水稲の品質を低下させる「斑点米カメムシ類」を効果的に防除しましょう!

 斑点米カメムシ類(以下、カメムシ類)は、ウンカ類(※)と並び、水稲の主要な害虫です。近年では、県内各地で発生が見られ、問題となっています。 

 カメムシ類は登熟中のイネ科植物の穂を好むため、出穂した水稲の籾を吸汁し、斑点米を発生させます(写真1)。斑点米が混ざると、玄米の等級落ちの原因になるため、カメムシ類の防除は、水稲の病害虫防除の中でも重要な作業の一つです。

※ 1月31日掲載「「芝焼き」に代わる病害虫の防除方法について」参照

◆県内の水稲で発生する主なカメムシ類

 県内で発生する主なカメムシ類は、大型のカメムシ類(クモヘリカメムシ、ホソハリカメムシ)と小型のカメムシ類(アカヒゲホソミドリカスミカメ、アカスジカスミカメ)の大きく2つに分けられます(写真1)。

 

◆水稲に害を与えるカメムシ類の生態はどのようになっているのでしょうか?

 県内の水稲のカメムシ類による被害は、主に大型のカメムシ類によるものです。
 大型のカメムシ類は成虫のまま山林等で越冬し、6~7月頃イネ科雑草地で繁殖します。そして、ヒエ等のイネ科雑草や水稲が出穂すると、水田内に飛び込みます。

 このため、あぜ道の枯れ草の焼却では、林で越冬する大型カメムシ類の成虫は防除できません

 あぜ道等の枯れ草の焼却は、害虫の防除手段としては、効果が低い手段です。
 加えて、平成25年3月1~18日までに発生した、下草、枯れ草火災は121件で、昨年3月分(36件)の3倍を上回っています(下野新聞社調べ)。また、平成23年以降、死亡事故も2件発生しています。 

 

それでは、カメムシ類はどのように防除したら良いのでしょうか。 

 カメムシ類の被害を防ぐには、水稲の出穂期前から畦畔及びほ場内のイネ科雑草の発生を抑えること、特に、イネ科雑草を出穂させないことが最も重要です。

 次の対策を行ってカメムシ類が発生しにくい環境を整え、被害を防ぎましょう。

 (1) 水田周辺の除草(畦畔2回連続草刈り)

 農道や畦畔のイネ科雑草は、水田内に進入する際の中継地点となります。

 水稲出穂2~3週間前と水稲出穂期頃(一度草刈りしたイネ科雑草が出穂する前)の2回除草を行いましょう(図1)。

(2) 水田内の除草

 水稲の出穂前に結実するヒエの穂、イヌホタルイの小穂はカメムシ類の誘引源・発生源となるので、結実までに除草します。

(3) 薬剤防除

 穂揃い期にカメムシ類が水田内で確認できた場合は、乳熟初期(出穂期7~10日後)までに適用のある薬剤で防除を行ってください。

 また、県内の多くの地域で、無人ヘリコプターによるカメムシ類の防除が行われていますが、散布計画や機体数等の理由により、防除適期を外している事例が見られます。

 適期防除を心がけるとともに、薬剤散布後もカメムシ類の発生が多い場合は、7~10日間隔で1~2回の追加防除を行いましょう。

 

終わりに

 カメムシ類が多発すると、斑点米を発生させ、玄米の品質に大きな影響を及ぼします。ここで紹介したような防除技術を組み合わせて、カメムシ類の適切な防除を行い、斑点米発生による玄米品質の低下を防ぎましょう!

問い合わせ先
栃木県農政部経営技術課
環境保全型農業担当
TEL:028-623-2286
FAX:028-623-2315

 

たい肥の流通には、届出が必要です!!

 今回は、『たい肥』を流通させる際の届出について御紹介します。

 県内では、年間に約300万トンの家畜ふん尿が発生しています。家畜ふん尿には、肥料成分の窒素やりん酸、加里が多量に含まれています。そのため、家畜ふん尿をたい肥として活用すれば、化学肥料の施肥量を少なくすることができますし、地域の資源を有効活用することにもなります。

