令和元 (2019) 年度とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回) を開催しました!

本県の土地利用型農業の担い手の収益力の向上に向けて、『とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回)』を令和元(2019)年7月22日(月)、鹿沼市下南摩町地内で開催しました。
当日は、農業者、土地改良区のほか、農業大学校生、企業、農業団体、行政機関など多くの方に参加いただきました。
研修会では、『水管理システムの導入による省力化』をテーマに、有限会社農業生産法人かぬまの皆様から、実証事業についての説明のほか、水管理システムのメーカーから、機能や特徴について実演を交えて説明いただきました。
参加された方からは、集落単位での水利用における水管理システムの導入効果など、多くの質問が出され積極的な意見交換がなされました。

<お問い合わせ先>
・栃木県農政部生産振興課
・TEL 028-623-2279

【7/22(月)開催】令和元(2019)年度 とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回) 開催します!

「最先端の技術開発の状況」や「県内での新技術を導入する取組」を紹介することにより、農業者が規模拡大を進め水田のフル活用を実現する一助となることを目的に「とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回)」を開催します。
今回の研修会では、栃木県が実施している新技術実証フロンティア事業で、省力化や品質に与える影響などを実証中の水管理システムを紹介します。

○日時:2019年7月22日(月) 10時30分~12時00分

○場所:鹿沼市下南摩町地内
※駐車場:出会いの森総合公園(鹿沼市酒野谷1335-3)
研修会場は駐車できません!駐車場から無料バスで会場まで移動します。バス移動開始9時30分からで、移動時間は5分程度です。

○内容
1 「水管理システムの導入について」((有)農業生産法人かぬま)
2 「WATARASの紹介」(株式会社関東甲信クボタ)
3 「padich gate02+の紹介」(株式会社笑農和)
4 「水田farmoの紹介」(株式会社ぶらんこ)
5 「農地の集積・集約化、省力化に向けた基盤整備」(農地整備課)
(県HP)
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/20190722_new_technology_workshop.html

<お問い合わせ先>
・栃木県農政部生産振興課
・TEL 028-623-2279

 

【6/28(金)開催】栃木県次世代型施設園芸セミナーについて

「栃木県次世代型施設園芸モデル研究会」では、最新の技術を活用し、若者が魅力を感じる豊かな経営を実現する次世代型の施設園芸モデルを育成するため、意欲ある農業生産者、企業関係者、研究機関、農業団体、行政機関など幅広い関係者が集い、相互交流等を通じて、本県施設園芸の技術革新モデルの創出を目指すことを目的に活動を行っています。

この度、本研究会の活動の一環として、栃木県における施設園芸の更なる発展を目指して、環境制御技術の活用や植物生理について学ぶ「栃木県次世代型施設園芸セミナー」を下記のとおり開催しますのでお知らせします。

(1)日時 令和元(2019)年6月28日(金)14時00分~16時30分(受付13時30分~)

(2)場所 栃木県庁北別館403会議室

(3)内容
・講演 「トマト、イチゴの生産に活かす生育モデルと環境制御」
・講師  国立研究開発法人 農研機構 野菜花き研究部門
野菜生産システム研究領域生産工学ユニット 岩崎泰永 氏

(4)参加費 無料

(5)申込み 別添申込用紙にて6月21日(金)までに申込みください。
※参加希望者は、栃木県次世代型施設園芸モデル研究会への入会をお願いします。
(入会方法は別添の「栃木県次世代型施設園芸モデル研究会規約」を参照ください)

(6)様式等
開催要領(PDF:61KB)
栃木県次世代型施設園芸セミナーを開催します(チラシ)(PDF:166KB)
申込用紙(PDF:49KB)
栃木県次世代型施設園芸モデル研究会規約(PDF:180KB)

(県HP)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/itigoyasai/30jisedai.html

<お問い合わせ先>
・栃木県農政部生産振興課(栃木県次世代型施設園芸モデル研究会事務局)
・TEL 028-623-2328

スマートとちぎ推進フェアを開催しました!

ICTやロボット技術など先端技術を活用した「スマート農業」の啓発・普及を図るため、農業者や農業を志す若者などを対象に、県内外の取組状況に係る情報共有や関係者の相互交流、最新技術の情報提供などを目的とした「スマート農業とちぎ推進フェア」を1月11日に県農業大学校にて開催しました。
農業者、学生、企業、農業団体、行政機関など多くの方に参加いただきました。


◇第一部は講演会です。
まず、「スマート農業とちぎの取組状況」について、県から情報提供いたしました。

基調講演では、内閣府「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の次世代農林水産業技術担当」のプログラムディレクターを務められている北海道大学大学院 副研究院長・教授の野口伸氏に「スマート農業に係る技術開発の現状と今後の展望」をテーマとして、SIPにおける先端技術を活用したロボット農機開発等の現状と今後のスマート農業の展開などについて御講演いただきました。

取組事例紹介では、株式会社ジーワン代表取締役の吉岡祐弥氏と全国農業協同組合連合会営農・技術センター(ゆめファーム全農)の石井正幸氏に、園芸作物におけるスマート農業技術の活用による生産性向上の取組等について御講演いただきました。

