栄養たっぷりヤシオマス

宇都宮市内の某中学校の生徒2名が社会体験学習のため県庁にやって来ました。
体験の一環として、県産農産物を活用した料理を提供する地産地消推進店の取材及び紹介記事の執筆をしましたのでご覧ください。

まずは一人目のふぉーるさんです。

こんにちは、ふぉーるです。
栃木県庁の最上階にレストランがあると聞いてやってきました。
最上階というだけあって景色もきれいです。宇都宮市内が見渡せて二荒山神社や宇都宮市役所などが見えます。
僕が行ったのは昼間でしたが、夜に行っても夜景が楽しめそうです。
こちらのレストランは地産地消推進店になっていて、地元の食材を楽しめます。
うどんや肉とメニューも多くて何を食べようか悩みました。

 

そして僕が頼んだのはヤシオマスの三色丼。
ヤシオマスを食べるのは初めてでした。
ヤシオマスは色や味もサーモンに似ていましたが、サーモンよりも弾力があって醤油との相性も抜群でとてもおいしかったです。


海なし県にもこんなにおいしい魚がいるとは知りませんでした。
また一緒に出てきた味噌汁なども地元の味を感じられておいしかったです。
地産地消は新鮮でおすすめです。




 

地産地消で景色も楽しめる、行ったことない方はぜひ行ってみてください。

 

ダイニング十五家

所在地:宇都宮市塙田1丁目1-20 栃木県庁本館15階
電 話:028-643-1058
営業時間:
ランチ  月~日 11:00~15:00(L.O 14:00)
ディナー 月~木 17:00~20:00(L.O 19:00)
     金・土 17:00~21:00(L.O 20:00)
定休日:栃木県庁本庁舎閉館日
URL:http://www.eatland.co.jp/jyugoya/

※ メニューや価格等については、ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」、「栃木県農政部YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UC_n6O_1lDJ7RyQIPVYYdSrQ)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

外出時は、マスクの着用、3密の回避や手洗いなど、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底をお願いします。


超簡単!イチゴでサンタを作ってみました

こんにちはべジフルです。

とちぎと言えばイチゴ!なんと昭和43年から半世紀以上にわたり生産量日本一!
そこでクリスマスにぴったりの「イチゴのサンタ(ちょっとブサイク)」を作ってみました。

カステラとイチゴサンタ

作り方は超簡単。
まず、スーパーでホイップクリームを買ってきます。
そして封を開けて、プラスチック製の口金を取り出し、ギザギザの部分をキッチンばさみでバッサリ切ります。これでクリームがまあるく出ます。

加工前の口金

加工前の口金

加工後の口金

ギザギザの部分を切り取った口金

イチゴはヘタと、てっぺんの帽子になる部分を切ります。

いちご

きれいな形のイチゴ

こう切る

イチゴをこう切る

そしてホイップクリームを載せて、帽子で押さえる。

クリームを載せて

クリームを載せて

帽子でおさえる

帽子でおさえる

チョコスプレーで目と口をつける

チョコスプレーで顔を作る

チョコスプレーで目と口をつけたら完成。
ちなみに、目はチョコスプレーを刺すとちょうど良く、
口は短めのチョコスプレーを選んでくっつければOK。

ロールケーキとイチゴサンタ

ロールケーキとイチゴサンタ

今の季節、百円ショップでパウダーシュガー、アラザンなどいろいろ売っているので、楽しく飾り付けるのもオススメ。カステラ、ロールケーキの上に乗せてあげると良い感じです。

【おまけ】

プリンとイチゴサンタ

プリンとイチゴサンタ

プリンの上は不安定なのでオススメしかねます。

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


「chitoka」自家製の小麦と野菜。姉妹2人のキッチンカー。@大田原市(はちまるBioマルシェ)

※県では、職員が率先してテイクアウトやデリバリーを利用するとともに、市町や関係団体への呼びかけを行い、飲食店や「食」を支える事業者、生産者を応援します。 県民の皆様におかれましても、本運動に御賛同いただき、地域の飲食店のテイクアウトやデリバリーを積極的に御利用くださいますようお願いします。https://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/takeout_delivery.html
※外出時は、マスクの着用、3密の回避や手洗いなど、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底をお願いします。

こんにちは、お久しぶりです!にこです!ラブラドールレトリーバーの女の子なんです!

