豪豚拉麺 【豪快豚骨 ゴートン 宇都宮市】

 

こんにちは。G.G.です。

前の記事で後輩のH君が「とちぎゆめポーク」が云々言っていましたので、「とちぎゆめポーク」が食べられるお店を探しました。後輩のために。

今回紹介するのは宇都宮産の「とちぎゆめポーク」をチャーシューに使用している【豪快豚骨 ゴートン】さんです。

豪快豚骨2

お店は宇都宮ベルモール内フードコートにあります。豪快な看板でございます。

店頭看板

店頭看板には「宇都宮産とちぎゆめポーク」の文字が。生産者の顔が思い浮かびます。

注文したのは焼豚GOTON(トンコツラーメン)を注文。

ゴー㌧ラーメン

このラーメンは宇都宮産のとちぎゆめポークの腕の肉をチャーシューにして、豪快に盛っています。それでは、頂きます!!

GE係長

そして、豚骨ラーメンの場合は、当然のように替え玉注文です。

一緒にいったGEN係長は替玉を少しづつ入れる派、G.G.はドバッと入れる派でした。

 

㌧豚☆★㌧豚☆【お店の紹介】㌧豚☆★㌧豚☆★㌧

豪快豚骨 ゴートン

住  所:宇都宮市陽東6-2-1

営業時間:10:00~20:30

定 休 日:無休 

㌧豚☆★㌧豚☆㌧豚☆★㌧豚☆㌧豚☆★㌧豚☆㌧豚☆

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


チョコっと不思議な新感覚スイーツ(鹿沼市・おこんにゃく茶屋)

2月になり寒さも本格的になってきましたね。

こんにちは、SOBAKOです。

 

さて、2月と言えば思い浮かぶのは・・・・

生ちょこんにゃく(1)

チョコレートです

もともと冬季はチョコレートなどの新作も増え、消費量もあがります。

またバレンタインデーもあるのでチョコレート好きにとっては最高の時期ですね

 

冒頭の写真も普通の生チョコに見えませんか?

でも実はこれ・・・・・

「生ちょこんにゃく」というこんにゃくを使ったスイーツなんです 8-O

 

「生ちょこんにゃく」は鹿沼市にある「おこんにゃく茶屋」で製造・販売しています。

おこんにゃく茶屋

こんにゃくを主体としたランチもやっていて隠れたスポットになっています。

過去記事は↓↓↓をご覧下さい^^

「鹿沼名産蒟蒻三昧。おこんにゃく茶屋」

 

「生ちょこんにゃく」は2種類のパッケージがありまして

生ちょこんにゃくギフト

左がミニ袋(不揃い10個入り)、右が箱入り(プレゼント用6個入り)です。

生ちょこんにゃく箱入り

生ちょこんにゃく(箱入り)

生ちょこんにゃく(不揃い)

生ちょこんにゃく(不揃い)

 

 

 

 

 

 

もちろんですが味は一緒です

 

「チョコレートとこんにゃくってどうなのよ・・・・」

と思うかもしれませんが、実際食べてみると味は「生チョコ」です

こんにゃく感は全く感じられません。なんて不思議な 8-O

そしてチョコレートが苦手な私も食べられるというこの不思議w

生摺(なまずり)こんにゃくを独自の製法で仕上げているとのことですが、この完成度には脱帽です。

生ちょこんにゃく断面

冷凍しても凍りません。冷凍庫からだしてすぐ食せます

冷蔵庫で少し戻すと柔らかく滑らかな食感を楽しむことができます。

双方の食感を楽しみながら食べるのも一興ですね

 

生ちょこんにゃくは2月下旬までの期間限定、予約販売となります。

新感覚スイーツを試してみませんか?

 

【おこんにゃく茶屋】

住所  :栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1
電話  :0289-60-6070map

営業時間:11時~16時(ランチは11時~14時まで)
定休日 :毎週月曜日
URL :http://oconcafe.top/

 

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


☆栃木県産の旬の果物をふんだんに使ったタルト!!(宇都宮市・スウィーツ&ヘアサロン ハレノヒ)

  こんにちは、HYです。今回は、職場の方から教えてもらって、最近個人的にはまっている県内産の旬の果物をふんだんに使ったタルトが美味しい「スイーツ&ヘアサロン ハレノヒ」をご紹介します。

