壬生町で「スマート農業研修会」が開催されました

壬生町下稲葉地区では、平成29(2017)年度から県営農地整備事業(経営体育成型)に着手しました。受益面積約200ヘクタールのうち、令和元(2019)年度までに約80ヘクタールの工事が完了し、農地の大規模化・汎用化によって農作業効率の向上が図られています。

また、令和元(2019)年度には、農地整備事業では県内初となる高感度衛星利用システム(GNSS基地局)とマシンコントロールブルドーザを利用した情報化施工を約5ヘクタール実施しました。

7月2,3日に開催したスマート農業研修会は、工事で利用したGNSS基地局を活用し、基盤整備後の大区画化された農地で利用が期待されるICT農業機械の自動操舵技術の習得を目的として実施しました。
農業者、農業団体など109名と多くの方に参加いただきました。

一日目は、担い手等を対象としたGNSS基地局と自動操舵装置(トラクタ)の使用方法の実習研修を行いました。


GNSS基地局
「GNSS基地局」

トラクタ実習の様子
「自動操舵装置(トラクタ)の使用方法説明の様子」

二日目は、トラクタと田植機の自動操舵走行のデモンストレーションを行いました。


「トラクタの自動走行デモンストレーションの様子」

田植機(自動操舵)
「田植機の自動走行デモンストレーションの様子」

農業機械の自動操舵装置とGNSS基地局を利用することで

①2~3㎝の位置精度の実現
②モニターでの作業跡確認や自動位置合わせによる作業補助
③ハンドル操作自動化による運転者の疲労軽減
④不慣れな運転者でも熟練者と同じ精度での作業が可能

等の効果が期待できます。

壬生町土地改良区と壬生町では、この研修会を契機に、スマート農業の将来性を地域の農業者に理解してもらうと同時に、担い手への農地集積・集約化や農作業効率の向上、若い世代の就農を期待しています。

<お問い合わせ先>
下都賀農業振興事務所 農村整備部 整備第一課
〒328-0032 栃木市神田町5-20
TEL:0282-23-3428
FAX:0282-23-3752

【募集】AIいちご生産イノベーションモデル創出事業業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について

 本県の生産者の収益向上と“いちご王国・栃木”の更なる発展を図るため、AIを用いていちご新品種「栃木i37号」の出荷時期などをコントロールする新たなシステムを開発することを目的として、公募型プロポーザルを実施することとなりました。
 具体的には、栽培環境、生育状況、出荷状況などのデータについてICT機器を用いてモニタリングし、栽培ノウハウを蓄積するとともに、流通や販売のデータと併せてビッグデータとし、AIで分析することにより、生産性の向上や栽培管理の自動化、需要に応じた出荷を行うための新たな『「栃木i37号」生育コントロールシステム』を開発するための業務を委託します。

詳細は、下記の県ホームページをご確認ください。

【県ホームページ】
AIいちご生産イノベーションモデル創出事業業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/aiichigo1.html

【お問い合わせ先】
栃木県農政部生産振興課
TEL:028-623-2328

スマート農業とちぎ推進フェアを開催しました!

ICTやロボット技術など先端技術を活用した「スマート農業」の普及・啓発を図るため、2月4日に県農業大学校にて、農業者などを対象に、県内外の取組状況に係る情報共有や関係者の相互交流、最新技術の情報提供などを目的とした「スマート農業とちぎ推進フェア」を開催しました。
農業者、企業、農業団体、行政機関など約240名と多くの方に参加いただきました。

◇第一部は講演会です。
基調講演では、一般社団法日本農業情報システム協会・代表理事の渡邊智之氏に「スマート農業のすすめ~農業を情報技術でかっこよく稼げて感動があるものに!~」をテーマとして、スマート農業の導入効果やメリット、データに基づく農業の実践などについて御講演いただきました。

取組事例紹介では、国立大学法人宇都宮大学・教授の尾崎功一氏から「にら出荷調整機の開発」について、株式会社日本総合研究所の今泉翔一朗氏から「小型自律多機能ロボットを用いた中山間地域におけるナスの機械化一貫体系」について御講演いただきました。
また、当日の会場である県農業大学校に整備を進めている「地下水位制御システム「FOEAS(フォアス)」」について、県農地整備課から紹介させていただきました。

