〈テイクアウト〉 大田原市にあるカフェ「グリーンマーガレット」

※県では、職員が率先してテイクアウトやデリバリーを利用するとともに、市町や関係団体への呼びかけを行い、飲食店や「食」を支える事業者、生産者を応援します。 県民の皆様におかれましても、本運動に御賛同いただき、地域の飲食店のテイクアウトやデリバリーを積極的に御利用くださいますようお願いします。https://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/takeout_delivery.html
※外出時は、マスクの着用、3密の回避や手洗いなど、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底をお願いします。

目次(ページ内リンク)
初めに
料理紹介
最後に
住所など

初めに

はじめまして、こんにちは、けーまーです。
今回、私が紹介するテイクアウトができるお店は、大田原市にある「グリーンマーガレット」というカフェです。
スープを含め、その日のメニュー一式をテイクアウトで楽しむことができます。

入口周辺。写真が下手でわかりにくいですが、(当たり前ですが)きちんと道はあります。
右下の看板(?)には、その日のメニューが書いてあります。
アニメなどでしか見たことなかったのですが、よくあるものなのでしょうか?


このお店の売りの一つは、大田原の旬の野菜を使った料理を提供しているというところです。
お店の方が大田原出身で、帰郷した時に食べた大田原の野菜とお米がとてもおいしかったため、このような方向性でやっているとのことです。

地元から離れることで、そこの良さを見つけられるというのは、とても素晴らしいことだと思います。
同じような経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。
ちなみに、私は、ずっと地元のため経験ありません…。

(私が気づいていないだけかもしれませんが)駐車場はあまり広くなく、車4~5台くらいで一杯になりそうなので、歩いて行ける方はそのほうが良いかもしれませんね。

早速ですが、ランチメニューとバスクチーズケーキを買ってきました。
価格は、合計で1,700円くらいでした。(ランチメニューだけだと1,200円くらいだったと思います。)

メニューを見て、サルモレホ?トルティージャ?一体何者?と思いました(写真では読めないですね…)。
さらに言うと、ライ麦パンも生ハムもハーブもほとんど食べたことないので、
ポテトサラダ以外馴染みがないのですが、私だけだったりします?


テイクアウトは、上の写真のような状態で受け取ります。
エコバッグを持参できると良いですね。
それでは、開けていきましょう!

左     :サルモレホ
右(箱の中):玄米サラダ(左上)、ライ麦パン&生ハム(右上)、ポテトサラダ(左下)
       トルティージャ(右下)
バスクチーズケーキは後程。決して、一緒に撮るのを忘れたとかではありません。わ、わざとですよ?

すごくおいしそうですよね。
落ち着いたら、是非お店で食べたいですね!

初めに、料理全体に共通する特徴ですが、調味料による味付けが最低限です。
つまり、素材の味を活かした料理となっています。
しかし、味が薄いと感じることもなく、野菜の美味しさを改めて認識することができました。

「もともと十分に美味しいので、極力シンプルに、お気に入りの調味料やスパイス、ハーブなどでアクセントをつけるようにしています。いつも美味しい野菜に助けられています!」と、お店の方は、おっしゃっていました。

私がいただいた料理について、それぞれ少しずつご紹介していきます!

グリーンマーガレット様のメインの料理である、野菜を使ったスープから始めます。

サルモレホ
(スペイン・コルドバの冷製トマトスープ)

一口食べた時点での感想としては、味だけで言えばほぼおいしいトマトです。

 実際には、味付けもされていて、とても濃厚で美味しいトマトの味を、より美味しく味わうことができる一品です。

ごほうびトマト」という大田原市両郷地区で作られているトマトを使っているそうです。
「ご褒美」ではなく「五峰美」らしい?どちらも含んでいるのでしょうか。

アスパラガスとハーブの玄米サラダ

ハーブはローズマリーなどでしょうか?
なんにせよ、とても良い香りです。

味については、ちょうどよい酸味のドレッシングで美味しいです。

様々な食感が楽しめるのもよかったです。
すごく健康に良さそうです。語彙が…

ライ麦パンと生ハム

ライ麦パンは、単体でも生ハムと一緒でも美味しいのですが、サルモレホやサラダと一緒に食べてもとても美味しいです。
邪道でしょうか…?