◇第二部は交流会です。
スマート農業関連企業の皆様に出展いただき、参加者とスマート農業関連技術や機器について、活発な意見交換等が行われました。

出展企業及び県試験研究機関は次のとおりです。(当日名簿順、敬称略)
・アイ・イート株式会社
・株式会社関東甲信クボタ
・クボタアグリサービス
・株式会社栗原弁天堂
・積水化学工業株式会社
・株式会社チノー
・東京計器株式会社
・株式会社ドコモCS
・株式会社日本総合研究所
・東日本電電話株式会社
・富士通株式会社
・株式会社ぶらんこ
・ヤンマーアグリジャパン株式会社
・ラピスコンダクタ株式会社
・株式会社ルートレック・ネットワークス
—————————————————————-
・栃木県農業試験場
・栃木県農業試験場いちご研究所
・栃木県畜産酪農研究センター

今後も、本県農業の生産性向上を目的として引き続き、スマート農業に関する研修会などによる情報発信と関係者の交流の場づくりに積極的に取り組んで参ります。

〈お問い合わせ先〉
栃木県農政部農政課農政戦略推進室
℡:028-623-2284

平成30(2018)年度 とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第2回)開催します!

「最先端の技術開発の状況」や「県内での新技術を導入する取組」を紹介することにより、
農業者が規模拡大を進め水田のフル活用を実現する一助となることを目的に「とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第2回)」を開催します!

研修会では、農研機構や静岡県等と「水田水管理ICT活用コンソーシアム」を設立し、静岡県でICT水管理システムの実証実験を行っている株式会社インターネットイニシアティブの齋藤透氏に講演いただくとともに、今年度の新技術実証フロンティア事業の成果紹介を行います。

1  通信事業者が取り組むスマート農業とその可能性について (株式会社インターネットイニシアティブ 齋藤 透氏)

2  ドローンを用いたカメムシ類の省力化・効率的防除の実証事例

3  精密画像診断による水稲の病害・難防除性雑草の診断及び半自律走行マルチコプターによる効率的防除方法の実証事例

4  「リモートセンシング」と「無人ヘリ可変追肥システム」を利用した水稲の収量向上の実証事例
たくさんのご参加をお待ちしております。ぜひ申込みください!

詳しくはこちらからご覧ください。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/20190221_new_technology_workshop.html

<お問い合わせ先>
栃木県農政部生産振興課
TEL:028-623-2279

平成29年度 とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第2回)開催します!

「最先端の技術開発の状況」や「県内での新技術を導入する取組」を紹介することにより、農業者が規模拡大を進め水田のフル活用を実現する一助となることを目的に「とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第2回)」を開催します。
今回の研修会では、第1回研修会で農業者の関心の高かった圃場水管理システムについて、NARO Research Prize2017を受賞した農研機構の若杉上級研究員に講演いただくとともに、今年度の新技術実証フロンティア事業の成果紹介を行います。

1  「田んぼの水管理をICTで遠隔・自動制御~スマホでらくらく・かしこく水管理~」
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 若杉晃介氏

2  高密度播種苗と流し込み施肥の実証事例

3  近赤外線カメラでのリモートセンシングを活用した産業用マルチコプターによる追肥技術の実証事例

4  無人ヘリを用いた鉄黒コーティング種子湛水直播の実証事例
あなたの田んぼに水管理システムも夢じゃない?!
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/20180309_new_technology_workshop.html

<お問い合わせ先>
栃木県農政部生産振興課
TEL:028-623-2279

ICTを活用した効率的なイノシシ捕獲システム説明会を開催しました!

 平成29年12月21日(木)に、大田原市黒羽においてICTを活用した効率的なイノシシ捕獲システム説明会を開催しました。県内の猟友会員、鳥獣被害対策実施隊員、市町担当者等74名の参加がありました。
 説明会では実証事業のねらいや使用しているシステムの概要、見回り等の省力化に期待できる効果の説明などを行い、また、実証現地では、実際に使用されているセンサーカメラ等を見ながら設置方法やセンサーからパソコン、メール等への通信の流れを説明しました。
 参加者からは「どれくらい離れたところまでセンサーは感知できるのか」、「導入費用はいくらかかるのか」などの質問が寄せられました。
 今後も実証を進め、効率的な捕獲体制の構築を行っていく予定です。

            現地説明会                       センサーカメラ

 


センサーカメラで撮影された現場画像
(▲:捕獲されたイノシシ)

スマート農業とちぎ推進フォーラムを開催しました!!

