【観光農園特集】15種類のぶどうを栽培する「盤峰園」で巨峰狩りを体験♪

栃木市は北関東有数のぶどう生産地。中でも太平山南山麓には「ぶどう団地」と呼ばれる地域があり、ぶどう狩りを楽しめる観光農園はなんと約50件!「ぶどう通り」沿いには、たくさんの直売所や観光農園が軒を連ね、観光スポットにもなっています。今回はJR大平下駅から徒歩5分ほどの「盤峰園(ばんぽうえん)」を訪れました。 「明治時代の頃からぶどうが植えられていて、明治維新の志士がいた頃からの名前なんです。観光農園としては昭和39年から始まりました。南斜面で水捌けが良く、甘さが非常にのる地区なんです。」と園主の松本芳夫(まつもと・よしお)さんは話します。 「ぶどう狩りは、赤い小さな粒のデラウェアが7月中旬くらい […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】ぶどうが美味しい季節♪プランも選べる「スローライフリゾートいちごの里」

摘みたてのみずみずしいフルーツを使用したスイーツや地元産の食材で作られた食事、ショッピング、収穫体験など幅広く楽しめる「スローライフリゾートいちごの里」。いちごのみならず、今の時季ならぶどうやもも等、その季節ならではのフルーツ狩りを楽しめるプランが揃っています。 「さくらんぼやみかん、メロン、販売用や飲食用にマンゴーなど、10種類ほどのフルーツを栽培しています。今年は梨を植えたので、将来的には梨狩りもできるようになるかもしれません」と企画営業部の山田毬花(やまだ・まりか)さんが教えてくれました。 テラス席の奥に見えるのがぶどう園。屋根を作るかのように葉っぱで天井が覆われており、木陰が心地良く感 […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】完熟ももを丸かじり♪お腹も心も満たされる「スローライフリゾートいちごの里」

フルーツ狩りを始めとした収穫体験や、スイーツ、食事、ショッピングも楽しめる「スローライフリゾートいちごの里」。広大な敷地では、10種類ほどのフルーツを栽培しています。 10月上旬にかけては、もも狩りのシーズン。時期にもよりますが、ぶどう狩りとセットで楽しめるダブル狩りや、ランチ付きなど様々なプランから選べるのも嬉しいです。ホームページから予約もできるので、チェックしてみてくださいね。 もも狩りは、6月下旬の『昴紀(こうき)』から始まり、9月下旬に食べ頃を迎える『桃水』まで続き、10品種約・1000本を栽培しています。訪れたのは、高級品種とされる『黄金桃』から『玉うさぎ』に移ったころ。緑の葉の中 […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】待ちに待った秋の味覚! ぶどうが旬を迎えている「フルーツパーク古賀志」へ♪

日ごとに秋の気配が深まり、ぶどうのおいしい季節がやってきました! 今回訪れたのは宇都宮市北西部、古賀志山の麓にある「フルーツパーク古賀志」。こちらは昭和初期から4世代に渡って営んでいる果樹園です。同園でもぶどうが旬を迎え、9月上旬~10月下旬にかけて、巨峰を中心とした4品種を収穫しています。 4代目の大柿丈彦(おおがき・たけひこ)さんに、巨峰がなっているぶどう畑を案内していただきました。「約40年前、現社長の父の代からぶどうの栽培を始めたんです。この畑だけで8,000房のぶどうがあるんですよ」と聞いてびっくり!😲 また、ぶどう作りにはいくつもの工程があるのだそう。「余分な房を落とす摘房(てきぼ […]

[続きを読む...]

3代つづくこだわりのぶどう作り🍇「内海ぶどう園」

太平ぶどう団地のメイン通りを一本外れた坂道を登り、金滝山清水寺の手前にたたずむ「内海ぶどう園」。小高い場所にあるため、栃木市内ののどかな田園風景を一望でき、思わず深呼吸したくなるような場所です✨ 現在の園主、内海護(うちうみ・まもる)さんで3代目となる「内海ぶどう園」。ぶどうの樹そのものの健康づくりをめざした栽培を行っており、巨峰やリザマート、シャインマスカット等の品種を取り扱っています。 直売を行っているこちらのぶどう園。毎年の常連さんはもちろん、ネット検索して見つけて訪れるお客さんや、親子3代に渡って買いに来てくれるお客さんもいらっしゃるのだとか。「眺めがいいこの場所を好きになってくれると […]

[続きを読む...]