ポテトサラダ

写真でもわかるかもしれませんが、ペースト状になっておらず、素材の食感を感じられるところが、とても気に入っています。

また、ハーブとオリーブが入っておりとても良い香りがします。ポテトサラダにおしゃれを感じることがあるとは思っていなかったです。

ツナとタマネギのトルティージャ

とても優しい味です。

もう少し細かく述べると、タマネギのほのかな甘み、ツナのほのかな塩味と卵の味で、味のほとんどが構成されているように感じました。

これで美味しいと感じさせてくるの、凄くないですか?

バスクチーズケーキ

上品な甘さ、チーズの香りとほのかな酸味、焦げの香ばしさとほろ苦さでとても美味しいです。また、甘すぎず、とても食べやすかったです。

〈余談〉
恋はよく甘酸っぱいと表現されますね。時には、苦いこともあるかもしれません。焦がれるものでもありますね。
バスクチーズケーキも甘酸っぱく、苦く、焦げています。
つまり、バスクチーズケーキ=恋…ってコト!?
というのは冗談ですが、甘酸っぱいのと焦げ(ほろ苦さ)というのは、実はとても相性が良いのかもしれませんね

お菓子は、バスクチーズケーキ以外にも、パイナップルパウンド、レモンパウンド、アップルパイがありました。
どれも美味しそうでしたので全部食べてみたいです!
お菓子だけでもテイクアウトできるそうですが、お菓子屋ではないので数はあまりありませんとのことでした。

どうしても食器の紹介をしたかったのでします。

なぜか?
とても可愛いと思ったからです。
ファンシーな作品に出てきそうじゃないですか?

インテリアにもできるのではないかと思っています。
どなたか、ぜひ、よろしくお願いします。
私に知る術はないですが…

最後に

グリーンマーガレットさんのメニューは、週替わりのようなので、私が紹介したメニューとは内容が変わっているはずです(同じである可能性もありますが)。
じゃあ、今のメニューはどんなものなの?と、思われますよね?

グリーンマーガレットさんは、メニューなどをInstagram、Facebookに投稿しているので、行ってみたい方は是非、下記のリンクからチェックしてみてください。
Instagram     Facebook  (外部リンク)

それらのSNSをやっていない方、安心してください。
Googleで検索していただくと、そちらでもメニューの投稿はされているので、そこで確認ができます。
また、そこからメッセージ機能を利用して質問などもできるようになっています。

それでは、皆様、暑さに気を付けながら、おいしいものを食べて、ストレスを軽減しながら家での生活も楽しんでいきましょう。

〈データ〉

グリーンマーガレット
大田原市中央2丁目16-10
TEL:0287-27-3883
Instagram:https://www.instagram.com/greenmargaret2019/?hl=ja
Facebook:https://m.facebook.com/pages/category/Coffee-Shop/greenmargaret2019/posts/?locale2=ja_JP
営業時間:11:30~15:00
定休日:月曜日、火曜日、金曜日(SNS、Googleで要確認)

※ メニューや価格等については、ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

目次へ


栃木県産の梨でシャリシャリ✨シャーベットを作ろう!!

こんにちは!!”となのな”です!!

今回は栃木県産の梨(幸水)でシャーベットを作ります♪

梨はそのまま食べてもシャリシャリ触感でおいしいですが、簡単アレンジでまた違った楽しみ方ができます!

材料は、たったの3つです!

★材料★

○梨 1個 ※今回は栃木県産の幸水梨を使用しました!他の品種でもOKです

○はちみつ 大さじ2

○りんご酢(またはレモン汁) 大さじ1

★作り方★

①梨をくし切りに切ります

②梨をすりおろします

③すりおろした梨に、はちみつ大さじ2、りんご酢(レモン汁)大さじ1を加えて混ぜます

④十分に混ぜ終わったら、平らなバットに流しいれて、冷凍庫で凍らせます

⑤ある程度凍ってきたら、1回冷凍庫から出して、もう一度混ぜます。混ぜ終わったら、再度冷凍庫に入れて凍らせます

⑥十分に固まったら、器に盛りつけて完成です!

