日光霧降高原 大笹牧場でミルクジェラート‼

 どうも、千本松の羊 おなかの白いサフォークです。新型コロナウイルスの影響でせっかくの夏休みも県外旅行はちょっとためらってしまいますね。とはいえ、子供たちは家でエネルギーを持て余し気味です。
 そんな時は県内の観光地で思いっきり体を動かそう、ということで子供たち二人と日光市の大笹牧場へ行きました。

 8月2日の日曜日は曇り空で過ごしやすい気候だったため、多くの家族連れやライダーたちで賑わっていました(あっ、写真では第1駐車場にバイクがありますが、バイクの駐車場は第2駐車場です。ライダーの皆さん、ご注意を‼)

 大笹牧場でのコロナウイルス感染症対策は徹底しており、マスク着用が必須であるほか、ソーシャルディスタンス、手指消毒の徹底がなされています。
 もちろん、オブジェのうしさんたちも対策は万全です。

 無計画で行った我が家ですが、ちょうどこの日は今年初の『OZASA フェス』が開催されていました(ラッキー♪)。イベントではバルーンパフォーマーのMさんがハチの形をしたステキなバルーンアートを子供たちにプレゼントしていました。我が息子もMさんと一緒にバルーンを作って大満足です。

 さて、イベント時の屋台で『ブラウンスイス』の牛乳やお肉を使ったメニューがありました。
 これはお昼に食べなくては…と、その前におなかを減らすために体を動かさなくては…。

 大笹牧場には昔ながらの遊具のほかに『大笹牧場ミルクアスレチック』なるものがあります。
 比較的簡単な遊具ばかりなのですが、その中に一つだけ場違いなくらい本気だしちゃってる遊具が一つだけありました。

 うんていのバーが振り子になっていて高低差があるこの遊具…その名を『サーカスわたり』と言います。
 体を動かすのが大好きな娘は難なくクリアしましたが、40歳を過ぎたサフォークにはかなり辛く、何っとかクリアしました。
 皆さんも是非是非チャレンジを‼

 このほか、乗馬体験やヒツジとのふれあいなどもあり、ふと娘と戯れている満足げなヒツジを見てみると…
サ、サフォーク(私)?

 そんなこんなで12時半くらいに屋台に行ってみると…
 なんとブラウンスイス関係のメニューがすべて売り切れているじゃないですかっ‼
 大人気なんですね。う~ん、残念‼
 また次の機会に食べようと思います。
 なので、今回はミルクジェラートを食べることにします。

 こうなると、せっかく牧場でヒツジ(サフォークはお肉用です)と戯れたということで…
 みんなでおいしくジンギスカンをいただきました(食育食育)。

 さて、肝心のミルクジェラート。
 当然ブラウンスイスの牛乳を使っています。
 子供たちは『ミルクジェラート』を注文し、私は先のジンギスカンで飲めなかった『なんちゃってビール』をいただきました。
 子供たちに感想を聞くと、『味が濃いっ』、『おいしいっ』と大喜びでした。
 うん、もうちょっと気の利いたコメントないかな…
 私も少し食べました。
 ブラウンスイスならではの濃厚な味は当然するのですが、ジェラートのためソフトクリームよりもさらに味が濃いと感じました。
 うん、確かに子供たちのコメントのとおりですね。おいしいです。

 デザートを食べた後も放牧されている乳牛を見に行ったり、きれいな昆虫標本をみたり、さらにアスレチックで遊んだりと大笹牧場を満喫した1日でした。
 梅雨が明けてこれからさらに暑くなる下界から逃れ、涼しい大笹牧場で体を動かし、ヒツジなどの動物たちと戯れておいしいものを食べる、というのもいかがでしょうか?
 今回子供たちが食べたジェラート(食べられなかったローストビーフ丼)はOZASA フェス『限定』のメニューです。
 フェスは毎月1~2回開催されているとのことですが、詳しくは大笹牧場のホームページをご覧ください。
 私も今度リベンジせねば…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 日光霧降高原  大笹牧場 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
住   所:日光市瀬尾字大笹原3405(〒321-1264)
T  E  L:0288-97-1116
営業時間:9:00~16:30
H    P:https://www.nikko-ozasa.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※ 栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