一面に広がるオレンジ色✨キバナコスモスが見頃です!

9月に入った途端一気に涼しくなり、秋を感じられる気候になってきました。漢字で「秋桜」と書くコスモスは、秋を代表する草花のひとつですよね🌸 そんなコスモスが、宇都宮市長岡町で見頃を迎えています。宇都宮美術館南、駐車場から約600メートル歩いた場所に花畑が広がっています。 コスモスというとピンク色のイメージが強いですが、ここで見頃を迎えているのは「キバナコスモス」という種類。約3500平方メートルもの敷地に可愛らしいキバナコスモスが咲き誇っています👏✨ 以前はソバ畑だったという敷地には、上下段にわたってキバナコスモスが植えられています。オレンジ色の花が一面を彩っており、じゅうたんのように広がるコス […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】秋から冬にかけてさまざまな品種の梨が楽しめる「フルーツパーク古賀志」へ♪

宇都宮市北西部に位置する古賀志山の麓にある「フルーツパーク古賀志」は、4世代に渡って受け継がれてきた果樹園です。約5ヘクタールある広大な敷地では、梨、ぶどう、りんごを栽培し、今の時期はちょうど梨が旬を迎えていました。8月中旬~10月下旬にかけて、幸水、豊水、あきづき、新高、にっこりの5品種を収穫しています。 「初代の曾祖父が、昭和初期に梨を植えたのが当園の始まりですね。その後、祖父が梨組合のベースを築き、宇都宮市内で梨栽培が普及したようです。ぶどうとりんごは、現社長の父の代からスタートしました」と話すのは、現在事業の中心を担っている4代目の大柿丈彦(おおがき・たけひこ)さんです。「安心して食べ […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】有機質肥料で育った甘みたっぷりの完熟梨を心ゆくまで味わえる「金田果樹園」へ♪

宇都宮市街地から車で約30分の芳賀町祖母井にある「金田果樹園」では、完熟梨の梨狩り・直売を行っています。「今でこそ梨は芳賀町の特産品ですが、以前この地では落花生やサツマイモを栽培していました。昭和32~35年に先代の父が地域の人たちと梨を植え始め、芳賀地区に梨農家が増えたんです。その頃は収穫したものを三輪車に積み、東京の神田市場まで出荷していました」と話すのは、金田果樹園二代目であり会長の金田价正(かいせい)さんです。   「毎晩箱詰め作業で忙しく、それならばいっそのことお客様に現地に来てもらい、自分で採った梨を味わってもらおうと思ったのが梨狩りを始めるきっかけでした」と价正さん。そ […]

[続きを読む...]

オンラインショップで購入も👌!矢板市の「58ロハスクラブ」

矢板市安沢にある「58ロハスクラブ」。「ロハス」とは、「Lifestyles of Health and Sustainability」の略語で「地球環境保護と健康を重視する生活の仕方」という意味だそう。 今回はこちらの施設を訪れ、「ロハス」を体感してきました👏 クラブハウスの中は広々としたおしゃれ空間が広がっています✨ 特に目を引いたのが、クラブハウス内で販売されている「ロイヤルクイーン」という品種のいちごのコンフィチュール🍓 果肉をしっかり煮詰めてとろみを出すジャムとは違い、「コンフィチュール」は砂糖で果汁を浸出させ、果汁だけを煮詰めたあとに、果肉を漬けたもの。 58ロハスファームで栽培し […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】静かな田園風景の中で育てた完熟ブルーベリーを満喫♪「ブルーベリーファームごうの」

小山駅から車で15分ほどの、市街地から離れた静かな田園風景の中に「ブルーベリーファームごうの」はあります。「旬が途切れないように、時期に合わせて品種を選んで植えました」と代表の郷野康子さん。これからの時季はラビットアイ系が完熟を迎えます。ラビットアイ系は、実が熟す前にウサギの目のように赤く色づくのが特徴です。夏の日差しを浴びて大きく育った実は、8月末まで収穫が続きます。 ご両親の後を継ぐ際に、スギやヒノキなどの植林用の苗木栽培からブルーベリー栽培へと移行し33年が経ちました。植林用の苗木栽培は力仕事が多く、人手を必要とするため、康子さん一人でも管理できることが、ブルーベリー栽培を選んだ理由だそ […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】年中フルーツ狩りが楽しめる「いわふねフルーツパーク」でブルーベリー 狩り!