栃木県では、ICTやロボット技術などの先進技術を活用した「スマート農業」の啓発・普及を図るため、県内外の取組状況に係る情報共有や関係者の相互交流などを目的に、『スマート農業とちぎ推進フォーラム』を平成29年12月20日、栃木県産業技術センターにて開催しました。
農業者、農業大学校生、農業高校生、企業、農業団体、行政機関など多くの方に参加いただきました。

フォーラム様子

 

 

 

 

 

 

◇第一部は講演会です。
基調講演では、株式会社日本総合研究所創発戦略センターシニアスペシャリストの三輪泰史様から「スマート農業技術による魅力ある農業の将来像」について御講演いただきました。
日本の農業の直面する課題解決のためには、ICTやロボット技術を活用した「スマート農業」の推進が有効であると指摘され、具体的事例や「IoT×農業」が実現する次世代農業の姿について解説いただきました。

事例紹介では、株式会社ドコモCS栃木支店法人営業部長の浜谷宗明様からは、「農業現場におけるIoTの活用事例と今後の技術開発」について情報提供いただきました。
NTTdocomoの農業ICTについての取組全般と栃木県内での実証・導入事例等について御紹介いただきました。

加えて、「栃木県におけるスマート農業の取組状況」について、県から情報提供いたしました。

フォーラム県の取組状況

 

 

 

 

 

 

◇第二部は交流会です。
スマート農業関係企業の皆様に出展いただき、農業者を始めとした参加者とスマート農業関係技術や機器について、活発な意見交換等が行われました。
出展企業様及び県試験研究機関は次のとおりです。(当日名簿順)
・株式会社ヰセキ北関東 様
・五百部商事有限会社 様
・株式会社関東甲信クボタ 様
・積水化学工業株式会社 様
・株式会社ドコモCS 様
・パナソニックシステムソリューション株式会社 様
・株式会社ビジョンテック 様
・富士通株式会社 様
・株式会社ぶらんこ 様
・ボッシュ株式会社 様
・ヤンマーアグリジャパン株式会社 様
・株式会社ルートレック・ネットワークス 様
—————————————————————-
・栃木県農業試験場
・栃木県農業試験場いちご研究所
・栃木県畜産酪農研究センター

今後も引き続き、本県農業の生産性向上を目的として、スマート農業技術に関する研修会の開催などによる情報発信と関係者の交流の場づくりに取り組んで参ります。

積雪への事前対策を徹底しましょう!

今後、積雪に特に注意が必要な気象条件となります。過去に発生した大雪による甚大な被害を二度と繰り返さないため、ハウスの補強や補修等の事前対策の徹底をお願いします。

1 ハウスの点検・補修
(1) ハウス各部を点検し、補修等を行う。
(2) ブレースや筋交い等の緩みを点検し、必要に応じて増締めする。
(3) 補強用の支柱やワイヤー、予備のフィルムやマイカー線等を準備しておく。
(4) 連棟ハウスではスプリングの2重留やフィルムの捨て張りなど、連棟ハウスの谷からの浸水防止対策を実施する。

2 ハウスの補強
(1) 中柱、つっかえ棒、ワイヤー、方杖、根がらみ等で補強する。

3 融雪準備
(1) 暖房機の給油残量と正常作動を確認する。
(2) 停電に備えて発電機を準備し、動作確認を行う。
(3) ハウス周囲に排水路を掘るなど融雪水の排水対策を行う。

4 積雪防止
(1) 暖房機を稼働し、被覆材表面への積雪を防ぐ。
(2) 谷樋(特に雨樋の落とし口部)や排水路のゴミや残雪を除去する。
(3) 被覆材表面にある雪の滑落を妨げる突出物を除去する。
(4) 雪の滑落を妨げるネット等をはずす。
(5) 外張りフィルムのたるみをなくし、破損箇所を修繕する。
(6) 作物を栽培していないハウスの被覆資材を除去する。

(参考)
○ 農業用ハウスの雪害対策チラシ
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g04/documents/141217nougyouyouhausunosetugaitaisaku_1.pdf

○ 災害に強い施設園芸産地づくり「防災プログラム」
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/documents/bousaipro.pdf

○ 府県気象情報:栃木県(気象庁ホームページ)
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/316_02_615_20171208071120.html

(お知らせ)
○ 栃木県農業防災メールの登録はこちら
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g04/kisyousaigai/26nougyoubousaimail.html

お問い合わせ先
栃木県農政部経営技術課普及情報担当まで
TEL:028-623-2313
Mail:agriinfo@pref.tochigi.lg.jp

 

【12/21(木)開催】ICTを活用した効率的なイノシシ捕獲システム説明会

県では、野生鳥獣の生息域の拡大等に伴う、農作物被害の深刻化、捕獲従事者の減少
や高齢化等に対応するため、ICT(情報通信技術)を活用した効率的なイノシシ捕獲シス
テムの実証事業を進めています。
このたび下記のとおり、実証事業の概要や、これまでの運用の効果についての現地説
明会を開催します。

1 日 時:平成29 年12 月21 日(木曜日) 午後1 時30 分から
   受付 午後1 時~午後1 時30 分 (受付は大田原市黒羽支所で行います)
2 場所:大田原市役所黒羽支所(大田原市黒羽田町848)及び大田原市雲岩寺地区内
3 主催:栃木県
4 内容
(1)第1 部:ICT 実証事業について(大田原市役所黒羽支所)
 ○ ICT 実証事業概要
 ○ ICT 実証事業で使用しているシステム
 ○ 運用、効果について
 ○ 質疑応答
(2)第2 部:現地展示会 (大田原市黒羽雲岩寺地区内)

図1 ICTイメージ図

図2 センサーカメラにより撮影されたイノシシ