 このようにたい肥の利活用にはメリットがありますが、その扱いについては以下のような届出等が必要になってくる場合があります。

1.肥料取締法に基づく届出

 たい肥は肥料取締法に規定されている特殊肥料であり、生産や販売をする場合は、県知事への届出が定められています。

 届出は、特殊肥料(たい肥等)の生産をする際の『特殊肥料生産業者届出』と肥料を販売する際の『肥料販売業務開始届出』の二つが必要になります。

 ここで、注意が必要なことは、たい肥を無料で配る場合でも、肥料取締法では販売』と解釈され、届出の対象となってしまうことです。もちろん、稲わら交換で水稲農家等にたい肥を渡す場合も、届出の対象となります。なお、自分で生産したものを全て自家消費する場合届出の対象とはなりません。届出の対象になるかどうかをしっかりと確認しましょう。

 特殊肥料(たい肥等)を生産する場合は、事業を開始する2週間前までに県知事に届け出ることになっており、栃木県での窓口は、農業環境指導センターです。当センターでは届出を受理する前に生産事業場などの事前調査を行うこととしており、受理までに日数を頂くことがありますので、ご注意下さい。

届出受理までの流れ

 

2.事前調査で確認すること

 たい肥の届出にあたっては、生産工程のフロー図や原材料の種類、混合割合等を記入した『生産工程の概要書』を添付します。

 『生産工程の概要書』の内容は、たい肥の表示票を作成する際に必要となる事項ですので、事前調査で確認を行います。
 なお、有害成分を含む可能性のあるものや肥料に利用されたことがないものを原材料として使用する場合は、肥料として認められないものもありますので、ご注意下さい。

 また、事前調査においては、以下のような項目についても確認を行います。

①生産施設の面積
②施設の形態や床材の確認
③産業廃棄物処分許可の有無
④原料の調達先や飼育頭数といった生産工程に関する事項
⑤販売する相手先やその出荷形態

 

3.届出者の義務

 届出が受理されたたい肥の生産業者には、①販売する際の表示票の添付②帳簿の備え付けをする義務がありますので、御注意願います。
 また、県では、肥料生産業者の方への立入検査を行っており、上記内容の確認や、たい肥を収去し肥料成分の分析を行うことがあります。

 適切な管理・流通を行い、たい肥の活用を促進し、地域の資源の有効活用を図りましょう!
 不明な点については、当センターまで遠慮無くご連絡下さい。

≪お問い合わせ先≫
栃木県農業環境指導センター
TEL:028-626-3086
FAX:028-626-3012

 

効率的な病害虫防除に向けた取組①

<主要病害虫に対する防除薬剤の効果(薬剤感受性検定)>

 農作物の病害虫防除を行う上で、薬剤防除は有効な防除手段です。しかし、近年各種病害虫に対する薬剤の防除効果低下が見られ問題となっています。
 そこで、農業環境指導センターでは、県内の主要農作物で発生し問題となる病害虫について、それぞれの病害虫に対する防除薬剤の効果を検討しています。

① トマト、いちご灰色かび病薬剤感受性検定 

 トマト、いちごの灰色かび病については、以前から薬剤感受性の低下が問題となっていました。
 今回の検定結果では、ジエトフェンカルブ、チオファネートメチルの感受性低下が目立ってきているほか、フルジオキソニル、ボスカリド、メパニピリムの一部でも感受性低下が認められています(表1)。
 本病の薬剤防除にあたっては、効果の劣る薬剤の使用を控え、系統の異なる薬剤の輪番散布が必要です。

 

 ② ハダニ類(園芸作物)の薬剤感受性検定 

 いちごのナミハダニに対する各種薬剤の防除効果については、殺成虫効果(×)殺卵効果(△)という状況です(表3.4)。
 多くの化学合成農薬で薬剤感受性の低下が認められていることから、感受性の低下したナミハダニに対しても有効な気門封鎖剤や天敵類を活用することが必要です。

 

 

③ アザミウマ類(園芸作物)の薬剤感受性検定

 いちごのアザミウマ類は、主に春先に多発生し、果実表面を加害することで商品価値を低下させます。
 近年一部薬剤について感受性低下が認められているほか、秋期の防除が不十分であった場合、ハウス内で越冬し春先の多発生の原因となっています。
 本害虫の防除にあたっては、効果の劣る薬剤の使用を控え、系統の異なる薬剤の輪番散布が必要です(表2)。

※農業環境指導センターHPでは、病害虫の発生予報、各種病害虫の薬剤感受性検定結果、病害虫天敵図鑑等、各種病害虫情報を随時公開しています。
 定期的にチェックし、適切な病害虫防除にお役立てください。
 ホ-ムページ http://www.jppn.ne.jp/tochigi/
 【問い合わせ先】
栃木県農業環境指導センター
電話028-626-3086 メールnougyou-ksc@pref.tochigi.lg.jp