生そばパスタ!?おどろきの新食感です。

こんにちは。SOBAKOです。ゴールデンウィークも終わり、そろそろ新しい環境に慣れてきた頃かと思います。

SOBAKOも新しい通勤経路上でずーっと気になっていたお店にやっと行くことができました。

生そばパスタのぼり旗こんなのぼり旗を目にしたら、気になりませんか?

お店の外観はこんな感じです。

お店の外観お城のような外観、期待度アップ(^_^)vです。本日はランチの時間にお伺いしました。パスタ中心の洋食メニューが豊富で、迷ってしまいます。が、今回の目的は生そばパスタ  😳 迷っている場合ではありません。私はキャベツ・グリーンアスパラ・ポテトのそばパスタ(塩味)、Tさんはキノコのそばパスタ(しょうゆ味)のそばパスタランチをセレクトしました。

ちなみにランチはサラダ・デザート(ケーキorアイス)・ドリンク付きです。

ランチメニュー1ランチメニュー2

まずはサラダが来ました~って、キッシュもついているチョット贅沢な前菜のようです。彩りもきれいだし、キッシュに入っているズッキーニが美味しかったです(*^_^*)

サラダ

いよいよお待ちかねのそばパスタ登場 🙄

パスタは自家製だそうです。そばの風味や色を出すのに苦労されたとのこと。「太麺なのでお箸もどうぞ」との気遣いが嬉しいですね。見た目はしっかりおそばです。

そばパスタ塩味キャベツ・グリーンアスパラ・ポテトのそばパスタ(塩味)

 

 

そばパスタしょうゆ味

キノコのそばパスタ(しょうゆ味)

麺はもちもち、ほのかなそば風味。和風の味付けになじみます。おそらく県内では、このお店でしか味わえない一品だと思われます。

最後にデザートとコーヒーを頂いて、とっても満足したランチのひとときでした。この日のケーキはオレンジのシフォンケーキでした。

デザート

鹿沼市にはおいしいおそば屋さんがたくさんありますが、たまにはこんなお店で、おそばを楽しんではいかがでしょうか?

【パラッツォ PALAZZO 】                                         住所:住所 鹿沼市東町3-6-18
電話 0289-65-5827
営業時間 通常 11:30~15:00(LO 14:30)、 17:30~22:00(LO 21:30)
※ 記事投稿時点の情報ですので、変更となっている場合もあります。ご注意ください。

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


かぬまのテロワールを楽しむ。かぬま里山ワイン(鹿沼市)

こんにちは。SOBAKOです。鹿沼市産のぶどうで作られたワインをご存知ですか?

かぬま里山わいん

かぬま里山わいん

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿沼市にある宇賀神緑販株式会社。ワインなのに緑販?と驚きましたが、実は本業は造園や植木などの生産販売。現会長が2003年からワイン用ブドウの栽培を始めたそうです。

栽培しているのは4品種。キャンベル、メルロー、デラウエア、シャルドネ。

12月のぶどう畑はこんな感じですが

12月のぶどう畑はこんな感じですが

 

 

 

 

 

 

 

夏のぶどう畑はステキ

夏のぶどう畑はステキ

 

 

 

 

 

 

 

シャルドネに

シャルドネに

 

 

 

 

 

 

 

キャンベル

キャンベル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かぬま里山ワインはワインの品種毎に4銘柄があります。全種類制覇はお財布がキビシイ。店員さんにオススメを訪ねると、2015年産はメルローの出来が良かったので「里山の輝き・メルロー」が良いとのこと。ではそれをいただきますか。

ロゴ入りの木箱もかわいい
ロゴ入りの木箱もかわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

店内を見渡すと、なんだか生産年によってラベルが違うのですが。会長さんが「飽きやすいんだよね」とお茶目な事をおっしゃる。

ずいぶんラベルの雰囲気が違う!

ずいぶんラベルの雰囲気が違う!