スッキリ、さわやか!梨のシャリシャリ感とひんやり感で暑さも安らぎます♪

ぜひ、梨の季節に作ってみてください(^^

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


「冷た~い「いちごスムージー」で暑い夏を乗り切ろう!!(大田原市)」

こんにちは、いとよっちです。

毎日毎日暑くてだるくて食欲もわかない・・・なんて日々を乗り切るため冷たい「いちごスムージー」の提案です!

用意したのは「冷凍いちご」と「飲むヨーグルト」です。

冷凍いちごは大田原市のミルキーベリーガーデン産。ミルキーベリーガーデンでは、今年からスムージーやジャム用の冷凍いちごの販売を開始しました。

朝取りしたいちごをすぐに洗って殺菌し、急速冷凍を行うことで、いちごの栄養分を逃さずに閉じ込めてあります!

今回はシンプルに、いちごに飲むヨーグルトを加えた「濃いいちごスムージー」を小学生の子供と作ってみました。

レシピ: 

冷凍いちご   100g

飲むヨーグルト 150ml

(お好みでハチミツ10~20g)

いちごと飲むヨーグルトを量って、

10秒程度ミキサーにかけるだけで・・・、おいしいスムージーの完成です!

氷を入れるとさらに涼しい見た目になります!

ミルキーベリーガーデンの冷凍いちごは、粒が揃っているのでミキサーで加工しやすく、かつ完熟なので赤みが強く、きれいな色のスムージーが作れました!

爽やかな酸味と甘味が感じられて、とってもおいしいです!!

子供たちが争って飲んでいました。

とっても簡単に作れますので、夏休みのおうち時間にぜひどうぞ!!

冷凍いちごは、ネット通販サイト(https://milkyberry.thebase.in/)の他、TOKOTOKOマルシェ、道の駅那須の与一の郷でも購入できます!

また、大田原市のふるさと納税返礼品にも採用されています。

サイトでは、「いちごバナナスムージー」、「ベリースムージー」など、様々なレシピも公開されています!

いちごにはビタミンCが62mg/100g含まれており、レモン果汁(50mg/100g)よりも多く含まれています(日本食品標準成分表より)。

ビタミンCは老化防止や美肌・美白に効果があるとも言われています。そしてビタミンCは水溶性のため、体内に貯めておくことができません。毎日取ることが大切です。

これを機会に、毎日いちごスムージーを飲んで、美容と健康を手に入れましょう。

〈データ〉

ミルキーベリーガーデン 冷凍いちご 「とちおとめフレッシュフローズン」

販売先:ネット通販サイト(https://milkyberry.thebase.in/

    TOKOTOKOマルシェ(TOKOTOKO大田原内)(大田原市中央 1-3-15)

    道の駅那須の与一の郷(大田原市金丸 1584-6)

株式会社 ミルキーベリーガーデン

住所:大田原市黒羽向町 1056-1

TEL:0287-47-4115

ホームページ:(http://www.milkyberrygarden.co.jp/

e-mail:info@milkyberrygarden.co.jp

※ メニューや価格等については、ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


佐野mammy’s soupでテイクアウト!彩り満点ヘルシーお弁当🍱【KOME-REVO】お米レボリューションVol.5

 現在栃木県では、「5(ご)と8(はん)のつく日は1日3食お米を食べよう」を合言葉とした「栃木県民ごはんの日プロジェクト」と、コロナ禍における県内飲食店を支援する「食のテイクアウト&デリバリー応援運動」を展開しています。

お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

 こんにちは。マルコです。 
 今回は職場のみんなで佐野市田沼町にある【mammy’s soup(マミーズスープ)】でお弁当をテイクアウトしましたので紹介します(^^)
 お弁当は、「ヘルシー弁当」を注文しました!