今日は、飼い主のひろとおおたわら発のオーガニックマルシェ「はちまるBioマルシェ」に来ています。
大田原市を中心とする県北エリアで有機農業に取り組む農家やその仲間たちが集まってるんだよ!
いま、有機農業は世界や日本でも注目を集めていて、栃木県でも「エコ農業とちぎ(リンク先:フェイスブック)」っていう取組をしているんだって!!
(飼い主)<にこは賢いなぁ。)

今日のお目当ては「chitoka」さんの自家製トルティーヤのラップサンド!
chitokaさんは姉妹2人で手作りのラップサンドやドリンクをキッチンカーで販売していて、提供される料理はどれも実家の新鮮な野菜と小麦粉、それに地元の食材を使っているんだって!

このステキな水色の軽トラも自分たちでカスタマイズしたんだって!すごくオシャレ!
メニューを見ると全部おいしそう?!
ひろはどれにしようか悩んでたけど
・プレミアムヤシオマスのフライとれんこんのタルタル
・アップルパイ
・ミネストローネ
・スパイスたっぷりチャイ
の四つを注文したよ!

プレミアムヤシオマスのラップサンドはカップに入っているから外でも食べやすい!野菜がたっぷりで食べ応え抜群!
アップルパイはトルティーヤ生地にカスタード、りんご、クランブル、くるみがたっぷり!
ミネストローネは野菜たくさんのあったかスープ。トマト大好きなひろはペロッと食べちゃった!
チャイティーはスパイスのいい香り。優しい甘さで心も体もポカポカ??

どれもおいしそうだったし、とっても丁寧に作られている感じがしたよ!

ちょっとちょうだい

(飼い主)<帰ったらおやつあげるから我慢してね。ごちそうさまでした。)

chitokaさんは、土日祝日は移動しながら色々な場所で出店していくそう。
SNSやホームページで出店予定を公開しているので気になる人はぜひ見てみてね!

「はちまるBioマルシェ」は次回、1/16日曜日、成田山分院で開催予定みたい。
ほかにも気になるお店がたくさん出店していたから、コロナの感染対策バッチリして行ってみてね!

ひろばっかり食べてずるいけど帰ります~。またね~。

帰ったらおやつ…むにゃむにゃ

【chitoka】
インスタグラム(外部リンク)
ホームページ(外部リンク)

【はちまるBioマルシェ】
インスタグラム(外部リンク)

※ メニューや価格等については、ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」、「栃木県農政部YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UC_n6O_1lDJ7RyQIPVYYdSrQ)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


小麦粉不使用!米粉のホットケーキをつくろう☆(おこめのほっとけーきみっくす)【KOME-REVO】お米レボリューションVol.14

お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

こんにちはSOBAKOです!

今回は米粉でホットケーキをつくりたいとおもいます。使用する商品は日光八木澤ファームさんの「おこめのほっとけーきみっくす」です。

こちらの商品は八木澤ファームさんと社会福祉法人すぎのこ会愛晃の杜さんとの農福連携によって開発されました。八木澤ファームで栽培された日光棚田米を原料とし、小麦粉・添加物は不使用となっています。

作り方は簡単!おこめのほっとけーきみっくす1袋(150g)に対し、卵1個、牛乳100mlを加え混ぜ合わせタネを作ります。

フライパンで焼いたら出来上がり!

今回はホットケーキアートに挑戦してみました。とちまる君にみえますか?

たっぷりの生クリームとジャムを添えていただきます!