 

 

 

 

 

 

 

記念すべき生産初年のワイン。2006年産はその名も「RyokuhanWine(リョクハンワイン)

記念すべき生産初年のワイン。2006年産はその名も「RyokuhanWine(リョクハンワイン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒の飲めない方には完熟ぶどうジュースもありますよ。

ストレート果汁100%の自然な味わい

ストレート果汁100%の自然な味わい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【かぬま里山ワイン】

宇賀神緑販株式会社

住所:栃木県鹿沼市下奈良部町273

電話:0289-75-3266

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


鹿沼市の里山にあるおしゃれなパン屋さん~一本杉農園~

みなさん、こんにちは。KOMEKOです。
鹿沼市の里山にあるおしゃれなパン屋さん、「一本杉農園」を御紹介します。
地元の方に御紹介いただいてやってきました!
南摩郵便局近くの細い路地を入って右側。曲がり角の看板が目印です。看板1

 

 

 

 

 

 

看板2

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

お店はシンプルでおしゃれな外観。木、金、土の週3日の営業です。
お店のオーナー兼農家の福田さんは、無農薬、無化学肥料栽培にこだわった農業を始めて2年目。同時に加工品部門としてパン屋を開店し、自家栽培の小麦や農産物を使ったパン屋経営を目指しているそうです。
生産量はまだ少ないので、自家栽培の小麦は先日のイベントで使い切ってしまったそう。残念!
今後の生産拡大に期待です!

店内写真

 

 

 

 

 

 

お店に入ると、素敵な笑顔で女性が出迎えてくれました。
店内もシンプルで素敵な空間です。

どれもおいしそうで目移りしちゃいますね。メロンパン、チーズのフォカッチャ
チョココロネ、クリームチーズノア

 

 

 

 

 

スコーン

 

 

 

 

 

一番人気はメロンパン。季節によって自家栽培のタマネギ、ミニトマトがのったフォカッチャなども並ぶそうです。
これからの季節は、小豆と落花生が収穫になるので、自家栽培のあんぱんやピーナッツコッペパンが並ぶ予定だそうですよ。楽しみです!

さてさて、今はランチタイム。あー、おなかすいたー。
私の今日のランチは、チョココロネとチーズクリームノアに決めました!
チョコはおしりまでたっぷり入って、パンはモチモチ。食べ応えがあります。
おなかいっぱい、大満足!ごちそうさまでした。

最後に、イベントのチラシをいただきました。デザインが素敵!センスが光ります。

イベントの案内

 

 

 

 

 

 

オーナーの福田さんは、「ZOMArket」というイベントを主催しているそうです。
鹿沼市運動公園を会場に、「ローカル&ビオ」をテーマとして、野菜や美味しい食事などのお店が芝生広場に集まるそうですよ。
こちらも気になりますね!

【一本杉農園】
〒322-0344 栃木県鹿沼市西沢町380-2
電話:080-3453-1205

地図

 

 

 

 

 

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

 


フルーツティーでプリンセス気分。OPAPAキッチン(鹿沼市)

こんにちはSOBAKOです。

新鮮な果物の香りを紅茶にうつして楽しむフレッシュフルーツティ-。そんな贅沢な紅茶が飲めるらしいと聞いて、早速、鹿沼市にあるOPAPAキッチンさんに、お邪魔してみました。

フルーツがぎっしり!

フルーツがぎっしり!

 

 

 

 

 

 

 

 

地元鹿沼産のイチゴに、パイン・マスカット・メロンと新鮮な果物がぎっしり。専用のガラスポットで見た目も美味しそう。果物の優しい自然な香りが楽しい紅茶です。

写真ではわかりづらいですが、キャンドルの炎で温めてます

 

 

 

 

 

 

 

 

紅茶を楽しんだ後は、フルーツも食べられるんです。紅茶の香りをまとってほんのり温かいフルーツが面白い。そして思ったより食べ応えがあります。

160311 フルーツティ3

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお店はオーダーメイドハーブティーとフルーツティーのprincesse d’ un jour(プリンセスドアンジュール)さんのカフェ。ランチのビーフシチューは、地元産の野菜やお肉にこだわった人気メニュー。