場所は、県庁(河内庁舎)東の豊郷田園通りを北上し、宇都宮環状線を小山方面に向かい2番目の信号を右折し少し行くと右側にお店が見えてきます。(住所:宇都宮市下川俣町500-10)
2階がヘアサロンと1階が店舗になっています。建物脇にメイン駐車場。道路を挟んでサブ駐車場があります。
ハレノヒ外観1

 

 

 

 

 

 

 

入口を入ると風船が置いてあり子供に大人気、お店の温かい気配りを感じます。

harenohi-3

 

 

 

 

 

 

 

お店の中に入ると色とりどりのタルトやケーキが並んでいます。
自家製クッキーも豊富です。

ハレノヒ店内

 

 

 

 

ハレノヒ店内2

 

 

 

 

 

 

 

 

ハレノヒ店内3

 


ハレノヒ店内4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の一番人気は県産苺(とちおとめ)を使ったショートケーキ、2番人気はモンブラン、オススメは県産苺(とちおとめ)を使ったタルトだそうです。 本日は、苺のタルトと茂木町産の柚子を使ったゆずショコラとモンブランを購入しました。季節によって、梨、ブドウ、イチジク、金柑等旬の果物を使ったタルトやケーキが並びます。
ハレノヒケーキ1

 

 

 

 

 

 

早速、自宅に帰って家族でいただきました。タルトは苺が甘くみずみずしくて最高です。タルト生地も絶妙です。また、ゆずショコラも口に含んだときに柚子の香りが広がり美味しかったです。スイーツ好きの方は是非行って見てください・・・・・ 。
ハレノヒケーキ2

 

 

 

 

 

 


☆~☆~☆~☆~☆~☆~ お店の紹介☆~☆~☆~☆~☆~☆~

『スウィーツ&ヘアサロン ハレノヒ』
住所:宇都宮市下川俣町500-10〈定休日〉火曜日
【1階/スウィーツ】10:00~20:00  TEL028-613―3988
【2階/ヘアサロン】10:00~20:00  TEL028-613―3966
☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


那須高原農園「いちごの森」でいちご狩り(那須町・お菓子の城 那須ハートランド)

こんにちは、さとやまです。
冬の那須高原というと雪が積もっているイメージが強いですが、主要道路は除雪が行き届いているので、ストレスなく走行することができます。(※お出かけになる際には目的地等にご確認されることをお勧めいたします!)
那須街道を走行していると、「いちご狩り」の大きな看板が登場します。
栃木県といえば「いちご」ですよね!
早速いちご狩りに立ち寄ってみましょう。

P1180321

 

 

 

 

 

 

 

いちご狩りの受付は、「お菓子の城」の入口ということで、
まずは体験料をお支払いします。
那須高原農園「いちごの森」さんは、いままで30分食べ放題だったそうですが、今期から摘み取り方式に変更になったそうです。

P1180322

 

 

 

 

 

 

P1180339

 

 

 

 

 

 

 

とちおとめ」と「スカイベリー」の摘み取り体験ができます。
今回は「とちおとめ」の摘み取り体験にチャレンジします。

P1180327

 

 

 

 

 

 

 

とちおとめ」は鉄骨ハウスで、11連棟はなかなかの圧巻です。
これなら多くの観光客がいらっしゃっても大丈夫ですね。

P1180328

 

 

 

 

 

 

 

ハウス内はとてもきれいで、しかもとちおとめは高設栽培。
たったまま摘み取りできます。

P1180329

 

 

 

 

 

 

 

子供でも摘み取りできるので、真剣そのもの。

P1180334

 

 

 

 

 

 

 

完熟とちおとめをパックに詰めてみました。

P1180338

 

 

 

 

 

 

摘み取りが終わったら手提げ袋をいただくことができますので、お土産にも◎。
スカイベリーのハウスでも、観光客が摘み取り体験をやっていました。

せっかくなので、お菓子の城さんにも立ち寄ってみましょう。
冬ですが、多くのお客様でにぎわっております。

那須高原農園のとちおとめを使ったスイーツありました!
特に「の生どらオムオム」(1個250円)はどら焼きの生地にとちおとめとホイップをはさんだもの。さすがお菓子屋さんです。程よい酸味と甘みがたまりません!とちおとめもまるごと入っているので、とてもジューシーです。

P1180341

 

 

 

 

 

 

 

店内には、「とちおとめストロベリージャム」、「ストロベリーマフィン」、「ストロベリークランチ」などもありました。

P1180345

 

 

 

 

