【10/15(火)開催】スマート農業とちぎ現地研修会を開催します!

県では、とちぎ農業“進化”躍動プランのリーディング・プロジェクトとして「スマート農業とちぎへの挑戦」を掲げ、生産技術の開発と普及を推進しています。
ICTやロボット技術などの先端技術の研究成果及び活用状況について、農業者をはじめ関係者に広く周知し、その理解を深めることで、先端技術の利用拡大を図り、本県農業の生産性向上の実現に資するため、下記のとおり現地研修会を開催します。

1.日時
令和元(2019)年10月15日(火)15:30~16:30

2.場所
栃木県農業試験場(宇都宮市瓦谷町1080)

3.内容
(1)施策紹介
スマート農業とちぎの推進について
栃木県農政部農政課農政戦略推進室

(2)なし生産における小型農業用ロボットを活用した省力・効率化の現地実証について
<ロボット技術説明・実演>
◇ 実証委託企業:アイ・イート株式会社 代表取締役 尾崎 功一 氏(宇都宮大学教授)
◇ 実証協力農家:山口果樹園 山口 幸夫 氏(栃木県農業士)

(3)その他

4.参集範囲
農業者、県青少年クラブ協議会、農業大学校生、農業団体、市町等関係機関

5.参加費
無料

6.申込
事前申込が必要です。(農業試験場果樹試験研究セミナーに申込の方は不要)
裏面申込用紙に必要事項記載の上、10/10(木)までに送付願います。

7.備考
令和元年度栃木県農業試験場果樹試験研究セミナー(13:30開始)と同時開催します。

<お問い合わせ先>
・栃木県農政部農政課農政戦略推進室
・TEL 028-623-2284

 

【7/22(月)開催】令和元(2019)年度 とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回) 開催します!

「最先端の技術開発の状況」や「県内での新技術を導入する取組」を紹介することにより、農業者が規模拡大を進め水田のフル活用を実現する一助となることを目的に「とちぎスマート土地利用型農業研修会 (第1回)」を開催します。
今回の研修会では、栃木県が実施している新技術実証フロンティア事業で、省力化や品質に与える影響などを実証中の水管理システムを紹介します。

○日時:2019年7月22日(月) 10時30分~12時00分

○場所:鹿沼市下南摩町地内
※駐車場:出会いの森総合公園(鹿沼市酒野谷1335-3)
研修会場は駐車できません!駐車場から無料バスで会場まで移動します。バス移動開始9時30分からで、移動時間は5分程度です。

○内容
1 「水管理システムの導入について」((有)農業生産法人かぬま)
2 「WATARASの紹介」(株式会社関東甲信クボタ)
3 「padich gate02+の紹介」(株式会社笑農和)
4 「水田farmoの紹介」(株式会社ぶらんこ)
5 「農地の集積・集約化、省力化に向けた基盤整備」(農地整備課)
(県HP)
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/20190722_new_technology_workshop.html

<お問い合わせ先>
・栃木県農政部生産振興課
・TEL 028-623-2279

 

スマート農業とちぎ現地検討会を開催しました

栃木県では、先端技術を活用した試験研究成果について広く農業者、関係団体等に周知し、様々な関係者との交流等を目的とする現地検討会を開催しました。

今回の会場は、栃木県大塚町のいちごモデル施設(TIPファーム)です。
いちごモデル施設(TIPファーム)は平成27年に国の「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」を活用して国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)により建設された施設です。1,080m2の3連棟高軒高ハウスには、高設栽培システム、複合環境制御装置、クラウン部温度制御装置、CO2供給装置、ドライミスト、LED電照等が装備されています。

P1180385

 

栃木県経営技術課の櫻井忠農業革新支援専門員に「いちごの生育状況と今後の栽培管理について」というテーマで、本県産いちごの推移や栽培様式の特徴などについて、わかりやすく説明いただきました。

P1180362

 

 

栃木県農業試験場いちご研究所の大橋隆特別研究員に、「半閉鎖型管理での先進技術と研究内容の紹介」というテーマで、日中での炭酸ガス施用やヒートポンプの利活用の重要性や液化天然ガスは灯油燃焼より収量が向上するがコスト面が課題であることなどについて、丁寧に説明いただきました。

P1180366

 

栃木県農業士でいちごモデル施設内のスカイベリーの管理をされている谷中克巳氏に、「半閉鎖型管理での先進技術を活用したいちご栽培について」というテーマで、摘果試験の手応えや紫外線の照射(UV-B)、LEDの有用性などについて、現場での経験を踏まえて説明いただきました。

P1180393

 

その後、いちごモデル施設内の装置について大橋隆特別研究員に説明いただきました。

P1180415

参加者から、「生産現場はなかなか見る機会がないため、大変参考になった」、「農業者の説明がわかりやすかった」など好評でした。また、いちご栽培志向者が熱心に谷中農業士にアドバイスを受けていました。

来年度も先端技術を公表するといった現地検討会を開催して参りますので、是非ご参加ください。

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

プロ農家向け会員制ブログの購読者の皆様

これまでは、県内のプロ農家もしくはプロ農家を目指す農業者の会員登録をされた皆様にのみ情報提供をしてまいりましたが、2016年11月7日から、「スマート農業とちぎブログ」として、先端技術を活用した経営改善等の情報や農業災害をはじめとした農政全般の情報を公開で情報提供して参りますので、引き続き閲覧いただくようよろしくお願いいたします。

(お知らせ)
「スマート農業とちぎ推進フォーラム」の開催について
栃木県ではスマート農業への理解を深め、様々な分野の人々との交流を目的に「スマート農業とちぎ推進フォーラム」(11月7日(月))を開催いたします。参加希望の方は、参加申込書に必要事項記載の上、FAX又はE-mailにて農政課あて10月31日(月)まで送付願います。
(参加申込書:http://www.pref.tochigi.lg.jp/g01/work/documents/smartforum2016.pdf