160309 ビーフシチュー

 

 

 

 

 

 

 

ランチセットの紅茶は、ドライフルーツを使ったフルーツティ-。

160309 フルーツティ

 

 

 

 

 

 

 

スプーンとフォークにはハートが。なんだか女子力高そうな感じです。

160309 スプーン

 

 

 

 

 

 

 

【opapaキッチン】

住所  :栃木県鹿沼市上殿町258

電話  :090-7257-6225

営業時間:11時~14時

定休日 :毎週月曜日 土曜日 日曜日 祝日

参考URL :http://princesse.thebase.in/

定休日が多いのでご注意を!土日・祝祭日はイベントにキッチンカーで出店しているそうです。

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


鹿沼名産蒟蒻三昧。おこんにゃく茶屋。

こんにちは、SOBAKOです。

鹿沼の名産といえば?そう、こんにゃく!というわけで、2月14日にオープンしたばかりの「おこんにゃく茶屋」に行ってきました。

さしみこんにゃく

とろーりのびる刺身こんにゃく

鹿沼市の中心部にある屋台のまち中央公園。その中の、観光物産館の、その中に、おこんにゃく茶屋はあります。

屋台のまち中央公園

手前の観光物産館内におこんにゃく茶屋はあります。奥に見える白い建物は屋台展示館。

おこんにゃく茶屋は、鹿沼版地域おこし協力隊員が運営するお店。メニューは自家製こんにゃくをふんだんに使った、鹿沼ならではのラインナップ。今回はその中でも一番人気という「おこんにゃくプレート膳」をいただきました。

おこんにゃくプレート膳

おこんにゃくプレート膳 950円也

こんにゃく入りご飯に、刺身こんにゃく、こんにゃくステーキ、こんバーグ(こんにゃく入りハンバーグ)とこんにゃくづくし。おなかいっぱい食べても罪悪感はゼロ。ご飯はこんにゃく入り白米か玄米を選べるので、せっかくだからこんにゃく入り白米にしてみました。細めのしらたきがたっぷり入っててびっくり。

こんにゃくいりご飯

よく見ると、こんにゃく!

屋台のまち中央公園には、彫刻屋台3台を常設展示する「屋台展示館」、鹿沼の三名園の一つ「掬翠園(きくすいえん)」、鹿沼名産がいろいろ買える「観光物産館」があります。腹ごなしに散策するものいいかも。

 

おまけ

おこんにゃく茶屋にあったこんにゃくストラップ。なんだか可愛い。売り物かな?

こんにゃくマスコット

【おこんにゃく茶屋】

住所  :栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1
電話  :0289-60-6070map

営業時間:11時~16時(ランチは14字まで)
定休日 :毎週月曜日
参考URL :屋台のまち中央公園http://www.kanuma-kanko.jp/miru/culture_details1.shtml

 

 


新緑のようなさわやかな味と香りの新茶をどうぞ~鹿沼の「板荷茶」~

みなさん、こんにちは!KOMEKOです 😀
6月に販売開始したばかりの新茶、鹿沼の「板荷茶」を紹介します
 板荷茶パッケージ

左側のパッケージが「板荷茶」、ちなみに右側が姉妹品の「鹿沼茶」です。

 

 

 

リンク・ティマーク

 

「板荷茶」は、無農薬・減化学肥料栽培で「とちぎの特別栽培農産物(リンク・ティ)」と、鹿沼の名産品「かぬまブランド」に認証されている、いわゆる「お墨付き」ってやつなのです
さらに、一番最初に収穫した茶葉だけでつくられた「こだわりのお茶」
最初の芽は柔らかくて、とても味がいいんだそうですよ。

 

 

 

♪夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る あれに見えるは 茶摘ぢやないか あかねだすきに菅(すげ)の笠
♪日和つづきの今日此の頃を 心のどかに摘みつつ歌ふ 摘めよ摘め摘め 摘まねばならぬ 摘まにや日本の茶にならぬ
「茶摘(ちゃつみ)」の歌が聞こえてくるような鹿沼の茶畑の風景です。「茶摘(ちゃつみ)」は、1912年(明治45年)に発表された日本の童謡だそうです。