 

 

P1180346

 

 

 

 

 

P1180349

 

 

 

 

 

 

家に着いて、摘み取ったとちおとめをゆっくりと味わって食べました。
完熟いちごはやっぱりおいしいですね!酸味と甘みが絶妙です。
摘み取り体験の料金は期間によって違うとのことなので、詳しくはホームページ(http://www.okashinoshiro.co.jp/facilities/ichigo/)をチェックしてください。

P1180351

 

 

 

 

 

 

【那須高原農園「いちごの森」】
住所:栃木県那須町高久甲4588-10
電話:0287-62-1800
時間:9:00~16:00
定休日:期間中無休
詳しくはホームページをご覧ください
http://www.okashinoshiro.co.jp/facilities/ichigo/

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


とちぎ和牛ハンバーグ(下野市 Cherish Café【チェリッシュカフェ】)

こんにちはG.G.です。

今回は後輩のH君から【Cherish Café(チェリッシュカフェ)】の紹介です。

以下がH君からのレポート。

 

=====================================

平日のお昼時にお邪魔すると、店内には既に7組の女子達がランチ中でした。多少の場違い感に戸惑いながら、作業服姿のHは素敵なカウンター席へ案内されました。大きな開口の窓によって店内が自然光で明るく照らされ何とも良い雰囲気です。Hが今回チョイスしたのは「とちぎ和牛を使った自家製ハンバーグランチ」です。

1

最初にテーブルに置かれたのは、パプリカが散りばめられたサラダです。シャキシャキ感がよく、すぐに完食。痩せている割にHはよく食べる男子なので、優雅に食べることができず反省。

IMG_0253

次に、早々と完食したHの姿を見て、店員さんが運んできてくれたのは3種の前菜でした。ひじきのスプーン盛り、切り干し大根の小鉢、蕪のホワイトクリーム煮はガラスの器でした。よく味わおうと一呼吸置いて、左から順に食べていきました。美味しい~。最近自分の子供が離乳食になり、食材にあまり必要以上に味付けをしないことの大切さを感じていたHとしては、素材の味を生かした素晴らしい味つけに舌鼓を打ちました(先輩ありがとう)。

IMG_0254

そしていよいよメイン!

まず見た目の野菜の彩りが鮮やかで、何とも食欲をそそります。新鮮野菜って良いですよねー、歯ごたえよく調理されており美味しい。

野菜嫌いの子供がいても、これなら食べてくれるでしょう。

ハンバーグは、デミグラスソースをつけずにまず一口。ふんわり柔らかタイプを想像していましたが、肉も旨みギュッと中に詰まったタイプのハンバーグでした。「うまい!」と思わず声に出してしまい、周囲の女子に聞こえていないかドキドキしながら、さらにソースをつけて食べるため、箸でお肉を切ると、断面には透明の肉汁がほとばしります。くどくなく、ちょうど良かったです。ついうっかりバランス悪く食べ進めてしまい、ご飯が先になくなりました、、、

「困ったなー」、ふとカウンターの上をみると「ご飯おかわり無料です」の文字が!!優雅にランチを楽しむ女子の皆さんに囲まれていたことと、豚肉メニューがなかったことなどで緊張していたのか、本来なら見逃さないものを見落としておりました。当然すぐにおかわりをお願いしました。(先に触れませんでしたが、白米と十六穀米が選べて、どちらもおかわり可能なようです。)

IMG_0256

赤ワインの効いたデミグラスソースも最後の一滴まで堪能し

お店のブレンドコーヒーをゆっくり頂いて、再度来店する際は、是非職場の女子の方を連れてこようと心に誓い店を後にしました。

ところでCherish Caféさんでは土日限定で上三川町産のとちぎゆめポークを使用したメニューがあるそうです。平日も出してもらえればうれしいなぁ。

====================================

 

●○◎●○◎お店の紹介●○◎●○◎●○◎

Cherish Café(チェリッシュカフェ)

住所 下野市文教2丁目14-7

電話 0285-39-7080

ランチ  11:30~14:00

ディナー 18:00~21:00

●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


とちぎの地酒で乾杯!~日光市・渡邊佐平商店~

こんにちは、こんぺいとうです。寒い日が続いていますね。

とちぎの地酒で乾杯!ということで、今回は、休日を利用して酒蔵見学に行ってきました。

初めての酒蔵見学でどきどきです。

場所は、「清開」や「日光誉」などの日本酒で有名な「渡邊佐平商店」。

道の駅日光の目の前にあります

道の駅日光の目の前にあります

img_0089

さっそく、酒蔵見学です!