 彩りのあるかわいい見た目で、揚げ物がなく名前のとおり、ヘルシーなお弁当でした✨
 一品一品が少ない量なので、たくさんのおかずが色々食べられるため、特に女性の評判が高かったです(^^)
 写真の中央にあるコテージパイは、パイ生地のマッシュポテトと牛肉で作られるイギリスのミートパイです。初めて食べましたが、じゃがいもがなめらかでおいしかったです。使用された「じゃがいも」は佐野市で作られました。

 「じゃがいも」のほかに、黒米入りごはんのお米は佐野市産の「コシヒカリ」、手ごねハンバーグに使用される「たまねぎ」、グリルの「ズッキーニ」は佐野市で作られました。
 黒米入りごはんの「コシヒカリ」は、佐野市閑馬町の契約農家さんから玄米を仕入れ、少量ずつ精米するそうで、新鮮なお米のおいしさを楽しめることができます✨

 彩り満点のヘルシー弁当、是非ご賞味ください!

【mammy’s soup(マミーズスープ)】
住所:栃木県佐野市田沼町566-5
TEL:0283-55-5655
営業時間:11:30~14:00 / 16:00~18:30 
定休日:日曜、第二・第四週の月曜日

※ メニューや価格等については、ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


栃木県はかんぴょう生産日本一!長いかんぴょう巻きに挑戦!!【KOME-REVO】“お米レボリューション”シリーズ VOL.3

お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

こんにちは! Smile!!です。

毎月「5(ご)」と「8(はん)」のつく日は栃木県民ごはんの日!!
ぐずついた天気の週末、ごはん料理に挑戦です。

皆さんご存じのとおり、栃木県は、かんぴょう生産日本一!!

そんな栃木県に生まれ育ったにも関わらず、かんぴょう巻きをいちから手づくりしたことがないことに気づき、作ってみることにしました。

どうせなら、長~いかんぴょう巻きを作って子どもを驚かせたい!!
ということで、長いかんぴょう巻きに挑戦してみました。

まずは、かんぴょうを煮ます。
今日使用するかんぴょうはもちろん栃木県産‼ 干物で20gです。

かんぴょうを水で洗い、塩でよく揉みます。
その後もう一度水でよく洗います。

沸騰したお湯に入れて約15分間茹でます。
すると約7倍に膨らみます。

ザルに広げて粗熱を取ります。

次に煮汁を作ります。
水100mlにしょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、砂糖大さじ2を入れ煮立たせます。

そこにかんぴょうを入れ、10分ほど煮含め、
その後、煮汁が少なくなるまで煮詰めたらバットに入れて冷まします。

これでかんぴょうが煮えました。
とても簡単でした。なんだかとても美味しそうです。

次に細巻きの準備です。

すし飯を準備します。
お米も、もちろん栃木県産です。今回は「こしひかり」を使いました。
今回は市販のすし酢を使い、すし飯を約800g(約2合半)作りました。

テーブルいっぱいにラップを敷きます。
(本来はすのこを使用して巻きますが、長~いかんぴょう巻きをつくるにはラップが最適です。)

そこに海苔を並べます。
今回使用したのは、手巻き用に市販されている海苔で、板海苔を半分に切ってあるものです。
板海苔を使用する場合、半分に切りますが、縦と横の長さがわずかに異なるので、気を付けましょう。
海苔には表と裏があり、裏側のざらざらしている方にご飯を載せます。

海苔同士を3~4㎝ほど重ねます。

今回は10枚並べました。
板海苔の幅が約17センチでしたので約170センチ位ですね。

ここにすし飯を置いていきます。
一枚の海苔に約60~70g程度が適切です。
だいたい子供のお茶碗で半分位です。(私は80gで試しましたが少し多すぎました)
置き方としては、
一枚分のごはんを細長く成形し、海苔の上のほうに置きます。
(この時に上部を1.5㎝ほど空けます)
海苔の幅いっぱいに広げたら、下に薄く広げていき均一に敷き詰めます。

ここは、地道にすし飯を広げていきます。
もう一つのポイントは重ねた海苔がずれないよう気を付けることです。

無事に広がりました。

ここでようやくかんぴょうの出番です。
かんぴょうの汁をよく切りましょう。
少しねじって海苔巻きの芯となるようにしましょう

並べました。

ここからいよいよ巻いていきます。
子供たちも参加します。
人数が多ければせーので巻けると思いますが、端から少しずつ巻いてきます。
海苔の端(一番手前の部分)を海苔の上部のごはんの敷いてあるところに向かって巻きます。
海苔とラップを一緒にもって、具のかんぴょうを指で押さえると巻きやすいです。
上部の余白はのりしろならぬ、海苔しろです。

巻けました!!
長い!!