◇第二部は現地研修会・交流会です。
現地研修会では、「地下水位制御システム「FOEAS(フォアス)」」の整備を進めている圃場に移動し、実際に使用されている資材などを展示しながら、システムについて、県河内農業振興事務所から説明を行いました。

交流会では、スマート農業関連企業の皆様に出展いただき、参加者とスマート農業関連技術や機器について、活発な意見交換等が行われました。出展企業は次のとおりです。(当日名簿順、敬称略)
・株式会社ヰセキ関東甲信越
・株式会社関東甲信クボタ
・クボタアグリサービス
・株式会社誠和。
・積水化学工業株式会社
・株式会社SenSprout
・栃木スカイテック株式会社
・東京計器株式会社
・日栄産業株式会社
・株式会社日本総合研究所
・一般社団法人農山漁村文化協会
・富士通株式会社
・株式会社ぶらんこ
・三菱農機販売株式会社
・株式会社山本製作所
・ヤンマーアグリジャパン株式会社
・ラピスコンダクタ株式会社

今後も、本県農業の生産性向上を目的として引き続き、スマート農業に関する研修会などによる情報発信と関係者の交流の場づくりに積極的に取り組んで参ります。

〈お問い合わせ先〉
栃木県農政部農政課農政戦略推進室
℡:028-623-2284

スマート農業とちぎ推進フェアを開催します!

ICTやロボット技術など先端技術を活用した「スマート農業」の啓発・普及を図るため、農業者や農業を志す若者などを対象に、県内外の取組状況に係る情報共有や関係者の相互交流、最新技術の情報提供などを目的とした「スマート農業とちぎ推進フェア」を開催します。
フェアでは、基調講演のほか、県内での取組紹介、水田の地下水位制御が行える「FOEAS(フォアス)」の現地見学を予定しています。
また、スマート農業機器を取り扱う企業との交流会を実施します。

◇日時
令和2(2020)年2月4日(火) 13時00分~16時30分(受付12時30分)

◇場所
栃木県農業大学校(宇都宮市上籠谷町1145-1)

◇内容
1 基調講演
「スマート農業のすすめ~農業を情報技術でかっこよく稼げて感動があるものに!~」
講師:一般社団法人日本農業情報システム協会 代表理事 渡邊智之 氏
2 取組紹介
(1)にら出荷調整機の開発について
講師:国立大学法人宇都宮大学
ロボティクス・工農技術研究所 REAL所長 尾崎功一 氏
(2)栃木県における「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」の取り組み
講師:株式会社日本総合研究所 コンサルタント 今泉翔一朗 氏
(3)地下水位制御システム「FOEAS」について
講師:栃木県農政部農地整備課
3 現地研修会
地下水位制御システム「FOEAS」現場見学
4 交流会
スマート農業関連企業等による技術等の説明・展示・実演及び情報交換等
※出展企業を募集しています(申し込み〆切1月15日(水))。出展は無料。

◇参加申し込み
令和2(2020)年1月24日(金)までに、URLの開催チラシ裏面の申込用紙にてお申込みください。
URL:http://www.pref.tochigi.lg.jp/g01/houdou/documents/020204smartagrifairchirashi.pdf

 

◇問い合わせ先
栃木県 農政部 農政課 農政戦略推進室
〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20
TEL:028-623-2284 FAX:028-623-2340
E-mail: nousei@pref.tochigi.lg.jp

【10/15(火)開催】スマート農業とちぎ現地研修会を開催します!

県では、とちぎ農業“進化”躍動プランのリーディング・プロジェクトとして「スマート農業とちぎへの挑戦」を掲げ、生産技術の開発と普及を推進しています。
ICTやロボット技術などの先端技術の研究成果及び活用状況について、農業者をはじめ関係者に広く周知し、その理解を深めることで、先端技術の利用拡大を図り、本県農業の生産性向上の実現に資するため、下記のとおり現地研修会を開催します。

1.日時
令和元(2019)年10月15日(火)15:30~16:30

2.場所
栃木県農業試験場(宇都宮市瓦谷町1080)

