がんばる農家支援サイト

とちぎ ファーマーズ チャレンジ ネット

このサイトでは、栃木県の食と農に関する情報やイベント情報とともに、農業者向けの営農・経営に関する情報を提供しています。
> ご案内 > スマート農業とちぎブログ > 栃木のうんまいもの食べ歩き > 栃木県農政部ツイッター

とちぎの農村ツアー体験記

2月27日 かぬまじかん KANUMA TIME

2016/2/27

2月27日(土)

かぬまじかん KANUMA TIME
鹿沼の加蘇地区で、地元の方たちといっしょにのんびりゆっくり過ごすツアーを行いました♪

“トマトの直売所”とも言われるくらい、トマトが人気で豊富な「野尻直売所」からスタートです!もちろんトマトの他にも、地元農家さんが丹誠込めた新鮮野菜がたくさん並び、朝から大賑わいです^^
トマトの直売所「野尻直売所」

続いて『古民家 久我の庄』へ向かいます。
空き家となっていた古民家を、田舎へ住みたい、自然の中で生活したい、農業がしてみたい、そんな方の夢をお手伝いするため貸し出しているのです!「古民家久我の庄」実行委員会が管理しています。加蘇地区の紹介を小林会長から説明いただき、VTRで学びます。
古民家 久我の庄

外では、地域の方々がなんと餅つきの用意をしてくださっていました!
教わりながら「よいしょ〜!」と大人も子どもも餅つき!・・・これが見た目以上に難しい。
餅つき

さぁ実食!つきたてのお餅は格別の美味しさ!最高です。きな粉とあんこの2種類をご用意していただき、昼食前なのについつい食べ過ぎちゃう〜!
つきたてのお餅

『ユーズプロセス』で、手作りこんにゃくの見学です。
みなさんご存知でしたか?こんにゃくの生産は、約90%が群馬県で、次いで約5%で栃木、2%が茨城と、ほぼ北関東で作られているのです。さらにこんにゃくの旬は、冬の今。今だからこそできる「生ずりこんにゃく」は格別!こんにゃくの知識を湯沢さんに教えていただきながら、目の前で実際にこんにゃく作りの一過程を見せていただきました!
ユーズプロセス 手作りこんにゃくの見学

こんにゃく芋を、専用擂り下ろし機で液状にし、機械で混ぜ合わせます!すると・・・液状だったものが、どんどんゲル化状になっていきます!
初めて見るこんにゃくの変化に「おぉ〜!」と歓声があがりました。こうして出来たこんにゃくは、1時間程茹でて出来上がりとのことでした。
こんにゃく芋 擂り下ろし 混ぜ合わせ

1時間待たずして、試食用の出来立てこんにゃくをご用意していただいておりました!めんつゆ・黒蜜きな粉・味噌田楽の3種の刺身こんにゃくがあり、手作りならではの優しい味わいに、またまた食べ過ぎてしまいそうでした。笑
出来立てのこんにゃく(めんつゆ・黒蜜きな粉・味噌田楽)

出逢いの森いちご園へ、旬のいちごを堪能しに向かいます!
ここでは、とちおとめと話題の新種スカイベリーの違いを、実際になっている様子と味わいから学びます。ハウスの中はいちごの甘い良い香りでいっぱいです。スカイベリーはさすが身が大きいだけに葉も大きい!
出逢いの森いちご園

お餅、こんにゃく、いちご・・・まだランチはこれからです。笑
『里のカフェ はな』さんのヘルシーランチ&ヘルシースム―ジー!地域の方と一緒にテーブルを囲んでいただきます^^
里のカフェ はな

こちらでは、地域の食材にこだわり、いちご(石川いちご園)・トマト(丸福農園)、出きたてこんにゃく(ユーズプロセス)をお砂糖を一切使用せず、自然の甘味を活かしたお料理を作っていただきました!そのメニューの監修は、野菜ソムリエであり、スムージーが人気の『Mon Chou(モンシュ)』の清嶋先生。
Mon Chou(モンシュ) 清嶋先生

こんにゃくをふんだんに使用しているため、とっても低カロリー!こんなにもこんにゃくのバリエーションがあるのかと驚きの連続でした。食べ応えもしっかりあるので、ボリューム重視の方も満足する内容でした!
鹿沼の食材を使ったお料理

そして締めには、今回為に清嶋先生が、考案してくださった『鹿沼スムージー』を目の前で作っていただきました。美肌とアンチエイジングをコンセプトにして作られたスムージーには、トマト・いちご・こんにゃくを溢れんばかりに入れ、隠し味に甘酒少々。
素材の甘みが利いた美味しく健康になれるスムージー。これはクセになりそうです♪
鹿沼スムージー

小林会長から、「加蘇の素晴らしい自然と、こうして様々な食を提供することによって、バランスが取れているから、遊びにきてくれる人も楽しんでくれると思う。温かなおもてなしをし、活力のある地域をこれからも楽しく元気に作っていきたい!ユーズプロセスの湯澤くんのように若い世代もこれから頑張ってくれるはずだよ」と最後にお話してくださいました。

そして、今回ランチを提供していただいた『里のカフェ はな』さんの吉田さんご夫婦は、東京から加蘇地区に移住されてきました。「地域の方々は優しく、私たちを受け入れ体制を整えてくれて、本当に温かい地域です。」とお話くださいました。
かぬまじかん 記念撮影

お二方のお話からもあるように、本当に鹿沼市加蘇の方々の温かさが感じられる特別な時間でした。


次回もお楽しみに♪

*今回行った場所*
・道の駅うつのみや ろまんちっく村
http://www.romanticmura.com/

・野尻直売所
鹿沼市野尻285-4

・古民家 久我の庄
http://www.city.kanuma.tochigi.jp/13,23777,171,646.html

・ユーズプロセス
https://www.facebook.com/yzprocess

・出会いの森いちご園
http://www.kanuma.or.jp/ichigo/

・里のカフェ はな
https://goo.gl/wjTosE

・Mon Chouモンシュ
https://goo.gl/P4fNx0

かぬまじかん パンフレット

ページトップへ

 

スマート農業とちぎブログ
メールマガジン登録はこちら

Copyright (C) Tochigi Farmers Challengenet. All rights reserved. 掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します プライバシーポリシー