長さを図ると145㎝でした。ごはんを敷き詰めている時に海苔の重なりが増えたのでしょう。
初めてにしてはうまく巻けました。達成感があります。

小学1年生の息子と比べても、かんぴょう巻きの方が長いです。

食べるときは、「お客さんどれくらいにしますか?」なんてやり取りをしながらキッチンハサミで切って食べました。

インパクトのある見た目とさっぱりとした酢飯、甘いかんぴょうの味付けのおかげで、子ども達ももりもりと食べてくれました。

栃木県産のかんぴょうは肉厚で、存在感抜群です。
噛み応えがありますので、小さなお子さんやお年寄りの方は、小さく切ってよく噛んで食べましょう。

衛生面にも気を付けました。
今回は、食品用の使い捨て手袋をはめて調理しました。

おうち時間にお子さんと長~いかんぴょう巻き挑戦してみてはいかがでしょうか。

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


GAPでギャップ萌え~(スズテック・宇都宮市)

こんにちは、べジフルです。
栃木県宇都宮市の、工業団地のど真ん中で“豆苗”が栽培されていると聞き、興味津々行ってきました!

豆苗

作っているのは水稲用播種機の国内シェアナンバーワンのSUZUTEC(スズテック)さん。
我々の業界では知らない人はいない、農業用機器の開発製造の会社です。

こーゆー機械を作っている

機械メーカーが豆苗栽培とは、なんともギャップ萌えです。

作り方を伺うと、まるで水稲の育苗!さすが水稲用播種機国内シェアナンバーワン。

種

乾燥したエンドウ豆を水に一日浸して、育苗箱に種をたっぷり播きます。
そして、催芽機で芽を出す。

芽が出たらハウスの中に広げます。

遠目でみると、水稲(ちょっと厚播き)に見えてくる。

近くでみると、白い芽が萌え~。

一日経つと、芽が緑色になってくる!

その次の日には、もうこんなにみっしり。

ここまで育てば、出荷です。
こちらの豆苗の特徴は、「若摘み」。
芽からやっと葉っぱが出てきた所を、カットして収穫します。
若摘みなので、葉っぱも茎も柔らかい。

なんとこちらの豆苗栽培施設は「JGAP」の認証を令和2年11月に取得しているのです。
JGAPとはJapan Good Agricultural Practice(農業生産工程管理)の略。直訳すると“日本の、良い、農業の、やり方”。こっちのがわかりやすい。
認証をうけるには、食品安全・労働安全・環境保全・人権福祉(!)など持続可能な農場経営への取組みに関するチェック項目をクリアしなければなりません。100を超えるチェック項目は、「水の安全性」や「トレーサビリティ」から、「差別の禁止」まで、多岐にわたります。

これぞ、まさにギャップ萌え(GAP認証施設で萌えた豆苗です)。

光輝くJGAP認定証。

ではいよいよ、持続可能な農場経営で生産された豆苗、美味しくいただこうではないですか。
まずは定番の中華いためオイスターソース味。写真とるのでいつもよりエビは多めに入れています。

続きまして、生でもいけるというので、さっと洗ってサラダに。

さっと茹でて冷しゃぶにもぴったり。緑の彩りも、シャキシャキした食感もぴったり。

卵焼きに混ぜると色がキレイ。お弁当にいいかも。

中華スープの素で卵スープ。最後にざばっと豆苗入れるだけで野菜たっぷりスープに変身。

オススメは豆苗のペペロンチーノということで作って見ました!
ベーコンとニンニクをソテーして、最後に豆苗を投入!