自宅で栃木県産和豚もち豚の餃子と前田牧場赤身牛の焼肉パーティー

はじめまして。

「千本松の羊メエメエ」です。

宇都宮市にある関口肉店さんから栃木県産和豚もち豚を使用した冷凍餃子を買って、焼いてみました。

フライパンに餃子を並べて火をつけます。

お湯を入れます。

水が蒸発するまで蓋をします。

こげめがついたら餃子の出来上がり。「ちょっと焼きすぎ???」

また一緒に大田原市にあるファーマーズカフェ&ミートショップにて前田牧場赤身肉を買って、焼肉をしました。

ホルスタイン種の赤肉。部位はロース。和牛に比べ脂身が少なく、赤身中心で

す。

豪華なご飯になりました。

餃子はお肉が多くとてもジューシー!

赤身肉はさっぱりとしていくらでも食べられました。

とてもおいしくいただきました。

とってもおいしい県産のお肉、皆さんもぜひ味わってみてください!

☆関口肉店☆

住所:宇都宮市富士見が丘2-7-2

TEL:028-622-7620

営業時間:8:00~17:00

HP:http://www.sekiguchi2910.com/

☆ファーマーズカフェ&ミートショップ☆

~ミートショップ~

住所:大田原市若草1-761-4

TEL:0287-47-7500

営業時間:10:00~17:00

HP:https//farmerscafe.storeinfo.jp/

※ 栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


かぼちゃプリン(矢板市 ZUCCA ITALIAN(ずっか いたりあん))

こんにちは。
パンナです。

休日に息子から、
『最近ブログ記事書いてないねー。そろそろ書けば?』と言われました。

『最近仕事を理由に書いていないなー』
『こんな近くに読者が!』
『お前は俺の上司か!!』

等、色々なことを思いつつ、息子が数年前に『美味しい』を連呼した、
『ZUCCA』さんに行ってきました。
お店は国道4号沿い、矢板ICの北にあります。
緑、白、赤のイタリア国旗の看板です。
店内の雰囲気は写真のような落ち着いた感じです。
ランチタイム終了間際に訪問したので、席に余裕がありました。
パンナが注文したのは『トマトとモッアレラチーズ』のパスタセット。
昼前に激しく運動したので、大盛を頼みました。
食べていくうちにチーズがとろりとしてきて、
最後まで美味しくいただきました。
息子が頼んだのは『カルボナーラ』のパスタセット。
「この子はいつもカルボナーラだな」と思いましたが、
この日は胡椒を振って食べていました。
「さすが中学1年、大人になりつつあるね。」
最後にドルチェ(デザート)のかぼちゃプリンです。
「Smile」の文字にお店の心配りを感じます。
適度な甘さと適量のソースで最後まで楽しめました。
ちなみに材料のかぼちゃと卵は地元の矢板市産です。
店名のZUCCA(ずっか)とはイタリア語で『かぼちゃ』の意味です。
矢板市産のかぼちゃと卵を使用したおいしいプリンを是非味わってください。
なお、かぼちゃプリンは『道の駅矢板』でも購入可能です。
また、2020年9月30日までは郵便局でも取り寄せは可能とのことです。
詳しくは下記URLや『ずっか いたりあん』で検索してご確認ください。

ZUCCA ITALIAN(ずっか いたりあん)
電  話:0287-47-7727
住  所:栃木県矢板市片岡1679
営業時間:11:30~15:00(LO 14:30)
     18:00~22:00(LO 21:30)
U R L:http:www.zucca-italian.com/
定 休 日:水曜日

※ 栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


ソバソフトクリームは大人の味(那須町 道の駅 東山道伊王野)

※注意※
本記事については、栃木県緊急事態措置(4/18~5/15)以前の取材により作成したものです。 現在の情報とは異なる可能性がありますので御了承願います。
また、お出かけの際には、基本的な感染防止策の徹底をお願いいたします。

