いちごのアザミウマ類を賢く抑える!

  写真2
 【写真1 アザミウマ類の加害によるいちご果実表面の褐変】

 栽培中のいちごをじっくり観察してみましょう。写真1のように、表面が茶色くカサカサになった果実はありませんか?このような果実を見つけたら、アザミウマ類”の発生を疑ってください!

 次に、ハウス内の花を観察してみましょう。花の上に写真2のような1ミリほどの小さく細長い虫がいれば、それが犯人のアザミウマ類です。10%以上の花でアザミウマ類が見つかるようなら防除が必要となります。

写真1
 【写真2 いちご花上のヒラズハナアザミウマ成虫】

 今回のブログは、いちごの大害虫アザミウマ類の生態、最近話題の秋被害、防除のポイントの3本だてでお送りしたいと思います。

1.敵を知り、己を知れば何とやら・・・アザミウマ類の生態を知ろう!
 いちご栽培では、毎年晩秋と春先にアザミウマ類の果実食害による被害の発生がみられています。上手な防除のために、まずはアザミウマ類の生態を知ることが大切です。
 いちご果実を加害するアザミウマ類は、もともと野外に咲く花に集まり、主に花粉を餌とする昆虫です。特に5~10月ごろに活発に動き回りますが、秋になって野外の花が少なくなると、餌を求めてハウス内に侵入し、いちごの花に集まります。花に産卵された卵からふ化した幼虫は、肥大前の若い果実を加害します。このため、成熟果で被害に気づくころには、手遅れとなっていることが多いのです。

2. 秋の被害が増えています!
 
ここ数年、アザミウマ類による被害が目立ってきたと言われています。被害が増えた一因として、早期夜冷の普及などによって作型が前進したこと考えられます。開花時期とアザミウマ類の寄生花率(アザミウマ類に寄生された花の割合)を調査したところ、10月上旬から開花した早い施設では、11月上旬から開花した施設よりアザミウマ類の発生が多く、さらに翌春の発生も早い傾向がみられました(図1)。

図1

 【図1 開花時期の異なるいちごハウスにおけるアザミウマ類寄生花率の推移】

 前述したように、10月はまだアザミウマ類の活動期であるため、ハウス内への飛び込みが多かったと考えられます。一方で11月になると野外の気温が下がって活動が鈍くなり、飛び込みが減少したと考えられます。このことから、特に開花の早いハウスではアザミウマ類の発生に注意が必要となります。

 

3.アザミウマの防除、いつやるの?
 前段で、果実被害は幼虫が原因とお話しましたが、これを未然に防止するためには、親である成虫の発生に注意して、防除しなければなりません。では、どのように防除のタイミングを決めれば良いのでしょうか?

 一般に、いちごアザミウマ類に関して、『これ以上病害虫が増えたら防除しないと損しますよ!』という水準は『いちごの被害果率が10%』のときとされます。

 では、いちごのアザミウマ類がどの程度発生したら、防除が必要なのでしょうか?これを明らかにするため、県内のいちごハウスで、被害果率と、アザミウマ類の寄生花率を調査し、その関係を解析しました(図2)。

  図2

【図2 いちご未成熟果の被害果率とアザミウマ類寄生花率との関係】

  その結果、未成熟果の被害果率が10%を超えるのは、寄生花率が14%以上のときであることが明らかになりました。このことから、寄生花率が約10%となったら防除が必要と判断できます。

★以上を踏まえて、防除時期の決定は次のように行うと効率的です★
【ステップ1】
 ハウス内のいちごの花を100花観察し、アザミウマ類が見つかった花の数を数えましょう。
【ステップ2】
 100花のうち、アザミウマ類が10花以上で見つかるようなら防除が必要です。
【ステップ3】
 防除に使用する薬剤は、ハダニ類の天敵であるカブリダニ剤を使用しているかどうかで注意深く選ばなければなりません。
 カブリダニ剤を使用しない場合には、スピノエース顆粒水和剤、ディアナSC(薬剤の系統は、どちらも同じスピノシン系です)などが有効です。
 カブリダニ類を使用している場合には、IGR剤のマッチ乳剤や、カウンター乳剤の使用をおすすめします。ただし、IGR剤は殺幼虫剤であるため、アザミウマ類の成虫は殺せません。発生が多いときには5~7日程度の間隔で何度か散布し、成虫が減るまで根気よく防除しましょう。