こちらの豆苗はカットした状態で袋に入っているので、さっと洗えばすぐ料理できるし、ゴミも出ない!忙しいけど、野菜はしっかり摂りたいあなたにオススメです。

【おまけ】
パッケージには栃木県元気ニコニコ室のとちまるくんのイラストが!
実はこちらの施設、とちぎGAP認証も取得しているんです。

とちぎGAPとは?

栄養たっぷりの若摘み豆苗を食べて、とちまるくんみたいに“元気にこにこ”を目指そう♪

【購入できる場所】
あぜみち(駅東店、上戸祭店、滝の原店)
FKD(宇都宮店、インターパーク店)
オータニ(取扱いの無い店舗も一部あります)

【株式会社スズテック】

住所:栃木県宇都宮市平出工業団地44-3
電話:028-664-1111
URL :https://www.suzutec.co.jp/

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


足利市の「北の郷農産物直売所」でテイクアウト!地元食材をたくさん使用したスペシャルお弁当🌺

 現在栃木県では、「5(ご)と8(はん)のつく日は1日3食お米を食べよう」を合言葉とした「栃木県民ごはんの日プロジェクト」と、コロナ禍における県内飲食店を支援する「食のテイクアウト&デリバリー応援運動」を展開しています。

 こんにちは。マルコです。 
 今回は、職場で足利市樺崎町にある「北の郷農産物直売所」でお弁当をテイクアウトしましたので紹介します。

 お弁当の種類は、名物のソースカツ丼を始め、野菜天丼、デザートはシフォンケーキがあります。また、事前に相談すればお弁当の中身はリクエスト出来るそうです。

 今回は、「地元食材をたくさん使ってください!」とお願いしてスペシャルなお弁当を作っていただきました。

 ヒレカツは名物のソースカツ丼のカツとのことで、柔らかくておいしかったです。
 「足利市産のマール牛」を使用したマール牛しぐれ煮は味がしみていてごはんによく合う味付けになっていました。
 見た目もよく、彩りがきれいで食べるのが楽しいお弁当でした(^^)

 また、【北の郷農産物直売所】さんからお弁当をいただき、読んでみると、

 足利市産のマール牛のほかに、12品中9品も足利市産の食材が使用されていました!その中でもポテトサラダの「ジャガイモ」、煮物の「ふき」など5品は地元北郷産の食材を使っています。

 味もおいしく、見た目もボリューミーな大満足のお弁当でした✨

【北の郷農産物直売所】
住所:栃木県足利市樺崎町611-3
TEL:0284-41-4293
営業時間:8:00~16:00
定休日:月曜日  ※ 定休日が祝日の場合は営業
         ※ 祝日営業の場合は翌日休み

※ メニューや価格等については、ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


おうちで簡単♪いちごアメをつくろう✨

こんにちは!”となのな”です!

今回は、おうちで簡単にできるスイーツ、「いちごアメ」を作ろうと思います!

私は栃木県産「とちおとめ」を使用します!

★材料★

○いちご 適量

○砂糖 100g(今回はきび砂糖で紹介しますが、上白糖でも可です)

○水  25mL

○竹串(またはつまようじ) 数本

★作り方★

①いちごをよく水で洗います

②キッチンペーパーなどでいちごについた水気をふきとります。

③いちごのへたをとります。フォークをへた部分にさしてくるっと回すとキレイにとれます!

⑤いちごに竹串(またはつまようじ)をさします

⑥竹串をさした後に、もう一度いちごの水分をよくふきとります。

⑦クッキングシートの上にいちごを並べておきます。

⑧なべに砂糖100g、水25mL入れてよくかきまぜます

⑨均一に混ざったら、弱火で熱します。

2~3分すると外側から気泡が出てきます。火にかけたら混ぜないようにしましょう。

⑩気泡が全体に回り、透明度が高くなるまで熱します。一度、いちごのついていない竹串を砂糖水につけてみて、常温で固まるようであれば準備OKです!

