スマートとちぎ推進フェアを開催しました!

ICTやロボット技術など先端技術を活用した「スマート農業」の啓発・普及を図るため、農業者や農業を志す若者などを対象に、県内外の取組状況に係る情報共有や関係者の相互交流、最新技術の情報提供などを目的とした「スマート農業とちぎ推進フェア」を1月11日に県農業大学校にて開催しました。
農業者、学生、企業、農業団体、行政機関など多くの方に参加いただきました。


◇第一部は講演会です。
まず、「スマート農業とちぎの取組状況」について、県から情報提供いたしました。

基調講演では、内閣府「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の次世代農林水産業技術担当」のプログラムディレクターを務められている北海道大学大学院 副研究院長・教授の野口伸氏に「スマート農業に係る技術開発の現状と今後の展望」をテーマとして、SIPにおける先端技術を活用したロボット農機開発等の現状と今後のスマート農業の展開などについて御講演いただきました。

取組事例紹介では、株式会社ジーワン代表取締役の吉岡祐弥氏と全国農業協同組合連合会営農・技術センター(ゆめファーム全農)の石井正幸氏に、園芸作物におけるスマート農業技術の活用による生産性向上の取組等について御講演いただきました。

◇第二部は交流会です。
スマート農業関連企業の皆様に出展いただき、参加者とスマート農業関連技術や機器について、活発な意見交換等が行われました。

出展企業及び県試験研究機関は次のとおりです。(当日名簿順、敬称略)
・アイ・イート株式会社
・株式会社関東甲信クボタ
・クボタアグリサービス
・株式会社栗原弁天堂
・積水化学工業株式会社
・株式会社チノー
・東京計器株式会社
・株式会社ドコモCS
・株式会社日本総合研究所
・東日本電電話株式会社
・富士通株式会社
・株式会社ぶらんこ
・ヤンマーアグリジャパン株式会社
・ラピスコンダクタ株式会社
・株式会社ルートレック・ネットワークス
—————————————————————-
・栃木県農業試験場
・栃木県農業試験場いちご研究所
・栃木県畜産酪農研究センター

今後も、本県農業の生産性向上を目的として引き続き、スマート農業に関する研修会などによる情報発信と関係者の交流の場づくりに積極的に取り組んで参ります。

〈お問い合わせ先〉
栃木県農政部農政課農政戦略推進室
℡:028-623-2284

スマート農業とちぎ推進フェアを開催します!

ICTやロボット技術など先端技術を活用した「スマート農業」の啓発・普及を図るため、県内外の取組状況に係る情報共有や関係者の相互交流、最新技術の情報提供などを目的としたフェアを開催します。
お申込みの上、ぜひご参加ください!

1 日時:平成31(2019)年1月11日(金曜日)13時30分(受付13時00分)から16時30分

2 場所:栃木県農業大学校(宇都宮市上籠谷町1145-1)

3 内容
(1)スマート農業とちぎの推進状況について

(2)基調講演「スマート農業に係る技術開発の現状と今後の展望について」
◇講師  北海道大学大学院農学研究院  副研究院長・教授  野口  伸  氏
(内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム
「次世代農林水産業創造技術」プログラムディレクター)

(3)経営紹介「先端技術を活用した農業経営向上の取組について」

(4)交流会
スマート農業関連企業等による先端技術等の説明・展示・実演及び情報交換等
※交流会に参加を希望する企業等を募集中(平成30(2018)年12月18日まで)

4 事前申込:申込用紙によりFAXまたは電子メールで申込み(平成31(2019)年1月8日まで)

詳しくはこちらからご覧ください!
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g01/houdou/h310111smartfair.html

 

<お問い合わせ先>
栃木県農政部農政課農政戦略推進室
TEL:028-623-2284

 

スマート農業とちぎ現地研修会を開催します!

ICTやロボット技術などの先端技術の利用拡大により、本県農業の生産性向上を図るため、「畜産分野における先端技術の活用」をテーマに研修会を開催します。

以下の内容で行いますので、関心のある農業者、農業関係者の方はぜひご参加ください。

(1)事例紹介:県内農業者等
・「酪農経営における搾乳ロボット活用事例について」
・「肉牛経営における発情発見システム活用事例について」

(2)取組状況説明:農政部畜産振興課
・「県内畜産分野の先進技術導入状況紹介」

(3)施設研修(見学・実演):農業大学校
・「ドリーム牛舎の導入と活用状況について」

詳しくはこちらからご覧ください!
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g01/houdou/300910smartkennsyuukai.html


<お問い合わせ先>
栃木県農政部農政課農政戦略推進室
TEL:028-623-2284

 

平成30 (2018) 年度とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回) を開催しました!