出来上がったホットケーキは、きめ細やかでしっとりほろほろ食感です。

「おこめのほっとけーきみっくす」は道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣やオンイラインショップ ポケットマルシェ等で販売されています。是非、お買い求めください。

【日光八木澤ファーム】
HP:https://yagisawafarm.jp
【販売先】
〇道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣
 栃木県日光市今市719番地1
 TEL:0288-25-7771
〇ポケットマルシェ:日光 八木澤ファーム
https://poke-m.com/producers/21558

現在、栃木県では、「栃木県民ごはんの日」プロジェクトとして、「5(ご)と8(はん)のつく日は1日3食お米を食べよう」を合言葉に、米の消費拡大運動に取り組んでいます。
https://www.pref.tochigi.lg.jp/g03/work/tochigikenmingohanday.html

※ ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」、「栃木県農政部YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UC_n6O_1lDJ7RyQIPVYYdSrQ)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


地元食材が満載!佐野市「キャトルクワトン」でテイクアウト🍚

※県では、職員が率先してテイクアウトやデリバリーを利用するとともに、市町や関係団体への呼びかけを行い、飲食店や「食」を支える事業者、生産者を応援します。 県民の皆様におかれましても、本運動に御賛同いただき、地域の飲食店のテイクアウトやデリバリーを積極的に御利用くださいますようお願いします。https://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/takeout_delivery.html
※外出時は、マスクの着用、3密の回避や手洗いなど、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底をお願いします。

こんにちは!マルコです😃
11月に入ってようやく秋らしく涼しい気候になりましたね!そろそろ新米🌾も出始めているかと思います。

今回は、佐野市の【キャトル クワトン】でお弁当をテイクアウトしましたので、ご紹介します!
お弁当は、「和風ハンバーグ弁当」を注文しました。

おかずは、どれも美味しく野菜やお肉がたっぷり入っていて大満足でした!
個人的には、「和風ハンバーグ」はお肉がジューシーで美味しく、「さつまいものレモン煮」は甘味と酸味が合わさってとても好きな味でした。

また、お弁当のメニューは以下のとおりです。

お米は佐野市産のコシヒカリを使用しています。オータムポエム(アスパラ菜)やさつまいもなどの野菜も佐野市で作られており、地元食材がふんだんに使われています。
お店のランチメニューにある「和風ハンバーグ」がテイクアウトでも楽しめるのでおすすめです☺

お近くに立ち寄った際は、是非ご賞味ください!

【キャトル クワトン】
住所:栃木県佐野市米町2175-3
TEL:0283-21-6611
営業時間:11:00~15:00
定休日:水曜日

※ メニューや価格等については、ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


ご飯で簡単おやつ!カラフルおせんべいを作ろう♪【KOME-REVO】お米レボリューションVol.13

お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

昨今、お米の消費拡大が叫ばれていますが、
今回はご飯から簡単に作れる手作りおやつをご紹介します!
火を使わずに、電子レンジでできちゃう「カラフルおせんべい」です♪
とっても簡単なので、お家時間が多くなる中、お子様と一緒に作ってみてはいかがですか(^^)/
今回は、大田原市産のお米を使用してカラフルに4種類作ってみました☆

①干しエビせんべい
〔材料〕(500円玉大が約20枚分)
 ・ごはん:お茶碗1杯分(約150g)
 ・干しエビ:大さじ1
 ・ごましお:小さじ1
 ・醤油:小さじ1

②青のりせんべい
〔材料〕(500円玉大が約20枚分)
 ・ごはん:お茶碗1杯分(約150g)
 ・青のり:大さじ1
 ・煎りごま:小さじ1
 ・醤油:小さじ1

③ゆかりせんべい
〔材料〕(500円玉大が約20枚分)
 ・ごはん:お茶碗1杯分(約150g)
 ・ゆかり:大さじ1

④にんじん、おかかせんべい
〔材料〕(500円玉大が約20枚分)
 ・ごはん:お茶碗1杯分(約150g)
 ・にんじん:50g(みじん切りして電子レンジで1分加熱したもの)
 ・削り節:1パック(市販の小分けされているもの)
 ・醤油:小さじ1

[作り方] (例:干しエビせんべい)

①お茶碗1杯分のご飯に干しエビ、ごましお、醤油を混ぜる。

②クッキングシートを敷き、ご飯をサクランボ大に丸める。

③上からクッキングシートを被せ、手で平らに潰す。

④電子レンジ(600w)で約2分チン!裏返して2分チン!
 軽く焦げ目がついたら出来上がり♪
  (レンジの出力が弱い場合は数十秒ずつ調整してください)



☆アレンジメニュー☆

お茶碗1杯分のご飯に粉チーズ(大さじ2)、黒こしょう(適量)を混ぜて作ると、
ピリ辛!チーズせんべいの出来上がり♪大人の方にもオススメです!