板荷茶栽培風景1

 

 

 

 

 

 

板荷茶栽培風景2

 

 

 

 

 

 

ではでは、早速開封してみまーす。新緑のようにさわやかな香りが広がってきます

茶葉

 

 

 

 

 

 

さわやかな香りと、ほどよい渋みを楽しみたい場合には、やや熱めの湯でさっと抽出、逆に、湯を70度くらいまで冷ましてからじっくりと抽出すると、旨みの多い味わいになるそうですよ。

お茶

 
んーいい香り
「板荷茶」独特の渋みのあとにくる甘さ、やっぱり美味しいな。のどを通った後に、甘味が広がります。

 

 

さてさて、「板荷茶」はどこで買えるのでしょうか?

まちの駅鹿沼宿
今回は、まちの駅 新・鹿沼宿で購入しました。
みなさんも、ぜひ味わってみてくださいね

 

 

 

【まちの駅 新・鹿沼宿 直売所】
鹿沼市仲町1604-1 電話:0289-60-2507
3月~11月 9:00~18:00(土日は19:00)、12月~2月 9:00~17:00
【とちぎの特別栽培農産物(リンク・ティ)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g56/work/nougyou/shokutonou/tokubetusaibai_nasu.html
【かぬまブランド】
http://kanuma-brand.com/


郷の手づくり菓子工房 ぱんとまいむ

みなさん、こんにちは!KOMEKOです 😀
郷の手づくり菓子工房「ぱんとまいむ」を御紹介します。

永野郵便局前、「天然酵母種パン」の、のぼり旗が目印。矢印に沿って進むと民家へ。
敷地内には母屋のほか、お店が並んでいます。
こちらが、郷の手づくり菓子工房「ぱんとまいむ」です。

ぱんとまいむ外観

 

 

 

 

 

 

おとなりには、「野州麻紙工房」、「cafeぎゃらりー納屋」と並びます。

野州麻工房

 

 

 

 

 

 

cafeぎゃらりー納屋cafeぎゃらりー納屋2

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてさて、お店の中に入ると、焼きたてのパンがこんなにたくさんっ

店内

 

 

 

 

 

 

こんなにあると、何を買おうか迷っちゃいますね~。
お店の方に、おすすめを聞いてみました。
一番人気は、エレガントローズという食パン
天然酵母と長時間低温熟成の、もちもちした食感が人気だそうですよ

パン1

 

 

 

 

 

パン2

 

 

 

 

 

パン3

 

 

 

 

 

パン4

 

 

 

 

 

 

 

 

見て見てっかわいいキャラパンもに目がくぎ付けです。これは買わなきゃ
う~ん、何にしようかなぁ~。よしっかめぱんに決めました

パン5

 

 

 

 

 

かめパン 

 

 

 

 

 

 

メロンパンの甲羅に、キュートなお顔。
中にはカスタードクリームが入っていて、見た目もおいしさも大満足!ごちそうさまでした
せっかく来たので・・・、「cafeぎゃらりー納屋」の店内に入ってみましたcafeぎゃらりー納屋3

 

 

 

 

 

cafeぎゃらりー納屋4 

 

 

 

 

 

 
開放感のある高い天井、麻の柔らかいランプの灯り、壁紙には麻紙が使用されていました。
懐かしく温かい雰囲気が心を和ませてくれます。
麻やそばを生地に使ったピザなどがいただけるそうですよ。
次は、こちらでもランチしたいですねっ

【ぱんとまいむ】
  鹿沼市下永野600-1
  TEL  0289-84-8512 
  営業時間 10:00~18:00(月曜日、火曜日定休、年末年始・お盆は休み)

【cafeぎゃらりー納屋】http://freett.com/mashikoubou/cafe/cafe.html
  TEL 0289-84-8511
  営業時間 11:00~18:00(月曜日、火曜日定休、年末年始・お盆は休み) 