いよいよ夏本番!クーラーのついた涼しい部屋でテレビやパソコン、ゲーム三昧なんて日もありますよね。そうするとどうしても疲れてしまうのが目。今が旬のブルーベリーに含まれるアントシアニンは目の健康に良いと話題になったこともありますね。 東北自動車道佐野藤岡インターから車で5分、三毳(みかも)山の麓にある「いわふねフルーツパーク」ではちょうど今、夏の太陽の恵みをたっぷりと浴びて甘みがさらに増しているブルーベリーを味わうことができます。 地域の活性化のため、そして地元の生産者たちが作った農作物をより多くの人に味わってもらおうと、18年前に直売所をオープン。さらには果実栽培に適した地形や気候を生かし、年間 […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】大粒ブルーベリーをお腹いっぱい召し上がれ♪「BLUEBERRY FARM UEKI」

「BRUEBERRY FARM UEKI」を手掛けるのは植木敦嗣さん、歩さんご夫婦。矢板ICから車で5分ほどの自然に恵まれた地域にオープンし、2年目を迎えました。 「宇都宮から矢板に引っ越してくる時に、自分たちでも畑を利用して何かやりたいねって話になりました」と歩さん。敦嗣さんのご両親がブルーベリーを栽培しており身近なフルーツだったことや、観光農園を開設することで人を呼び込むことができ、地域への誘客促進にとり組めることが観光農園を始める動機になったと話します。敦嗣さんは農業関連の会社に勤めており、ブルーベリーが旬の3カ月間は休業し、歩さんも会社勤めを続けながら兼業で農園を営んでいます。 「比較 […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】完熟ブルーベリーが時間無制限で食べ放題の「かぐや姫の郷 竹原ブルーベリー摘み取り農園」へ!

茂木町最北部に位置する「かぐや姫の郷 竹原ブルーベリー摘み取り農園」では、完熟ブルーベリーが時間無制限で食べ放題! 6月中旬から7月上旬にかけては、ハイブッシュ系のビックスパータンやバークレイ、デキシー。7月中旬から8月上旬にかけては、ラビットアイ系のティフブルーやウッタードが食べごろを迎えます。 竹原郷づくり協議会の皆さんで管理しており、「景観を守ることにもつながっています。交代で管理に来ては、井戸端会議でもやっているようなもんですよ」と生産部長の生井正一さんは話します。荒地にならないよう農地を守るために、地域の人たちで集会を開き、協議会を2003年に設立。当時はまだ周知されていなかったブル […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】新種の「ピンクレモネード」も摘み取りできる♪ブルーベリー園さとうへ!

梅雨が明けて、甘さがのってきたブルーベリー。県道52号矢板那珂川線沿いの「ブルーベリー園さとう」では、摘み取り体験や完熟ブルーベリーの直売をシーズン中無休で行っています。こちらのブルーベリーは、那珂川町ブランド認定品です。 「早生はとにかく粒が大きくて。スパータングローは皮が薄く、種が少なく、トロッとした食感なんですよね。摘み取りが始まってから2、3回、多い人は4回目の人もいます」と佐藤やよひさん。夫の至さんと協力し合い、13品種約500本のブルーベリーを栽培しています。6月中旬から7月上旬にかけては早生種のスパータングローやチャンドラーなど、7月中旬以降は中晩生種のティフブルーなど4種類が食 […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】ブルーベリーの摘み取り体験、自家製スイーツが魅力の「花農場あわの」へ!

「花農場あわの」では、ブルーベリーが旬を迎えています。約1ヘクタールの敷地内にある農場で100本ものブルーベリーを栽培しているこちらでは、6月から8月中旬までブルーベリーの摘み取り体験が楽しめます。「安心安全な食材を提供するため、無農薬・化学肥料不使用で栽培しています」と、代表の若林ふみ子さんがこだわりを話してくれました。 若林さん自身も農業を営み、以前は農村女性のコミュニティ「あわの町生活改善クラブ」の会長を務めていました。旧粟野町は東京都墨田区と姉妹都市協定を結んでいたこともあり、都内のイベントで地元産の農産物を提供することもあったそうです。 「キュウリやナスは新鮮なものほどトゲがあります […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】大きな粒の中身はでっかい家族愛…✨「あさきちブルーベリーファーム」