黒こしょうがピリッと効いて、おやつにもおつまみにもなる1品です☆


残ったご飯をレンジで温めて使用してもOKですよ
新米の美味しい季節、楽しく美味しくいただきましょう!
ぜひ、ご家庭で作ってみてくださいね(^o^)/

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


体ぽかぽか♪しょうがの炊き込みご飯を作ろう♪【KOME-REVO】お米レボリューションVol,12

お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

新米の美味しい季節になりましたね♪お米をモリモリ食べましょう!
今回は、しょうがの炊き込みご飯をご紹介します!
使っているお米は大田原市産、しょうがは那須塩原市産、
油揚げは那須塩原市で製造されたものを使用しました!
しょうがを食べて、これからの寒い季節を乗り越えましょう(*^_^*)/

〔材料〕(約3~4人分)
 ・お米:3合
 ・しょうが:100g
 ・油揚げ:半分
 ・白だし:75ml(市販の「白だし」などの分量で入れてください)

〔作り方〕
①しょうがは、たわし等でこすり洗いし、汚れを取る。
 (しょうがの香りやうま味は皮と実の境目に集中してるので、
  皮はこすり取るくらいで大丈夫です)

②しょうがは、薄く切って太めの千切りに、
 油揚げは細く切る。(油が気になる方は油抜きしてください)

③お米を研ぎ、分量の白だしを入れて炊飯器の3合目の目盛りまで水を入れる。
 軽く混ぜ、しょうが、油揚げを入れる。
 (新米の場合は、目盛りの「かため」で水を入れてください)

④炊飯ボタン(普通炊き)を押す。炊き上がったら混ぜて出来上がり!


今日の夕食にしょうがの炊き込みご飯はいかがでしょうか(^o^)
簡単に作れますのでオススメですよ!
ごまを振りかけたり、三つ葉や茹でたインゲンを乗せると彩りも綺麗になります♪
ぜひ、ご家庭で作ってみてくださいね(^^)/

栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


栃木市の洋食レストラン「ランデヴー」でテイクアウト!

※県では、職員が率先してテイクアウトやデリバリーを利用するとともに、市町や関係団体への呼びかけを行い、飲食店や「食」を支える事業者、生産者を応援します。 県民の皆様におかれましても、本運動に御賛同いただき、地域の飲食店のテイクアウトやデリバリーを積極的に御利用くださいますようお願いします。https://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/takeout_delivery.html
※外出時は、マスクの着用、3密の回避や手洗いなど、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底をお願いします。

こんにちは、YYvileggeです!

今回は栃木市にある洋食レストラン「ランデヴー」さんにやってきました!

旧栃木街道沿いにある老舗レストランで、本格カレーやビーフシチューのほか、ハンバーグやステーキなど、本県の食材を使った様々なメニューが楽しめます。

店内はこんな感じ。洋風の落ち着いた雰囲気です(^^) 店内でゆっくり食べたいところですが、今回はテイクアウトのお弁当をご紹介します!

テイクアウトメニューはこちら!このメニュー以外にも、グランドメニューからも選べるみたいですね。今回はオーソドックスにポークカレーをチョイスしました。

お弁当のふたには丁寧にメッセージが書いてありました…( *´艸`) カレーだけでなくサラダもついていて、彩りが綺麗ですね。

ふたを開けて、早速いただきます!! メインのカレーは、ほどよいスパイスの辛みと甘味、うま味が感じられ、ご飯がとっても進みます!大きなお肉も柔らかくてとても美味しい!まさに「本格カレー」といった味で、あっという間に食べ終わってしまいました。