3.内容
(1)施策紹介
スマート農業とちぎの推進について
栃木県農政部農政課農政戦略推進室

(2)なし生産における小型農業用ロボットを活用した省力・効率化の現地実証について
<ロボット技術説明・実演>
◇ 実証委託企業:アイ・イート株式会社 代表取締役 尾崎 功一 氏(宇都宮大学教授)
◇ 実証協力農家:山口果樹園 山口 幸夫 氏(栃木県農業士)

(3)その他

4.参集範囲
農業者、県青少年クラブ協議会、農業大学校生、農業団体、市町等関係機関

5.参加費
無料

6.申込
事前申込が必要です。(農業試験場果樹試験研究セミナーに申込の方は不要)
裏面申込用紙に必要事項記載の上、10/10(木)までに送付願います。

7.備考
令和元年度栃木県農業試験場果樹試験研究セミナー(13:30開始)と同時開催します。

<お問い合わせ先>
・栃木県農政部農政課農政戦略推進室
・TEL 028-623-2284

 

【6/28(金)開催】栃木県次世代型施設園芸セミナーについて

「栃木県次世代型施設園芸モデル研究会」では、最新の技術を活用し、若者が魅力を感じる豊かな経営を実現する次世代型の施設園芸モデルを育成するため、意欲ある農業生産者、企業関係者、研究機関、農業団体、行政機関など幅広い関係者が集い、相互交流等を通じて、本県施設園芸の技術革新モデルの創出を目指すことを目的に活動を行っています。

この度、本研究会の活動の一環として、栃木県における施設園芸の更なる発展を目指して、環境制御技術の活用や植物生理について学ぶ「栃木県次世代型施設園芸セミナー」を下記のとおり開催しますのでお知らせします。

(1)日時 令和元(2019)年6月28日(金)14時00分~16時30分(受付13時30分~)

(2)場所 栃木県庁北別館403会議室

(3)内容
・講演 「トマト、イチゴの生産に活かす生育モデルと環境制御」
・講師  国立研究開発法人 農研機構 野菜花き研究部門
野菜生産システム研究領域生産工学ユニット 岩崎泰永 氏

(4)参加費 無料

(5)申込み 別添申込用紙にて6月21日(金)までに申込みください。
※参加希望者は、栃木県次世代型施設園芸モデル研究会への入会をお願いします。
(入会方法は別添の「栃木県次世代型施設園芸モデル研究会規約」を参照ください)

(6)様式等
開催要領(PDF:61KB)
栃木県次世代型施設園芸セミナーを開催します(チラシ)(PDF:166KB)
申込用紙(PDF:49KB)
栃木県次世代型施設園芸モデル研究会規約(PDF:180KB)

(県HP)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/itigoyasai/30jisedai.html

<お問い合わせ先>
・栃木県農政部生産振興課(栃木県次世代型施設園芸モデル研究会事務局)
・TEL 028-623-2328

【募集】栃木県なし省力・効率化運搬等技術現地実証業務に係る公募型プロポーザルの実施について

なしの生産圃場において、小型農業用機械による運搬作業等の実証を行い、得られたデータを収集・分析することで導入効果を検証し、また、機械導入の目安となる指標を作成することで、本県農業者への円滑な先端技術導入支援を図ることを目的とした、「栃木県なし省力・効率化運搬等技術現地実証業務」を委託する事業者を選定するため、公募型プロポーザルを実施することとなりました。

詳細は、下記の県ホームページをご確認ください。

【県ホームページ】
栃木県なし省力・効率化運搬等技術現地実証業務委託公募型プロポーザルの募集についてhttp://www.pref.tochigi.lg.jp/g01/nasisyouryokukourituka.html

【お問い合わせ先】
栃木県農政部農政課農政戦略推進室
TEL:028-623-2284

 

 

 

平成30 (2018) 年度とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第2回) を開催しました!