⑪いちごの表面に熱した砂糖水がつくように回しながらつけていきます※やけどしないように注意しましょう

⑫いちごの表面全体に砂糖水をつけたら、クッキングシートの上に置き、固まるまで常温で置いておきます

⑬表面が固まったら完成です!!

外はカリカリ、中はジューシー!おうちでお祭り気分を味わえます♪

ぜひ、おうちで作ってみてください😊

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


簡単お米のスイーツ!ライスプディングを作ろう♪【KOME-REVO】“お米レボリューション”シリーズ VOL.2

お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

こんにちは!”となのな”です!

今回は簡単に作れるお米のスイーツ、「ライスプディング」を作ります!

ライスプディングは日本ではあまりなじみがありませんが、イギリスやドイツなどのヨーロッパや、インド、北欧諸国で親しまれているスイーツです。おうちで異国のスイーツを堪能しましょう♪

今回は、栃木県産「あさひの夢」を使用します!この品種はさっぱりした味わいが特徴です!

★材料★

○お米 100g

○水  100mL

○牛乳 450mL

○練乳(または砂糖)50g

○シナモン 適量

★作り方★

①お米を軽く水でときます。

                     
②といだお米に水100mLを加えて、中火で焦げないように混ぜながら熱します。水分を十分吸って来たら一度火を止めます。

③次に、牛乳450mL、練乳(または砂糖)50gを入れて、弱火で20分程度混ぜながら熱します。

お米の芯まで火がとおり、とろとろになるまで混ぜます

④十分に火がとおり、とろとろになったら、器に盛りつけ冷やします。

⑤固まったら器からお皿に移して盛り付ければ完成です✨

お米のもちもち食感と、ミルクとシナモンの風味が絶妙のハーモニーです!まさに異国の味!

ぜひ、おうちで一度作ってご賞味ください♪

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


新食感「ツナチーズリゾット」を作ろう!【KOME-REVO】“お米レボリューション”シリーズ VOL.1

皆さん、長く続く「巣ごもり生活」で、毎日の食事に飽きちゃったりしていませんか?
テイクアウトでプチ贅沢もいいけれど、ちょっとお財布やカロリーが心配。
でも、ご飯を炊くのも面倒だし、メニューもマンネリで食欲が湧かないし。
米びつのお米がなかなか減らない、、、。
でも、お米は日本人のソウルフード。健康にも良いのです。お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

第1回の今回は、お手軽レシピをご紹介します。
火を使わずに、電子レンジだけで調理できちゃう「ツナチーズゾット」

まるで洋食のような食感が新鮮!
隠し味は「黒コショウ」と「オリーブオイル!」(又はごま油)
ちなみに、使うお米は、しっかりした食感が特徴の「とちぎの星」(栃木県オリジナル品種)です!

[材料(3人分)]
米:1合(今回は「とちぎの星」)
鶏がらスープの素:大さじ1杯
めんつゆ:大さじ1杯
ツナ缶詰:1つ(サケフレークなどでも大丈夫)
水:460~480ml(お好みで加減)
チーズ:ピザ用など溶かして使うもの(適量)
添える野菜:今回はブロッコリー(ゆで)
その他:黒コショウ、ごま油(またはオリーブオイル)

[作り方]

耐熱ボウル(電子レンジOK)の大きめものに、「米」(研いだもの又は無洗米)「鶏がらスープの素」「めんつゆ」「ツナ缶」「水」を一度に全部入れちゃいます。かき混ぜます。

次に、ラップをかけて電子レンジでチン。600Wなら15~17分(私はちょっと固めが好みなので15分)。
ポイントはラップで密封せずに、2か所ほど、数センチ開けておきます。

温め終わったらチーズを入れてかき混ぜる!(チーズがじんわり溶けていきます♪)

盛り付けてから黒コショウを振って、オリーブオイル(または、ごま油)で風味付け。
野菜を添えて出来上がり!

うーん、プチプチした食感。いつもの炊いたご飯とは全く別モノ
黒コショウと油の風味がなかなか良い! くせになりそう!

週末のお昼ご飯が、手軽にお洒落になるかも!
久しぶりに「彦音色」がお届けしました。

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。