長男の中学校入学式後に、10年ぶりに妻と長男の3人でそばを食べに「道の駅 東山道伊王野」にある「水車館」に行きました。仕事では何回も使わせてもらいましたが、家族で来るのは久しぶりです。

案内されたのは、水車の真ん前の席でした。
大きな水車がグルグルと。
乗り物に弱いパンナは少し目を回してしまいました。

パンナは地元産そばをふんだんに使った天もりそばの大盛を注文しました。揚げたて天ぷらは衣も薄く、パリッとしていい感じでした。大盛そばもボリュームたっぷりで大満足でした。

10年前は2歳児の長男が写真右上の「抹茶ソルト」を隣席に投げつけたんですよね。赤ん坊のしたことなので許してもらえましたが・・・。それ以来、そばは好きでしたが、家族で来るのは遠慮してました。

そばを食べ終わった後は、水車の周りの散策。のどかでいい感じです。大きな水車の回る景色っていいですよね。

そして最後に東山道伊王野茶屋で「ソバソフトクリーム」をデザートにいただきました。パンナの中では、伊王野でそばを食べた後には、ソバソフトクリームを食べる掟となっています。左はミックス(バニラ&そば)、中央はソバソフトクリーム、右はバニラソフトクリームです。色の違いが僅かです。長男にはソバソフトの味は少しきつかったみたいです。中学生にはまだわからないかなーって言ってやりました。


〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎
東山道伊王野茶屋(道の駅 東山道伊王野茶屋内)
営業時間  8:30~17:00
定 休 日   1/1~1/3
⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇⦿●◎〇

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。

 

 


栃木県産『和豚もちぶた』を使ったミラノ風カツレツを作ってみました‼

 どうも、千本松の羊 おなかの白いサフォークです。新型コロナウイルスの影響によりなかなか外でお食事ってのも難しくなりましたね。そんな時は子供たちと一緒にちょっとだけ手の込んだ料理をして過ごすのも悪くないなと思い、今回やってみました。
 作るのはイタリアの家庭料理の一つ、ミラノ風カツレツです。使った食材は、関口肉店さんから購入した栃木県産の『和豚もちぶた』です。さて、この和豚もちぶた、生産者の方々が豚の品種や食べさせる餌にこだわって育てたおいしくて安心安全な豚肉です。何度もお世話になっていますが、確かにおいしいです。詳しくは関口肉店さんのホームページ(http://www.sekiguchi2910.com/)をご覧ください。

早速調理していきます。まずは豚肉、今回はとんかつ用ロース肉とヒレ肉を使います。

 ロース肉は厚さ1cm位ですが、スジに包丁で切り込みを入れます。ヒレ肉は3~4cmの厚さに切ります。で、お肉をラップではさみ、どこの家庭でもあるめん棒や一升瓶でたたいて0.5cmの厚さに伸ばします。
ここでポイント、料理は愛情‼とどこかの料理人が言っていたとおり。なので、お願いしたことをやってくれないステキな先輩だった人のことなんかを考えながらたたいてはいけません。穏やかな気持ちでたたきましょう。我が家ではこんな感じにたたきました。

 左は子供たちで右は私がやっているところです。正直、一升瓶の方が効率良かったですね。オススメデス。たたいた肉は両面塩コショウをまぶします。


 次にパン粉ですが、こちらも普通のとんかつとはちょっと違います。
ここでまたポイント、イタリアのパン粉は目が細かいので、市販のパン粉をフードプロセッサーにかけ、細かくします。できたパン粉カップ2杯に対してパルメザンチーズを50g加えよく混ぜます。

 ちなみに、フードプロセッサーがない時はこんな感じで頑張ればなんとかなります(多分)。

 

せっかくなのでソースも作りました。

 みじん切りにした玉ねぎ、マイタケをしんなりするまで炒め、昔ピザを作った時に余ったトマトソース、酒(ホントは白ワイン)を加え、アンチョビペーストで調味します。

 