土地利用型農業の担い手の収益力の向上を図るため、平成31(2019)年2月21日(木)にマロニエプラザにて『とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第2回)』を開催しました。

農業者、企業、農業団体、行政機関のほか、本県農業の将来の担い手として期待される農業大学校生、農業高校生など多くの方に参加いただきました。
研修会では、『スマート農業で“儲かる”農業へ ~IoTによる効率的な農作業~』をテーマに、農研機構や静岡県等と「水田水管理ICT活用コンソーシアム」を設立し、静岡県でICT水管理システムの実証実験を行っている株式会社インターネットイニシアティブの齋藤透氏に講演いただきました。
また、栃木県で行っている新技術実証フロンティア事業の成果報告を行いました。
参加された方からは、無線通信のセキュリティの確保や、今後のスマート農業の展望など、多くの質問が出され積極的な意見交換がなされました。
同会場では、2月21~22日の2日間に渡って、(公社) 農林水産・食品産業技術振興協会が主催する「スマート農業を目指す先端技術フェア in 栃木」が開催され、ICTやAI、ロボット技術を用いたスマート農業機械・機器等の展示会が行われ、県もブースを出展しました。
当日は多くの方に御来場いただき、県のスマート農業推進の取組を御覧いただきました。
御来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

<お問い合わせ先>
栃木県農政部生産振興課
TEL:028-623-2279

スマートとちぎ推進フェアを開催しました!

ICTやロボット技術など先端技術を活用した「スマート農業」の啓発・普及を図るため、農業者や農業を志す若者などを対象に、県内外の取組状況に係る情報共有や関係者の相互交流、最新技術の情報提供などを目的とした「スマート農業とちぎ推進フェア」を1月11日に県農業大学校にて開催しました。
農業者、学生、企業、農業団体、行政機関など多くの方に参加いただきました。


◇第一部は講演会です。
まず、「スマート農業とちぎの取組状況」について、県から情報提供いたしました。

基調講演では、内閣府「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の次世代農林水産業技術担当」のプログラムディレクターを務められている北海道大学大学院 副研究院長・教授の野口伸氏に「スマート農業に係る技術開発の現状と今後の展望」をテーマとして、SIPにおける先端技術を活用したロボット農機開発等の現状と今後のスマート農業の展開などについて御講演いただきました。

取組事例紹介では、株式会社ジーワン代表取締役の吉岡祐弥氏と全国農業協同組合連合会営農・技術センター(ゆめファーム全農)の石井正幸氏に、園芸作物におけるスマート農業技術の活用による生産性向上の取組等について御講演いただきました。

◇第二部は交流会です。
スマート農業関連企業の皆様に出展いただき、参加者とスマート農業関連技術や機器について、活発な意見交換等が行われました。

出展企業及び県試験研究機関は次のとおりです。(当日名簿順、敬称略)
・アイ・イート株式会社
・株式会社関東甲信クボタ
・クボタアグリサービス
・株式会社栗原弁天堂
・積水化学工業株式会社
・株式会社チノー
・東京計器株式会社
・株式会社ドコモCS
・株式会社日本総合研究所
・東日本電電話株式会社
・富士通株式会社
・株式会社ぶらんこ
・ヤンマーアグリジャパン株式会社
・ラピスコンダクタ株式会社
・株式会社ルートレック・ネットワークス
—————————————————————-
・栃木県農業試験場
・栃木県農業試験場いちご研究所
・栃木県畜産酪農研究センター

今後も、本県農業の生産性向上を目的として引き続き、スマート農業に関する研修会などによる情報発信と関係者の交流の場づくりに積極的に取り組んで参ります。

〈お問い合わせ先〉
栃木県農政部農政課農政戦略推進室
℡:028-623-2284

栃木県次世代型施設園芸セミナーを開催しました!

本県の施設園芸のさらなる発展を目指して、『栃木県次世代型施設園芸セミナー』を平成30年2月16日(金)、栃木県産業技術センターにて開催しました。
農業者、農業大学校生、企業、農業団体、行政機関など多くの方に参加いただきました。

セミナーでは、農林水産省園芸作物課の川本憲一氏から「施設園芸の取組状況と今後の推進」というテーマで、国内での施設園芸の位置づけや次世代施設園芸導入加速化拠点の状況、各都道府県の取組事例などについてご講演いただきました。

また、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構の岩崎泰永氏からは「トマト、イチゴ施設栽培における環境制御に対する期待」というテーマで、環境制御のポイントや最新の研究成果などについてご講演いただきました。

参加された方からは、他県での地域エネルギー活用状況や、各種環境制御を導入する上での注意点など、多くの質問が出され積極的な意見交換がなされました。