沢山のメニューがあって迷ってしましますが、次回はビーフシチューを頼もうと思います!
皆さんも是非、お立ち寄りください(^^)

**************************************************** 
【ランデヴー】
住所:栃木市惣社町790-1   
TEL:0282-27-0039
営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:10)
定休日:火曜日
****************************************************

※ メニューや価格等については、ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


道の駅にのみやのテイクアウトお弁当【KOME-REVO】お米レボリューションVol.10

※県では、職員が率先してテイクアウトやデリバリーを利用するとともに、市町や関係団体への呼びかけを行い、飲食店や「食」を支える事業者、生産者を応援します。 県民の皆様におかれましても、本運動に御賛同いただき、地域の飲食店のテイクアウトやデリバリーを積極的に御利用くださいますようお願いします。https://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/takeout_delivery.html
※外出時は、マスクの着用、3密の回避や手洗いなど、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底をお願いします。

お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

こんにちは、ほーりーです
近頃はだいぶ涼しくなってきて、すっかり秋の気配を感じますね。

秋といえば食欲の秋ということで、今回は道の駅にのみやのテイクアウトのお弁当を紹介します。

テイクアウトのお弁当の種類は4種類で、
玉ねぎと豚バラ肉炒め弁当、ミックスフライ弁当、ヒレカツ弁当、カツ丼があり、全て税込600円です。

 


↑玉ねぎと豚バラ肉炒め弁当

 


↑ヒレカツ弁当

玉ねぎと豚バラ肉炒め弁当は、玉ねぎと豚肉のバランスも絶妙でおいしくいただきました

ヒレカツに使われている豚肉はジューシーで食べ応えがあり、いずれもボリューミーで、がっつり食べたいときにおすすめです。

お米は真岡市産「とちぎの星」を使用しています!

豚肉も真岡市の養豚農場「株式会社YS.ポークブレーン」の、くて、くて、柔らかい、おを食べて育った「旨甘米(うまかんべ~)豚」を使用しています。


地元の食材をメインに使用しているこちらのお弁当、是非味わってみてください!

道の駅にのみや
住所 真岡市久下田2204-1
TEL 0285-73-1110
営業 9:00~18:00
定休日 第3火曜日(祝日の場合営業)

※ メニューや価格等については、ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


「米粉で簡単!お団子づくり」【KOME-REVO】(お米レボリューションVol.9)

お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

こんにちは。いとよっちです。

十五夜の日に、米粉を使ってお団子作りをしてみました。

とっても簡単なので作り方を紹介します。

「そんなの習っても、十五夜はもう過ぎちゃったよ・・・」というそこのあなた!

まだ十三夜があります。今年(2021年)の十三夜は10月18日ですので、その日にあわせてぜひ作ってみて下さい!

〈レシピ〉
  米粉 200g
  水  160ml
  (調理時間約30分)

用意した米粉は、大田原市の「momo farm」のものです。大田原市の焼き菓子工房「kabaco」で注文できます。

①米粉を量りボールにいれます。

②水は数回に分けて入れ、その都度よく混ぜます。

③ 粉っぽさがなくなって、耳たぶくらいの固さになったらOKです。

④好みの大きさに丸めていきます。

⑤好きな形にしてみるのも面白いです。

⑥沸騰させたお湯に団子を入れてゆでます。

 ゆでている間に水を用意します。

 団子が浮き上がってきたら、水にすくい入れ、冷やします。

⑦よく水を切ったらできあがりです!!

⑧そのままでもおいしいですが、お好みで醤油やきな粉などをつけて召し上がって下さい!

オススメとして、簡単な「みたらしタレ」の作り方も載せちゃいます。

〈材料〉
 醤油  大さじ2
 みりん 大さじ2
 片栗粉 大さじ2
 砂糖  大さじ4
 水   150ml
 (調理時間約5分)

タレの材料をすべて鍋に入れ、かき混ぜながら弱火~中火で加熱します。

とろみがしっかりついたら完成です。

とっても簡単でおいしいので、ぜひ作ってみて下さい!

以上、「米粉で簡単!お団子づくり」でした!!

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。