まずは、原材料の説明から。日本酒の製造工程、精米~びん詰するまでを、酒蔵内を順にまわりながら説明していただきました。

日本酒の基本知識だけでなく、健康への関わりについてや、お酒にまつわる話を広い分野で知ることができました。日本酒の雑学は、嬉し美味しい話ばかりなので、なんだか飲みたくなってきちゃいます。

ちょうど酒造期間中だったため、酒蔵内は日本酒の良~い香りに満ちていました…

日本酒を飲まない人も、飲んでみたくなるであろうこのなんとも言えぬ甘い香り。お酒好きの方は、誤ってもご自身の運転で来てはいけません。我慢できなくなります。

そ し て!最後にお待ちかね!試飲のお時間です!!

5種を試飲させていただきました! 右から ・自然醸清開 ・特別純米活性にごり酒 清開 ・純米吟醸日光誉 ・純米大吟醸清開 ・特別純米無濾過生原酒 しぼりたて清開

5種を試飲させていただきました!
右から
・自然醸清開
・特別純米活性にごり酒 清開
・純米吟醸日光誉
・純米大吟醸清開
・特別純米無濾過生原酒 しぼりたて清開

『純米酒こそ本来の地酒である』と考え、全製造量のなんと9割が純米酒なのだそうです。試飲させていただいた5種も、すべて純米酒!!なんという贅沢…!

にごり酒日光誉しぼりたて清開は、地酒という言葉にこだわりを持ち、日光産100%(とちぎ酒14、五百万石)の酒米で仕込んでいるんだとか!

風味、口当たり、味わい、それぞれ違うのに、どれも美味しい…!みんなちがって、みんないい。

%e9%85%92

個人的にヒットした、日光誉しぼりたて清開、他にサイダーバウムクーヘンを購入♪

日光酒蔵仕込み水を使用した地サイダー

日光酒蔵仕込み水を使用した地サイダー
甘さ控えめで、すっきり美味しい

酒粕と純米酒を使用した バウムクーヘン

酒粕と純米酒を使用した
バウムクーヘン
日本酒の豊かな味わいがある

夜は買ってきたものを並べてにまにま。大好きな日本酒づくしの1日で、大満足です!

*****************************************************

株式会社 渡邊佐平商店(京屋本店)
〒321-1261 栃木県日光市今市450番地
Tel.0288(21)0007
Fax.0288(21)2647
http://www.watanabesahei.co.jp/

営業時間:9:00~18:00
★酒蔵見学…9:00~16:00、完全予約制、所要時間約45分、無料
人数:10名様以上40名様以下(10名様以下でも簡単なご説明はさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。)
定休日:年末年始及びお盆その他
駐車場:大型バス1台、乗用車約10台(無料)

*****************************************************

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


那須高原のパン屋さん パン香房 ベル・フルール

 

こんにちは さくらです。

今日は那須高原の素敵なパン屋さん 「パン香房 ベル・フルール」 をご紹介します。

ベル・フルールは自然のままのおいしさを伝えるため、添加物を一切使わず、地元の那須高原産の食材をふんだんに使って、一つ一つ時間をかけて丁寧に焼き上げる優しいパン屋さんです。

%e2%98%85p1000658

 

 

 

 

 

 

パン香房ベル・フルールは絵本から飛び出てきたようなとってもかわいいお店です。

 

%e2%98%852p1000657

 

 

 

 

ベル・フルールのおすすめはオレンジやブルーベリーなどフルーツをたっぷり使ったバケットです

『楽天1位』? 気になりますね!

 

 

 

%e2%98%85p1000649

最初に目を引くのは

一番人気のパーネ・アランチャ

「アランチャ」はイタリア語で「オレンジ」

フレッシュな香りとさわやかな甘み

 

トースターで軽く温めるとオレンジの香りが一層引き立ちます。

 

 

%e2%98%852p1000643

 

 

そして・・・

地元で栽培されている新しい小麦「ゆめかおり」を使った「ルヴァン・レーズン」は一日限定10個!

ベル・フルールでは那須産ゆめかおりの全粒粉を使っているそうですが、時期によってパン生地の水加減がとても難しく、何度も試行錯誤したパンとのことでした。                       (ルヴァン・レーズン700円、ラスク400円)

 

天然酵母を使って発酵に時間がかかるので、焼き上がりは午後です!