 いちごではヒラズハナアザミウマ、ハナアザミウマ、ミカンキイロアザミウマなど複数のアザミウマ類が発生しますが、種類によっては薬剤の効果が低い場合もあります。薬剤感受性の試験結果はこちらから見られます(栃木県農業環境指導センターHP:http://www.jppn.ne.jp/tochigi/boujo/yakuzai.html)。なお、農薬を使用する際には、農薬登録情報についてもよく確認しましょう!

いちごパッケージの変遷と消費者の評価

 いちごがおいしい季節になりました。スーパーや直売所にもたくさんの県産いちごが並んでいます。
 
 ところで、このいちごのパッケージ、いつ頃から今の形になったのか?、皆さんご存じでしょうか。そこで今回は、いちごのパッケージがどのように変わってきたのかについてご紹介し、さらに消費者調査の結果から今後の方向について考えてみたいと思います。

 

いちごパッケージの変遷

 

 

昭和20年代から30年代前半
 いちごは木箱で出荷していました。(果実はイメージです)
 当時は、各農家が材木屋などから材料を調達し、自ら釘打ちをして箱を作っていたそうです。相当な手間ですね。

 

 

昭和30年代中頃から30年代後半→
 木箱から段ボールになりました。(果実はイメージです)
 500gの小箱が3つあるいは4つ入った形だったようです。

 

 

←昭和30年代後半以降
 段ボールから塩ビパックの導入が進みました。
 塩ビパック導入に際しては、アメリカの流通事例などを参考にしたといわれています。

 

 

綾小路きみまろさんの「あれから40年!」ではありませんが、それ以上の期間、今のレギュラーパックの形がほぼ続いています。

 

いちごパッケージリサーチ

 

 

 そこで、いちご研究所では、現在のレギュラーパックを含め、いろいろな容器がどのように消費者に評価されているのか、グループインタビューによるリサーチを行いました。

 

 (参考)グループインタビューは、司会者が出すテーマに対して、参加者が自由に話をしてもらう形式で行う調査です。
 アンケート調査と比べて、参加者の意見交換からより広く、多くの情報が得られるメリットがあります。

 

【いちごパックの評価】

 グループインタビュー調査では、県内に住む20代の女性5名、30代の女性6名、50・60代の女性5名の3つのグループの方にご協力いただき、それぞれ別の日に調査しました。

 評価の対象としたパッケージは、レギュラーパック(A)、平詰めパック(B)、フタ付きパック(C~E)、スタンドパック(F)、個別包装容器(G)の7種類です。

 

  • レギュラーパック(A)の評価
     レギュラーパックに対する評価は表のとおりでした。

  各年代の消費者とも、レギュラーパックに対して定番の安心感がある一方で、パックの持ち運びや扱い方に難点を感じていることが確認できました。

 ここでは、その他のパックに関する評価結果は割愛させて頂きますが、それぞれ要点をお伝えしますと、次のような特徴がありました。

  • 平詰めパック(B)・・・高級感を感じているが、割高な印象を受けている。
  • フタつきの容器(C~E)・・・持ち運びや扱い方の容易さで評価が高い。量と価格のバランスで評価が分かれた。
  • スタンドパック(F)・・ボリューム感とお買い得感が評価。家庭用として一定の需要はある。
  • 個別包装容器(G)・・・自分で買うイメージはない。販売対象はごく限られる。

 

【いちごパックの今後の方向】

 今回のリサーチ結果から、今後のいちご容器の方向性について考えてみました。

 現在のレギュラーパックは持ち運びや取り扱いの点で難点を感じているものの、量と価格の面で他の容器と比べて満足度が高いようです。

 レギュラーパックの容器代は、パック4円、フィルム4円の合計8円程度ですが、フタ付きの容器代は20円以上になり、消費者にとって割高なイメージとなっています。

 今後のパッケージを検討する際は、持ち運びの容易さとともに、パックコストの削減や収穫パック詰めの工程見直しなどによる、量と価格のバランスがとれた方法を考えていく必要があると思われます(ポジショニングマップ点線内部がその条件に相当します