本県の土地利用型農業の担い手の収益力の向上を図るため、『とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回)』を平成30(2018)年5月30日(水)、下野市磯部地内の大区画実証ほ場にて開催しました。
農業者、農業大学校生、農業高校生、企業、農業団体、行政機関など多くの方に参加いただきました。

研修会は、『農作業の自動化技術 ~自動制御技術による効率的な農作業~」』をテーマに、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構の山田祐一氏から、2017年の農業技術10大ニュースに選ばれた「自動運転田植機」について実演いただきました。

また、同機構の坂田賢氏からは、同じく2017年の農業技術10大ニュースに選ばれた「ICT型給水機」について実演いただきました。
参加された方からは、自動運転田植機の市販予定や、ICT型給水機を導入する上での注意点など、多くの質問が出され積極的な意見交換がなされました。

平成30 (2018) 年度 とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回)を開催します!

「最先端の技術開発の状況」や「県内での新技術を導入する取組」を紹介することにより、農業者が規模拡大を進め水田のフル活用を実現する一助となることを目的に「とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回)」を開催します。
今回の研修会では、農作業の自動化技術について、その開発状況と展望を紹介します。
「2017 農業技術10大ニュース」に選ばれた自動運転田植機が栃木県へ初上陸!!

1 自動運転田植機による田植作業 -田植作業の大幅省力化に期待!!
(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 山田 祐一氏)

2 農業農村整備事業やICT型給水機がもたらす稲作水管理の省力効果
(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 坂田 賢氏)http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/20180530_new_technology_workshop.html

<お問い合わせ先>
栃木県農政部生産振興課
TEL:028-623-2279

スマート農業とちぎ推進フォーラムを開催しました!!

栃木県では、ICTやロボット技術などの先進技術を活用した「スマート農業」の啓発・普及を図るため、県内外の取組状況に係る情報共有や関係者の相互交流などを目的に、『スマート農業とちぎ推進フォーラム』を平成29年12月20日、栃木県産業技術センターにて開催しました。
農業者、農業大学校生、農業高校生、企業、農業団体、行政機関など多くの方に参加いただきました。

フォーラム様子

 

 

 

 

 

 

◇第一部は講演会です。
基調講演では、株式会社日本総合研究所創発戦略センターシニアスペシャリストの三輪泰史様から「スマート農業技術による魅力ある農業の将来像」について御講演いただきました。
日本の農業の直面する課題解決のためには、ICTやロボット技術を活用した「スマート農業」の推進が有効であると指摘され、具体的事例や「IoT×農業」が実現する次世代農業の姿について解説いただきました。

事例紹介では、株式会社ドコモCS栃木支店法人営業部長の浜谷宗明様からは、「農業現場におけるIoTの活用事例と今後の技術開発」について情報提供いただきました。
NTTdocomoの農業ICTについての取組全般と栃木県内での実証・導入事例等について御紹介いただきました。

加えて、「栃木県におけるスマート農業の取組状況」について、県から情報提供いたしました。

フォーラム県の取組状況

 

 

 

 

 

 

◇第二部は交流会です。
スマート農業関係企業の皆様に出展いただき、農業者を始めとした参加者とスマート農業関係技術や機器について、活発な意見交換等が行われました。
出展企業様及び県試験研究機関は次のとおりです。(当日名簿順)
・株式会社ヰセキ北関東 様
・五百部商事有限会社 様
・株式会社関東甲信クボタ 様
・積水化学工業株式会社 様
・株式会社ドコモCS 様
・パナソニックシステムソリューション株式会社 様
・株式会社ビジョンテック 様
・富士通株式会社 様
・株式会社ぶらんこ 様
・ボッシュ株式会社 様
・ヤンマーアグリジャパン株式会社 様
・株式会社ルートレック・ネットワークス 様
—————————————————————-
・栃木県農業試験場
・栃木県農業試験場いちご研究所
・栃木県畜産酪農研究センター

今後も引き続き、本県農業の生産性向上を目的として、スマート農業技術に関する研修会の開催などによる情報発信と関係者の交流の場づくりに取り組んで参ります。

【11/10(金)、13(月)開催】 機械化一貫体系によるたまねぎ省力生産技術の実演会のお知らせ

機械化一貫体系によるたまねぎ省力生産技術の実演会を開催します。

下都賀地域の露地野菜導入に関心がある農家や集落営農のみなさま、ぜひ御参加ください。

http://www.pref.tochigi.lg.jp/g54/h29/info01.html

①栃木会場

日時 平成29年11月10日(金)13時30分~15時00分

(雨天またはほ場条件不良の場合、11月11日(土)13時30分~15時00分)

場所 栃木市川原田町(川原田農業生産集団ほ場)

 

②小山会場

日時 平成29年11月13日(月)13時30分~15時00分

(雨天またはほ場条件不良の場合、11月14日(火)13時30分~15時00分)

場所 小山市上石塚(農事組合法人ファームこうつかほ場)

 

問い合わせ先                                                 栃木県下都賀農業振興事務所                                       経営普及部 野菜課                                            TEL 0282-24-1101                                             FAX 0282-23-6563

 

ICTを活用した多圃場営農管理システム研修会を開催しました

大規模土地利用型経営体は地域農業の担い手として多数のほ場を管理し、雇用労働力も活用しながら作物を生産する必要があります。
そこで芳賀農業振興事務所では、2月7日(火)、ほ場に関する各種情報を視覚的に管理し、生産管理者で情報を共有することができる「多圃場営農管理システム」に関する研修会を開催し、関係機関・団体から40名が参加しました。