さて、衣をつけます。たたいた肉を溶き卵、パン粉の順につけていきます。

 

子供たちもこんな感じで上手につけることができました。

 ここでまたまたポイント、ロース肉の場合は肉がそってしまう(らしい)ので写真の様に包丁の背で格子状に抑えます。これを両面にやります。

いよいよ焼きます。

 フライパンにバター50g、オリーブオイル大さじ4を入れ、バターが溶けたらお肉を入れ、両面きつね色になるまで中火で焼きます。

ようやく完成しました。

 上がロース肉で下がヒレ肉です。付け合わせにオリーブオイルとクレイジーソルトをまぶしてグリルした野菜(アスパラ、エリンギ、ポテト)とミニトマトを添えました。

 肝心の味はといいますと、バターの風味とチーズの味がしっかりとしていておいしかったです。また、ソースをつけるとトマトの酸味が加わり、違った味わいで良かったです。我が家では、ロース肉とヒレ肉とではやはりヒレ肉の方が柔らかくて味もしっかりしておいしいという感想でした。
 何にしてもおいしい豚肉のおかげですね。私は写真に写っている焼酎でやりながらおいしく頂きました、はい。
 子供たち二人と楽しく料理をして、さらにおいしいものまで食べられるという幸せな週末を過ごすことができました。
 皆さんも、家族そろっての楽しいひと時を過ごしてくださいな。
 あれ?奥さんは?と思った方、大丈夫です。ちゃんと洗い物をしてもらいました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆関口肉店☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
住  所:宇都宮市富士見が丘2-7-2(〒320-0011)
T  E  L:028-622-7620
営業時間:8:00~17:00
H     P:http://www.sekiguchi2910.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


昼に食べてもあさの豚(さくら市 道の駅喜連川)

長い春休みの終わりに、長男と二人で遊びに出かけました。
午前中の予定が終了後、道の駅喜連川で食事することとしました。

ところで、4月のさくら市喜連川といえば、桜のトンネルです。国道からも見えるこの桜並木は、記事が掲載される頃には、新緑のトンネルになっているでしょうか。皆さんも見に行ってください。

昼食は、道の駅内のフードコート『あさの牧場』としました。
『あさの牧場』では栃木県さくら市の『有限会社あさの』で生産された豚肉を使用しています。道の駅内の他、精肉等の販売を行うあさの牧場本店もさくら市内にあります。養豚経営における6次産業化ですね。

長男が注文したのはハムカツカレー。ブログに載せるので、「肉の見栄えがいい商品にすれば」と言ったのですが、父親の真似をし、摂取カロリーを気にし始めたようです。

パンナが頼んだのは、『あさの豚 豚バラカットステーキ』。この1年で7kgの減量を果たしたこともあり、美味しくいただきました。食べるときには美味しいものをかっつり食べるのがダイエットの秘訣です。

フードコート内はこの『あさの牧場』さんの他に、ラーメン屋さんとたいやき屋さんがありました。この1年間の減量のご褒美として、デザートにラーメンを注文したかったところですが、我慢。食べ過ぎないのがダイエットの秘訣です。

とは言え、帰りに入った直売所のイチゴが美味しそうだったので、小さいパックを買い、デザートとしました。このぐらいのデザートなら許されるよね・・。

食後、道の駅喜連川に隣接する公園をのぞいてみました。長男が小さな頃に水遊びをした場所です。この記事が掲載される頃には水遊びにはいい場所になっているかと思います。

みなさんも、足を運んでみてはいかがでしょうか?


⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=
            あさの牧場
営業時間  9:00~16:30(平日)  9:00~18:00(土日祝)
定休日   第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)
⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=-⊟=

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


那須地域の肉料理(ステーキ万葉 大田原市)

こんにちは。
パンナです。

3月中旬に、久しぶりに大田原市野崎の『ステーキ万葉』で妻子と食事をしました。
昨年6月に全面改装工事を行って以来、初の訪問です。

 

だいぶ落ち着いた雰囲気に変わった店内です。
よく見ると、壁に牛さんが。

 

石で組んだ牛さんですね。
牛肉へのこだわりが伺えます。『万葉』さんでは大田原市ブランド認定品の『与一和牛』や栃木県のリーディングブランドの『とちぎ和牛』を提供いただけます。
記事のネタにするから、和牛ステーキ注文していいよ、とは言ったのですが、お父さんの財布を心配した妻子は、ランチメニューを注文しました。

妻は『カットステーキ&黒毛和牛入ハンバーグ』。
かなりのボリューム感です。

子は『万葉定食』。カットステーキと帆立貝。帆立貝も肉厚で美味しそう。

パンナは『那須高原豚のしょうが焼』。厚い玉ねぎパリッとした食感と柔らかい豚肉の相性がベリーグットでした

『万葉』さんでは、牛肉だけでなく、豚肉も地元の那須地域にこだわっています。
那須地域のお肉を食べに『万葉』さんに行ってみてはいかがでしょうか?

===========================
ステーキ万葉
営業時間
ランチ  11:00~14:30(ラストオーダー 14:00)
ディナー 17:00~21:30(ラストオーダー 21:00)

定休日:月・火曜日(祝祭日の場合は営業)
===========================

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


大田原市の「ファーマーズカフェ」で前田牧場の赤身肉をいただきました

こんにちは(^_^)/ 「千本松のひつじ」~羊(you)です。
先日、若い職員たちで大田原市内の『ファーマーズカフェ』におジャマしてきました。
こちらでは、地元のホルスタイン種去勢牛を肥育している『前田牧場』のお肉や、地域の新鮮なお野菜がいただけます。元フレンチシェフでもあるオーナーがてがけるお料理は、地元ならではの新鮮さが活きていて、素材の味が豊かに感じられるものばかりでした。

1日30品目摂取が達成できそう!新鮮野菜には、タマネギたっぷりのシンプルなドレッシングで。一緒にいただくのは、牛すじ煮込みのコクのあるあったかスープ。

おまちかね!メインは赤身肉のサイコロステーキ。
こちらが前田牧場のホルスタイン種去勢牛肥育22か月齢の、柔らかくてとてもとても美味しい赤身肉でした!!

食後には、地元のミルクとイチゴの甘いデザートに、暖かい『ビール麦珈琲』。

お持ち帰りには、有名な『前田牧場ビーフカレー』や赤身肉のステーキ、ハンバーグ。
カフェにもたくさんの商品が並んでいますので、いつでもお家で楽しめます。オーナーお手製の、コンフィやラグーも絶品です。
私のイチオシはこれ!やみつきの『コンビーフ』。オリーブやペッパーなどバリエーションもたくさん。ご飯のお供に♬、お手軽スープに(^_^)/
新コロナウィルスで、大変な時期です。スタミナ満点のお肉と、新鮮野菜で免疫力アップ。お家にいるお子様たちと、貴重な団らんの一時をお過ごししにいかがでしょうか。

ファーマーズカフェ&ミートショップ 月曜日定休(振替休日の場合は火曜日)
~カフェ~ LUNCH:11:00‐14:00(L.O.13:30) 
DINNER:6名以上の予約制(お一人2500円より)
~ミートショップ~ OPEN:10:00‐17:00
〒324-0021 栃木県大田原市若草1-761-4
Tel:0287-47-7500 FAX:0827-47-7971 
E-mail:farmers.cafe.0410@gmail.com
HP:https://farmerscafe.storeinfo.jp/

今回は、『前田牧場』の肥育農場にもオジャマしました。牛関係者でも見る機会の少ない『ホルスタイン種♂の肥育牛』。メス牛に比べて、身体はがっちりしていますが、温和で興味津々の眼差しをむけてくれました。(以下URL、牧場のブログもご覧ください。)
前田牧場HP:https://maedafarm.com/
 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2586299811454553&id=100002236779658

                              牛が3頭並ぶと、『犇めく(ひしめく)』!!!