   

 

   これからの展開としては、業界内外の知恵やアイディアを得ながら、容器のプロトタイプを作り、グループインタビューなどの方法により消費者のストライクゾーンを絞っていくことが重要と考えられます。

   果物のマーケットは全般的に縮小傾向にありますが、「変化する消費者心理を掴みながら、より良いものを常に追求・提案していくことが、業界の活性化や発展につながっていく」と考えます。

 

【問い合わせ先】
農業試験場いちご研究所 TEL:0282-27-2715  FAX:0282-27-8462
いちご研究所HP : http://www.pref.tochigi.lg.jp/g61/ichigo-kenkyusyo.html
メールアドレス    : 
nogyo-s-ichigo@pref.tochigi.lg.jp

いちご新品種「スカイベリー」について

 いちご新品種「スカイベリー」の商標登録後初の出荷が12月6日に始まり、東京や県内のデパート、高級果実専門店などで試験販売が開始されましたが、皆様はご存知ですか?

 本県は収穫量44年連続1位の「いちご王国」。この座を不動のものとし、いちご生産者の所得向上を図るため、開発されたのが「スカイベリー」です。

【スカイベリーの特徴】
 この「スカイベリー」は10万株を超える株の中から選ばれた、果実が極めて大きく、収量性が高く、食味が良く、病気に強いなどの優れた特性を持った新品種です。

 ◆ 25g(3L)以上の大果の発生割合が67%を占める(とちおとめは18%)。
 ◆ 収量は「とちおとめ」よりも3割程度多い。 
 
 
 ◆ 糖度は「とちおとめ」に比べやや低いが、酸度とのバランスが良いため、食味は良い。 
 
 

 ◆ 炭そ病及び萎黄病に対する耐病性が「とちおとめ」より強い。 
 
 平成6年の「とちおとめ」の開発から数えると17年ぶりの、待望の新品種です。

 その優れた特性から、新たな需要を開拓し、生産者の皆さんの経営安定に必ず寄与すると期待されています。

【今年度の生産状況】
 今年度は、県内各地で58名の生産者の皆さんによって、約2.5ヘクタール栽培されています。

今年度の生産状況スカイベリーの栽培状況

 なお、昨年度の栽培を踏まえ、品質向上を図るため、定植時期を9月20日前後、出荷開始を12月上旬に統一した作型で栽培に取り組んでいますが、現在の生育は病害虫による大きな被害もなく、概ね順調に生育が進んでいます。 

【栽培上の課題】
 一部で果実の着色に関する課題があることから、さらなる安定した栽培技術の確立に向けて、現地検討会の開催や「いちご研究所」における試験研究などに取り組んでいます。
 
現地検討会の様子

【県単事業(ハード事業)】
 県では「スカイベリー」が施肥量や温度管理などで「とちおとめ」と異なる面があることから、生育環境を整えることができる高機能ハウスの整備を今年度事業化して支援をしています(新品種「栃木i27号」実証栽培支援事業)。

【苗の増殖】
 来年度に向けては、さらに面積を拡大するため苗の増殖を行っていますが、各JAフリー基地における増殖は概ね順調です。

 平成26年冬の本格出荷に向けて、栽培に必要な苗の供給体制を今後も整備していく予定です。

【販売に向けての取組】
ソフトパック 販売に目を向けますと、現在、都内の百貨店や高級果実専門店を中心にテストマーケティングを行っていますが、市場関係者からは食味に関しては概ね良い評価をいただいています。

□主な販売店における評価 
 店舗A:大果で食味が優れる
 店舗B:形、食味ともに良い 
 店舗C:外観、食味ともに概ね良い 

 なお、現在も「とちおとめ」より2~3割程度高値で取引されています。大玉率が高いことから単価も良くなっています。  

  
 今後も、テストマーケティングを継続し、関係者や消費者からの評価をいただくとともに、「とちまるショップ」をはじめ、様々な機会をとらえてPRをするなど、「スカイベリーブランド」を確立していく予定です。