全粒粉の独特な風味とクルミとレーズンがたっぷり

入っていて、特におすすめです!

 

%e2%98%85p1000650 %e2%98%85p1000651

生クリームたっぷりでふわふわ食パンの「清流」

食パンとフランスパンの中間の食感 「パン・ド・ミ」

風味と食感の違いを食べ比べるのが楽しい!

 

%e2%98%85p1000631%e2%98%852p1000637

オリーブオイルスプレッドやワイン、チーズなど、パンにぴったりなアイテムも豊富です

 

%e2%98%85p1000646

特におすすめは

自家製クリームチーズ!

バケットの中にもたっぷり使われていますが、贅沢にトッピングしたい一品です。

 

 

%e2%98%852p1000636

 

 

 

 

 

ふわふわのパン生地にたっぷりオニオンと那須ベーコン

 

 

%e2%98%852p1000652

 

 

 

 

ロングソーセージバケットは長さはなんと40cm!

この迫力伝わるかな~

 

 

%e2%98%85p1000632

 

 

 

可愛らしさに目を引かれる「あんバタ」

甘さ控えめのこしあんとバターの相性はもちろんバッチリ!

 

 

%e2%98%85p1000622

 

 

 

 

 

 

お店の奥にはカフェスペースもあります!

オープンデッキのテラス席はペット同伴OKです!

 

 

%e2%98%85p1000628%e2%98%852p1000640

カフェのドリンクメニューも充実しています

カフェでは焼きたての厚切りトーストとピザも食べられます!

おすすめは中はふわふわ、外カリカリの厚切りトーストとドリンクをセットで!

一緒に頼むとかなりお得です!

%e2%98%85p1000623

 

 

 

 

 

 

店員さんはとっても丁寧で、パンの特徴やおいしい食べ方などいろいろ教えてくれます。

お店には素敵な笑顔がいっぱいです!

 

おすすめの人気商品は売り切れ続出なので、電話予約がおすすめです

お店までなかなか行けな~いという方には!

インターネットでの販売も行っています

バケットの詰め合わせセットが大人気です!

 

新緑、紅葉、冬景色・・・

四季折々の那須高原の自然と一緒に、香ばしい麦の香りはいかがですか?

 

☆~☆~☆~☆~☆  お店の紹介  ☆~☆~☆~☆~☆~☆

パン香房 ベル・フルール

住所 栃木県那須郡那須町湯本494-15 電話 TEL. 0287-76-7008

営業時間 AM9:00~PM5:00 (売切れ時終了)

定休日 毎週木曜 (祝日の場合は営業)  8月は無休

※営業時間、定休日は変更になる場合があります

ホームページ http://www.gioiamia.jp/index.html

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

 

 

 

 


珍しい、けれど美味しいおそばのプリンが誕生しました!!

こんにちは。SOBAKOです。

おそばに関する食べ物を紹介しようと思います。
でも今回は、麺ではありませんよ~~(・o・)

紹介する食べ物は、プリンです!
この秋に新発売となったものですが、
なんと、原材料にそば粉が使用されている、その名も『日光蕎麦プリン』です!!

 

ビンに入っています!
普段ス-パーマーケットなどで手に入るプリンとはちょっと違う雰囲気がありますね!
包装も手作り感があっていい感じ!!(^_^)

ふたを開けると・・・

 

色が、なんとなくお蕎麦の麺の色をしていますね~
そして、写真ではわかりませんけど、
このプリンは牛乳をベースにしたものですが、焙煎したそば粉を混ぜてあるため、お蕎麦の香りがほんのり匂います!(^_^)

それでは、食べてみましょう!


う~~ん、これは美味しい!
控えめな甘さの中、お蕎麦の味がします!
お蕎麦が大好きなSOBAKOには、超ウマウマで、思わずニッコリ!(*^_^*)

さて、いったいどこで手に入るかというと、今現在は、販売会社である㈱米山そば工業の直売店と道の駅日光 ニコニコ本陣で販売されています。
まちの駅 新・鹿沼宿での販売に向けて準備中らしいですが、できれば、鹿沼市や日光市以外でも販売されるといいですね。(^_^)v

 