【野州麻紙工房】http://freett.com/mashikoubou/index.html

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


和牛生産農家の直営精肉店「牛屋の肉屋よこお」

みなさん、こんにちは!KOMEKOです

和牛生産農家の直営精肉店「牛屋の肉屋よこお」を御紹介します。

「牛屋の肉屋よこお」は、和牛生産者である「ファーム横尾」さんが、「自分の生産した牛肉を、気軽に、より多くの消費者に味わってほしい」と、開いたこだわりの直営店。

さっそく行ってきました-

 

お店は、牛をイメージした赤いロゴマークが目印です。

 看板

 

 

 

 

 

店舗外観

 

 

 

 

 

 

お店の隣では約130頭の和牛が育てられ、時々牛の鳴き声も聞こえる、のどかな雰囲気

牛舎

 

 

 

 

 

 

こちらが(株)ファーム横尾代表取締役社長の横尾さんです。

(株)ファーム横尾代表取締役社長

 

 

 

 

 

 

お店に入ると、精肉やお総菜がずらりと並び、きれいな女性がお出迎えしてくれました。

店内

 

 

 

 

 

 

店員さん

 

 

 

 

 

 

じゃーんおいしそうなお肉の数々超高級和牛から、お手軽な切り落としや豚肉、鶏肉、ひき肉など、種類が豊富です。

和牛1

 

 

 

 

 

 

和牛2 

 

 

 

 

 

和牛3 

 

 

 

 

 

和牛4

 

 

 

 

 

 

そしてこちらがお総菜コーナー。
一番人気は、和牛メンチ!和牛9割使用の合挽肉でつくった、かなりお得な一品です
そして、人気のお総菜が入った特製バーガーもありましたよ

総菜コーナー

 

 

 

 

 

 

特製バーガー

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、ただいまはランチタイム。
う~ん、何にしようかなぁ~。
よしっ!焼き肉弁当に決めました。
なんとお得なワンコイン弁当です!

焼き肉弁当

それではさっそく、いっただっきま~す

食べても食べてもお肉が重なっています。やわらかくって、めちゃめちゃおいしいっ

 

ふぅ~、おなかいっぱい、大満足!!ごちそうさまでした 

  【牛屋の肉屋よこお】http://www.ushiyanonikuya.com/shincyakujouhou/wuti

  鹿沼市久野809-10
  TEL 0289-85-2900 
  営業時間 10:00~19:00(火曜日定休)

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


癒やしの空間でおしゃれなランチをどうぞ~花農場あわの~

みなさん、こんにちは!KOMEKOです 😀
花に囲まれた癒やしの空間にある農家レストラン「花農場あわの」を御紹介します。
こちらは、日本経済新聞プラス1農家レストランランキング「全国第5位」に選ばれたお店なんです。
さっそく行ってきましたー

かわいらしいお店が見えてきました。その名は「ミントハウス」。名前もすてきっ。
やさしそうな農家のおかあさんが、出迎えてくれました。 花農場あわの店主

 

 花農場あわの店主

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ店内へ。落ち着いた感じのおしゃれな空間。
窓の外を眺めると・・・。ガーデンが広がります。 店内写真

 

 

 

 

 ガーデン

 

 

 

 

 

 

 

ん?ガーデン?今は12月。野山も凍る寒さです。
でも、がっかりしないでっ!レストランに併設されたドライフラワー工房では、色鮮やかな花々が出迎えてくれます ドライフラワー1

 

 

 

 ドライフラワー2

 

 

 

 

 

 

 

こんなすてきなリースがたくさん!おみやげにいいですねっ
ドライフラワーリースづくりや寄せ植えなど、体験教室もあるそうですよ。リース1

 

 

 

 

リース2 

 

 

 

 

 

 

さてさて、ただいまはランチタイム。おなかすいたな~。何にしようかなぁ。
よしっ!パスタランチに決めました!前菜の温かいスープです。メニュー

 

 

 

 スープ

 

 

 

 

 

 

 

