機械の自動操舵技術の習得を目的として実施しました。
農業者、農業団体など109名と多くの方に参加いただきました。

一日目は、担い手等を対象としたGNSS基地局と自動操舵装置(トラクタ)の使用方法の実習研修を行いました。


GNSS基地局
「GNSS基地局」

トラクタ実習の様子
「自動操舵装置(トラクタ)の使用方法説明の様子」

二日目は、トラクタと田植機の自動操舵走行のデモンストレーションを行いました。


「トラクタの自動走行デモンストレーションの様子」

田植機(自動操舵)
「田植機の自動走行デモンストレーションの様子」

農業機械の自動操舵装置とGNSS基地局を利用することで

①2~3㎝の位置精度の実現
②モニターでの作業跡確認や自動位置合わせによる作業補助
③ハンドル操作自動化による運転者の疲労軽減
④不慣れな運転者でも熟練者と同じ精度での作業が可能

等の効果が期待できます。

壬生町土地改良区と壬生町では、この研修会を契機に、スマート農業の将来性を地域の農業者に理解してもらうと同時に、担い手への農地集積・集約化や農作業効率の向上、若い世代の就農を期待しています。

<お問い合わせ先>
下都賀農業振興事務所 農村整備部 整備第一課
〒328-0032 栃木市神田町5-20
TEL:0282-23-3428
FAX:0282-23-3752

コメントは受け付けていません。