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


ヤシオポークソテー(大田原市 コパン)

こんにちは。パンナです。
先日紹介したヤシオポークのグリル。
https://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/tochiuma/2019/05/08/17790.html

上の記事について、牧場長に話をしたところ、
『じゃあ、今度は大田原のコパンに行ってよ、コパン。あそこもウチの豚肉使ってっから。旨いよ、あそこ。』
という返事を頂きました。

ということで、行ってきました。生産者おすすめのお店、大田原市のcopain(コパン)。
休日のランチタイムに行ってきました。

大田原市内の小さなレストランです、入口は普通の住宅のような感じです。

お昼少し前の店内は空いていましたが、『予約席』の札が立っていました。
常連のお客さんがいるみたいです。

窓についているロールスクリーンは、烏山和紙を使用しており、食材以外でも県内産へのこだわりが感じられます。

注文したのはヤシオポークのソテーりんごのソース掛け。
お肉の上に乗っているのがリンゴソース。というかリンゴでした。
甘みと酸味があって、とっても美味。
ヤシオポークと相性ばっちりで美味しくいただきました。

食後のデザートにはシフォンケーキとコーヒー。
コーヒーカップには益子焼のカップを使用しているそうです。

豚肉生産者のおすすめのお店は、食材以外へもこだわり、落ち着いた店内ということで、
皆様にもおすすめのお店でした。
大田原市のコパンにぜひ足を運んでください。

☆彡★彡☆ミ☆彡★彡☆ミ☆彡★彡☆ミ☆彡★彡☆ミ☆彡★彡☆ミ☆彡★彡☆ミ
Copain(コパン)
住  所:大田原市若松町1650-356
電  話:028-755-1652
営業時間:ランチ  11:00~14:00(LO)
デイナー 17:00~21:00(LO)
定 休 日:月曜日(祝日の場合営業、火曜日振替休日)
駐 車 場:7台
☆彡★彡☆ミ☆彡★彡☆ミ☆彡★彡☆ミ☆彡★彡☆ミ☆彡★彡☆ミ☆彡★彡☆ミ

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


茶色豚(那珂川町 レストラン巴夢(はむ))

こんにちは、趣味は県内豚肉のお店探しのパンナです。
南那須方面出張時に、「レストラン巴夢」に行きました。

お出迎えは直立した豚さんです。
「レストラン巴夢」は県内でも有名な養豚農家『有限会社 星種豚場』が経営しています。
星種豚場の概要は以下のHPでみることができます。

http://bato-ham.com/restaurant.html

当日は素敵な上司と二人で、平日に訪問しましたが、店内はお客さんでいっぱいで、
10分程度まった後、テーブル席に案内されました。

上司は『ボロニアソーセージグリル』、パンナは『茶色豚のとんかつ』を注文しました。
両方とも平日のランチセットで、1,000円(税込)です。

しばらくすると、料理が運ばれてきましたが、あまり待ちはしませんでした。

上司のソーセージグリルが美味しそう!!
ハム工房の併設レストランなので、ソーセージを食べればよかったかなと少し後悔。
もちろん、とんかつも美味しくいただき、特に脂の味がよかったです。

ランチのあとは、併設のハム工房を見学!!
『茶色豚のハム』がぎっしり。

『黒豚』という名は広く知られていますが、栃木県では『茶色豚』(デュロックという茶色豚のお肉です)が美味しい豚肉です。
南那須方面 に行った際にはぜひ行ってみてください。

☆彡★☆ミ星☆彡★☆ミ星☆彡★☆ミ星☆彡★☆ミ星☆彡★☆ミ星☆彡★☆ミ星
住  所 〒324-0618 栃木県那須郡那珂川町小口1467-3
電  話 0287-92-8601
営業時間 11:00~14:30(LO 14:00)
定 休 日  月曜日
☆彡★☆ミ星☆彡★☆ミ星☆彡★☆ミ星☆彡★☆ミ星☆彡★☆ミ星☆彡★☆ミ星

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。