私はスモークサーモンのクリームパスタを選びました。ほっとするようなやさしい味に大満足
ひるとも(一緒にランチした人)のお皿ものぞいちゃいましょう

   スモークサーモンのクリームパスタ

 

 

 

 

 

 

自家製トマトソースのパスタやフレッシュハーブサラダピザ、リゾットなど、どれもおいしそう。自家製トマトソースのパスタ

 

 フレッシュハーブサラダピザ

 

 

 リゾット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてデザートは、お店自慢のスイーツとハーブティ
スイーツは、かぼちゃプリンとそば粉のシフォンでした。かぼちゃプリンとそば粉のシフォン

 

 

ハーブティ 

 

 

 

 

 

 

ふぅ~、おなかいっぱい!心も体も充電完了!ごちそうさまでした~  ハンカチの木

 

 

 

 

 

 

 お店の外では、ハンカチの木がたくさんの実をつけていました。
次は、ガーデンを散歩したいですねっ

 

  【花農場あわの】http://hananoujou.com/
  鹿沼市中粕尾423
  TEL: 0289-83-7787 
  営業時間:4~11月は9:00~17:00、12月~3月は9:30~16:00
(4~11月は無休、12月~3月は火曜日定休、年末年始は休み)

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


新緑のようなさわやかな味と香りの新茶をどうぞ~鹿沼の「板荷茶」

みなさん、こんにちは!KOMEKOです 😛
6月末に販売開始したばかりの新茶、鹿沼の「板荷茶」を紹介します
左側のパッケージが「板荷茶」、ちなみに右側が姉妹品の「鹿沼茶」です。 板荷茶パッケージ

 

 

 

 

 

 

「板荷茶」は、無農薬・減化学肥料栽培で「とちぎの特別栽培農産物(リンク・ティ)」と、鹿沼の名産品「かぬまブランド」に認証されている、いわゆる「お墨付き」ってやつなのです
さらに、一番最初に収穫した茶葉だけでつくられた「こだわりのお茶」!最初の芽は柔らかくてとても味がいいんだそうですよ。

 

リンク・ティ認証マーク

かぬまブランドパンフレット

 

 

 

 

 

 

 

 

♪夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る あれに見えるは 茶摘ぢやないか あかねだすきに菅(すげ)の笠
♪日和つづきの今日此の頃を 心のどかに摘みつつ歌ふ 摘めよ摘め摘め 摘まねばならぬ 摘まにや日本の茶にならぬ
「茶摘(ちゃつみ)」の歌が聞こえてくるような鹿沼の茶畑の風景です。「茶摘(ちゃつみ)」は、1912年(明治45年)に発表された日本の童謡だそうです。

 

鹿沼の茶畑の風景茶葉の生育

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、早速開封してみまーす。新緑のようにさわやかな香りが広がってきます

製茶した茶葉

 

 

 

 

 

 

さわやかな香りと、ほどよい渋みを楽しみたい場合には、やや熱めの湯でさっと抽出、逆に、湯を70度くらいまで冷ましてからじっくりと抽出すると、旨みの多い味わいになるそうですよ。

お茶

 

 

 

 

 

 

んーいい香り
「板荷茶」独特の渋みのあとにくる甘さ、やっぱり美味しいな。のどを通った後に、甘味が広がります。

さてさて、「板荷茶」はどこで買えるのでしょうか?

まちの駅新・鹿沼宿

 

 

 

 

 

 

今回は、「まちの駅 新・鹿沼宿」で購入しました。
ほかにも、ニューサンピア栃木やJR宇都宮駅で買えますよ~

【まちの駅 新・鹿沼宿 直売所】
鹿沼市仲町1604-1 電話:0289-60-2507
3月~11月 9:00~18:00(土日は19:00)、12月~2月 9:00~17:00
【とちぎの特別栽培農産物(リンク・ティ)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g56/work/nougyou/shokutonou/tokubetusaibai_nasu.html
【かぬまブランド】
http://www.city.kanuma.tochigi.jp/12,0,136,495.html

 ※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。