りんどう新品種「るりおとめ」について

 昨年6月に、りんどう新品種「るりおとめ」の出荷が始まりましたが、皆様は御存知ですか?

 本県のりんどう栽培は、パイプハウスを利用した無加温半促成栽培による5月下旬からの早出し出荷が主力であり、全国一の早出し産地となっています。しかし、県内産地の極早生系統は、バラツキが大きく、生産性が低いことが大きな問題となっていました。採花期の様子

 そこで、県農業試験場では、半促成栽培に適した極早生系で、揃いの良いF1品種の育成に取り組み、平成21年に「リンドウ栃木1号」を開発しました。
 昨年の6月から「るりおとめ」(平成23年9月9日商標登録)として、本格出荷が行われており、市場からは花色が非常に良いなど高い評価を得ています。

【るりおとめの特徴】
 「るりおとめ」は、県内で栽培されている系統から選抜して組合せ検定を行い、その中から生まれた、品質や開花揃いが良い収益性の高いF1品種で、次のような特徴があります。

 ・極早生で、無加温半促成栽培では6月上旬から出荷可能。
 ・開花開始から頂花開花までの期間は5日以内と短く、揃いが良い。
 ・着花段数は平均7段と多く、市場出荷の最高規格である「90cm、6段以上」の割合が高い。
 ・茎が4mm以上と太く、草姿が良い。花色は、濃紫色で斑点が少ない。
 ・2年目以降の萌芽数は10本以上と多い。

るりおとめの特性

出荷体系

 こうした優れた特性が、りんどうの上位等級の出荷量を向上させ、生産者の皆さんの経営安定に役立つことが期待されています。

鮮やかな濃紫色の花色

 るりおとめ

【導入のメリット】
 「るりおとめ」は極早生系統ですので、半促成栽培では6月上旬から出荷が可能であり、
産のピークとなる8月以降に比べ、競合産地も少ないことから高値で取引されます。
 また、開花開始から頂花開花までの期間が5日以内と短く、揃いが良いので、効率的に出荷することができ、出荷調整しやすい利点があります。
 さらに、平均着花段数が多く、上位等級の割合が高まることに加え、2年目以降の萌芽数が多いことから、生産性の向上が期待されます。

【栽培のポイント】
 「るりおとめ」の肥培管理は、基本的に一般のりんどうと変わりませんので、特別な技術は必要とせずに栽培できます。
 ただし、潅水については、以前はりんどう栽培では、節間を伸ばし過ぎないように潅水量をある程度制限する管理が主流でしたが、これまでの概念にとらわれず、たっぷりと潅水してください。水田のように圃場全体に水を張っても問題ありません。
 また、一斉に開花するため、収穫時の労働力確保や収穫時期の分散が必要となります。

 【平成24年度の生産状況】
 平成24年度は、那須、塩谷地区で61a栽培されました。栽培風景

 面積

【半促成栽培について】
 1月上旬からパイプハウスの2重被覆で保温(無加温)することで、6月上旬に収穫が可能となります。早出しすることで、他産地(岩手県、長野県等)との競合を避けることができます。

〔半促成栽培での主な作業〕半促成ハウス
● パイプハウス設置(12月上旬までに)
● 残茎(枯れた茎・葉)の処理(12月中旬までに)
● マルチカット(12月中旬までに)
● 施肥(12月中旬までに)
● ビニール被覆(12月末までに) 

 

【今後に向けて】
 
今後は、「るりおとめ」の普及により、既存産地の活性化はもとより、県内全域を対象に新たなりんどう産地の育成に取り組み、栃木県の早出し産地としての確固たる地位を確立していきたいと考えています。

※るりおとめを栽培するにはとちぎ農産物マーケティング協会りんどう研究会への加入が必要になります。

連絡先
生産振興課 果樹花き担当 電話:028-623-2329