講師には、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業技術革新工学研究センター 高度作業支援システム研究領域 高度情報化システムユニット長 吉田智一氏をお迎えして、「ICTを活用した多圃場営農管理~概要と展望」という演題で、氏が開発した「作業計画・管理支援システム(PMS)」の内容も盛り込みながらお話しいただきました。

 

「多圃場営農管理システム」では、パソコン上の地図に自分が耕作するほ場を手入力で図示し、面積、地権者、栽培作物、耕種概要、作業時間等を入力して整理することができます。情報を一括管理することで作業の進捗状況を容易に把握することができ、数年分の蓄積データを比較しながら次年度計画を作成することも可能となるので、生産工程が透明化されて経営内で迅速な情報共有が図られるとともに、情報管理に要する時間も少なくなります。

 

 

参加者は熱心に説明を聞き、入力作業に要する時間、PMSソフトの入手方法とサポート体制、導入の検討が必要な経営規模などについての質問も出ました。さらに、研修会終了後も吉田氏に質問する姿がみられ、本システムへの関心の高さがうかがえました。

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

平成28年度下都賀地区アグリマネジメントセミナー(土地利用型部門)を開催しました。

下都賀農業振興事務所では認定農業者を対象に、産業用マルチコプター(ドローン)や、GPS位置情報測位システムを活用したスマート農業への理解を深めるため、平成29年1月24日に平成28年度下都賀地区アグリマネジメントセミナー(土地利用型部門)を開催しました。

当日は天候に恵まれ、全農とちぎしもつけ広域農機センター及び各メーカー、企業の協力のもと、実演会と研修会の二部形式で実施しました。

第一部の実演会では、産業用マルチコプターのデモ飛行及び、GPSガイダンスシステム搭載トラクタでの自動操舵走行を行いました。

産業用マルチコプター 搭載液量5リットルタイプ 「産業用マルチコプター 搭載液量5リットルタイプ」

産業用マルチコプター 搭載液量10リットルタイプ 「産業用マルチコプター 搭載液量10リットルタイプ」                            耐荷重を上げるため、プロペラが8枚あります。

産業用マルチコプター 2種機のデモ飛行の様子 「産業用マルチコプター 2種機のデモ飛行の様子」

当日は生憎の強風となり、ダウンウォッシュの状況まで確認できませんでしたが、機体の大きさや飛空速度、機体の安定性等を把握することができました。

GPSガイダンス搭載トラクタの走行実演 「GPSガイダンス搭載トラクタの走行実演」

ハンドルに触れずに走行しているのが確認できます。蛇行もなく、直進性は保たれています。

その他、展示として密苗移植田植機、GPSを搭載した直進キープ機能付田植機の紹介がありました。

育苗用労力軽減のための密植田植機 「育苗労力軽減のための密苗田植機」

GPS搭載直進キープ機能付田植機「GPS搭載直進キープ機能付田植機」

第二部では栃木スカイテック株式会社営業部 福田課長より「農業用ドローンをめぐる情勢について」と題し、利用上の留意点と今後の展望について講演いただきました。

現行の制度に基づき、産業用マルチコプター(ドローン)を利用する上で必要となる認可や、資格等について情報提供いただきました。

続いて、ヤンマーアグリジャパン株式会社ソリューション推進グループ薄井主任より「ロボットトラクタがもたらす農業の可能性」と題しまして、現在開発中のロボット農機を中心に今後の農業に変革をもたらす先進技術について講演いただきました。また、ヤンマー株式会社アグリ事業本部先行開発グループ横山専任課長よりロボットトラクタを取り巻く状況について情報提供いただきました。

この研修会では約130名が参加し、先進的な農業機械に対して、農業者の関心の高さが窺えました。

下都賀農業振興事務所では管内の農業者の皆様に、引き続き情報提供の場を設定していきます。

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

第4回安足地方稲作低コスト生産実践研修会において農業用ドローンのデモフライトを実施しました。

栃木県ではICTやロボットなど先端技術の活用による農業の生産力向上や省力化等の取組を「スマート農業とちぎ」とし、生産技術の開発と普及を推進しています。

平成28年12月20日、安足農業振興事務所では第4回安足地方稲作低コスト生産実践研修会において、農業用ドローンのデモフライトを行いました。

農業用ドローンは土地利用型農業において省力化及び効率化への期待が大きく、参加した農業者からは「是非導入したい」、「早期の普及を希望する」という意見がありました。また農業用ドローン以外にはICT技術を利用したコンバインやトラクター等の農業機械について紹介して欲しいという要望がありました。

研修会において使用した農業用ドローンに関する問合せ先

スカイテック(株) 0287-22-7125

農業用ドローンの説明

農業用ドローンの説明

デモフライトに使用した農業用ドローン

デモフライトに使用した農業用ドローン

デモフライトの様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。