お披露目イベント

【今後に向けて】
 こうした取組を通して、「スカイベリー」が「いちご王国とちぎ」を支える新たなスターに育つよう、今後とも生産者の皆さんや農業団体と一体となって取り組んでいく考えですので、来年度栽培に取り組む意欲がある方は下記までにお問い合わせください。

 

【問い合わせ先】
  生産振興課いちご野菜担当
    TEL:028-623-2328、FAX:028-623-2335
    メールアドレス seisan-sinko@pref.tochigi.lg.jp

  または、最寄りの各農業振興事務所まで

いちご王国とちぎを担ういちご作り

  栃木県内のいちご生産者の平均単収は10aあたり4.5t程度ですが、中には7~8tの収量を上げる生産者もおり、全農栃木県本部及び、(一社)とちぎ農産物マーケティング協会が主催する「いちご王国グランプリ」で上位入賞をされています。

 

   収量性が高い生産者の事例を見ると、必ずしも特別な技術を導入しているというわけではなく、「土作り、育苗、病害虫の防除等」の基本管理を、日々徹底して取り組んでいるという方がほとんどです。

  一方で、近年は夏秋期の高温や、冬期の天候不順などの気象条件により、作柄が思わしくないケースもよく見られます。そのような状況においても、いちごグランプリの受賞者達は、基本管理を怠らず気象条件等が作柄へ与える影響を最小限に抑え、着実な収量性のアップを図っています。

  今回は、これから到来する本格的な低温期の管理を再確認して頂くとともに、いちごグランプリ受賞者達の管理の一部をご紹介します。生産者の皆さんも再度各項目について、自分の栽培管理が徹底されているかチェックして頂ければと思います。

 

(低温期の管理) 

  1.  温度管理

① 収穫期は日中のハウス内温度を25℃、夜間は8~10℃を保つことができるよう、常に換気量の調整に気を遣い、また暖房機の調整・整備を行います。
 
 ②天候によっては日中のハウス内の温度が急激に上昇することがあります。特に急激な温度、湿度の上昇は、チップバーンやがく焼けの発生、果実の傷み、みつばちの減少を招き、いずれも収量減に直結します。そのため十分にハウスの温度に注意を払い、喚起を調節します。
 
  ③換気は、内側のすそビニールを外側より高くするなど、冷たい外気が直接いちごにあたらないように工夫します。
 
 ④いちごは、地温が18~15℃の条件が生育適温であり、13℃が最低限界温度とされています。かん水により地温が下がることが無いよう、かん水は晴天の日の午前中に行うようにします。

 

2 草勢管理

 ①わき芽やランナー、古葉、収穫が終了した果房は早めにかき取るよう心掛け、株の負担を軽減し、病害虫が多発しにくい環境作りに努めます。また、かき取りにより空間にゆとりができ、光線がマルチに当たる量が増えるので、地温の確保に繋がります。

 ②冬場の日照量を出来るだけ確保するため、ハウスサイドや内張り、肩の巻き上げ量を増やすなど、出来るだけ日に当てる工夫をします。

 

 
3 病害の防除

①冬場は低温と多湿条件により、灰色かび病、うどんこ病等の発生・増加が懸念されます。そのため先に記述した温度管理やかん水方法に十分に注意して、低温・多湿条件にしなよう努めます。また、日照不足や雨・雪が続く場合は、病害発生前から適用薬剤の予防散布を行い、発生を未然に防ぐようにします。

②薬剤散布によりハウス内の湿度が上昇し、かえって病害の発生を誘発することがあります。そのため一部の生産者ではボトキラー水和剤のダクト内投入、くん煙剤による防除など、散布以外の防除方積極的に取り入れています。

 
 
 
 
 
 
   これらの手法を取り入れることで、IPMにつながる防除体系となり、結果的に化学農薬散布の使用を減らすことも可能です。

 

【問合せ先】
経営技術課技術指導班 電話028-623-2322 メール
agriinfo@pref.tochigi.lg.jp