県内各地でまさに今、旬を迎えているブルーベリー。生食はもちろん、ジャムやスイーツなどでも美味しく味わえる万能選手ですよね♪そして、どうせなら大きいものを食べたいというのが人間の心理。 佐野市飛駒町にある「あさきちブルーベリーファーム」では、そんな願いを叶えてくれるような大きなブルーベリー達がちょうど摘み頃を迎えています。 かつては彦根藩の領地だったという飛駒町。そののどかな里山の中、自然の恵みを存分に受けられるであろう絶好の場所に「あさきちブルーベリーファーム」はあります♪「あさきち」という名前から男性が切り盛りしているのかと思いきや、迎えてくれたのは優しい笑顔がよく似合う女性でした。 代表の […]

[続きを読む...]

【観光農園特集】鳥のさえずりが響く「ブルーベリーふみの里」で摘み取り体験♪

夏に旬を迎えるブルーベリー。ツツジ科の植物で、品種にもよりますが6月上旬から9月上旬まで熟した実を味わえます。 JR小金井駅から徒歩15分ほどの「ブルーベリーふみの里」は、小山市観光ブルーベリー摘み取り園の1つ。8月のお盆の頃まで摘み取り体験ができます。直売もしており、ひと粒ずつ手摘みし丁寧に選別を行ったパック詰めのほか、銅釜で煮詰めた手作りジャムや果汁100%ジュース、シロップなどの加工品を購入できます。 「21年経った今も、ブルーベリーを栽培して良かったって思っています」と磯貝サトさん。夫の文男さんと二人三脚で農園を営んでおり、もともとは養蚕を行っていました。その後、野菜栽培に移行し、文男 […]

[続きを読む...]

10種類の稲で描く那須塩原の田んぼアート

那須塩原市にある田んぼアートが見頃を迎えています! 取材に訪れると、田んぼアートの管理責任者である中野登喜男(なかのときお)さんが手厚く迎えてくださいました。 10年ほど前から開始し、毎年様々なテーマで田んぼアートが描かれる本企画。昨年度に栃木県が魅力度最下位になったことを受け、今年度は栃木県のPRを目的に「とちまるくん」をはじめとしたゆるキャラたちとお笑いコンビ「U字工事」を描いたそうです! なすひかり(うるち米)や鑑賞米である「ゆきあそび」、「べにあそび」などの10種類の稲で描くという田んぼアート。夜間に田んぼにイラストを投影し、立体的に見えるように計算して田植えをするそうです🌾 写真で見 […]

[続きを読む...]

彩り豊かなアジサイが囲む磯山神社

鹿沼市磯町にある、磯山神社では色とりどりのアジサイが見頃を迎えています。 神社本殿の周囲や参道に、20種類以上約2,500株のアジサイが咲き競っています🌸 老樹がうっそうと生い茂り幽玄な雰囲気を醸し出す中に、鮮やかなアジサイが咲き誇ります。 深い緑とカラフルなアジサイのコントラストが美しいです♪ 磯山神社は社伝によると、永延2(998)年建立と伝えられており、千年以上の歴史がある古社だそうです! 歴代の氏子さんたちが大切に育てたアジサイは今年も立派に咲いています✨ 本殿の前には、アジサイが見頃の間「茅の輪(ちのわ)」が設置されています⛩ 大祓人形を持って、この茅の輪を八の字にくぐると無病息災が […]

[続きを読む...]

ラベンダー、ミントなど…香り漂うみかもハーブ園へ♪

佐野市黒袴町にある、みかも山公園内の「みかもハーブ園」では、ラベンダーをはじめ、さまざまな花が見ごろを迎えています。 みかも山公園では、ハーブ園のほかにも、ハイキングコースや豊富な遊具施設、パラグライダー(要予約)など様々な体験ができます♪ 6月がハーブの最盛期となる、みかもハーブ園。ハーブに分類される花々はラベンダーやカモミール、ミントなど種類が豊富!園内では40種類のハーブを楽しむことができます🌸 取材時には、ハーブとして印象的なラベンダーやミントだけでなく、シソ科のアニスヒソップやキク科のエキナセアなど、色とりどりの花を見ることができました✨ 多種多様なハーブは見た目がカラフルで美しいだ […]

[続きを読む...]

最新のブログ記事

人気ランキング