【塩谷南那須地域】土地利用型農業経営におけるスマート農業活用研修会を開催しました。

令和2(2020)年7月29日(水曜日)に、高根沢町において「大切な水管理をスマートに実践!」をテーマに、スマート農業活用研修会を開催しました。

スマート農業の普及状況や生産者の活用事例の紹介、開発企業による製品の紹介等の後、ほ場に移動し、水位センサーや給水ゲートが実際使われている状況を見ながら研修を行い、スマート農業技術に関する理解を深めました。

当日は、生産者、JA等農業関係者約40名が熱心に説明を聞き、活発に質問をしていました。

農業は人手に頼る作業が依然として多く、省力化や作業の負担軽減が今後重要な課題となってくる中、水位センサーや給水ゲート等は有効な手段として期待されます。

スマート農業の普及状況や活用事例、製品の紹介等に耳を傾ける参加者
実際に使われている水位センサーや給水ゲートを確認する参加者

【お問合せ先】
塩谷南那須農業振興事務所 経営普及部 農畜産課
〒329-2163 栃木県矢板市鹿島町20-22
TEL:0287-43-2318 FAX:0287-43-4072

塩谷南那須地域 ドローン勉強会を開催しました

JAしおのや氏家地区麦大豆部会では、1月25日にドローンを利用した土地利用型農業におけるほ場管理の効率化や生産性の向上を目的とした勉強会を開催し、生産者等42名が出席しました。
始めに講師役である民間事業者の栃木スカイテックの職員が、改正航空法の概要や利用上の留意点、農業用ドローンの今後の展望等について説明を行いました。
その後、会場の近くの水田において、実際の機体を使用したデモンストレーション飛行を行いました。
出席した生産者からは、「飛行時の機体が安定している」「予想以上に静か」等の感想が聞かれました。