☆~☆~☆~☆~☆ お店の紹介 ☆~☆~☆~☆~☆

米山そば工業株式会社(直売店 そば問屋治平庵)%e7%b1%b3%e5%b1%b1%e3%81%9d%e3%81%b0%e5%b7%a5%e6%a5%ad%e5%ba%97%e3%80%80%e3%80%80sa3e8-jihe01
住 所   栃木県鹿沼市武子1900-5
電 話   0289-65-3531
営業時間 9時から17時
定休日   日曜祭日
HPアドレス  http://www.yonesoba.com/

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください


ホンモロコ(御前岩物産センター 那珂川町)

こんにちは。G.G.です。

今回は最近栃木県で生産が増えてきている「ホンモロコ」を食べに「御前岩物産センター」に行ってきましたので、その報告をさせていただきます。

%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%ad%e3%82%b3%ef%bc%92

「ホンモロコ」はG.G.の故郷の親父がたまに利根川で大量に釣って、から揚げにしてくれました。釣り人のみが食べる魚だと思っていたんですが、店長さんの話では、「ホンモロコ」は馬頭高校水産科と地元の農家の方が協力して、那珂川町で生産が広がっているそうです。海無し県の水産物の名産物の地位を確立しつつあります。

店の真ん中には薪ストーブがおいてあり、店全体がポカポカでした。

%e8%96%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%96

早速、目当ての「ホンモロコ」のから揚げ、てんぷら、素揚げのセットとナマズのから揚げ、ざるそばを注文しました。

%e5%94%90%e6%8f%9a%e3%81%92%e3%81%a8%e3%81%8b

茶色いのが唐揚げ

白いのが天ぷら

魚の形がわかりやすいのが、素揚げです。

小さな魚なので、頭からしっぽまで全部、ポン酢と醤油おいしくいただきました。

%e3%83%8a%e3%83%9e%e3%82%ba%e5%94%90%e6%8f%9a%e3%81%92

ナマズの唐揚げも、醤油とポン酢で頂きました。

ナマズは泥臭い魚のイメージでしたが、さっぱりとした味でした。

%e3%81%96%e3%82%8b%e3%81%9d%e3%81%b0

 

珍しい三角のざるにのっているざるそば。

ホンモロコとナマズも食べたので、おなかいっぱいです。

%e6%b5%b7%e8%b3%8a%e8%88%b9

ところで、店の中にはとちぎ未来大使のウチダトモヒロさん率いる「子育て応援団 歌う海賊団」が訪れた記念に作ったダンボール製の海賊船がありました。待ち時間の間うちの息子は海賊船で、何かと戦っていました。

 

☆★※☆★※☆★※☆★※☆★※☆★※☆★※

お食事・お土産処「御前岩物産センター

那須郡那珂川町大山田下郷2766

TEL: 0287-93-0680

営業時間:午前9時~午後4時まで

定休日:元日のみ 年中無休

座席数:座敷2部屋 60名 椅子席 30名

☆★※☆★※☆★※☆★※☆★※☆★※☆★※

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


東武日光駅前のいちご特設ブース“Tochigi Farm Products Store”に日光産とちおとめが登場しています

こんにちは、さとやまです。
栃木県では、訪日外国人にいちごを中心とした農産物及び6次産業化商品の魅力を伝えるために、日光の東武日光駅前において、いちご特設ブース-Tochigi Farm Products Store-を6月1日から設置しています。12月から日光市にある渡辺農園さんのとちおとめが登場しているということで、渡辺農園さんを訪ねてみました。

渡辺農園さんの周辺はいわゆる「里山」で、田畑もとてもきれいに管理されております。渡辺農園さんのいちごハウスからは男体山が見えました。

 

cimg1575

 

 

 

 

 

 

 

ハウス内はとてもきれいに管理されております。とちおとめの実がこれからどんどんなっていくところです。

 

cimg1573

 

 

 

 

 

 

 

収穫したてのとちおとめTochigi Farm Products Storeに直接搬入しています。

 

cimg1580

 

 

 

 

 

 

 

Tochigi Farm Products Storeでは、ご来店いただいた皆様に、いちごの試食を実施しています。また、渡辺農園さんの「とちおとめジェラート」&「とちおとめジャム」をはじめ、県内各地の6次産業化商品を販売しております。ぜひ日光にお越しになられた際は、是非お立ち寄りください。

 

 

cimg1612

 

 

 

 

 

 

 

Tochigi Farm Products Store
住所:日光市松原町10-6(東光物産の店頭)
時間:10:00~17:00
定休日:火曜日

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください