里山のめぐみを届けます ~かぬま里山わいん~

みなさん、こんにちは! SOBAKOです^^

日光連山に雪が降り積もり、男体山の雪景色も一層美しく見える大寒の頃、鹿沼市下奈良部町に新しくオープンした「かぬま里山わいん」直営店に行ってきました。

このお店は、緑花木の生産販売、造園や観葉植物リース事業等を手がける「宇賀神緑販株式会社」さんが、6次産業化に取り組み、新たに始めた店舗です。

ワインを始めたきっかけは、15年ほど前にぶどうを生食で食べようと栽培したところ、たくさん収穫できたことから、加工することを考えたそうです。

緑と清流に恵まれた自然豊かな鹿沼市の自社農場(1.9ha)で、キャンベル・アーリー、デラウェア、ナイアガラ、メルロー、シャルドネ、マスカット・ベリーの6品種を栽培しています

早速、店内に入ってみましょう。

各種のワインやぶどうジュースが豊富に揃っていて、見た目も鮮やか!

平成29年産までは、自社の醸造施設がなかったため、外部に委託してワインを製造していたそうですが、平成30年産からは県の6次産業化の事業を活用して、全自動プレス式搾汁機を導入し、自社で醸造を開始しました。(自社醸造ワインの販売は平成31年4月末頃予定)

醸造施設はこんな感じ。
衛生管理の関係上、一般の方の見学は要予約となります。

  

再度、店内に戻りましょう。

ワインに関連したチーズやハム・ソーセージ、スモークなどの商品も販売されていました。
県内各地で生産・製造された商品が豊富で、地産地消にも熱心に取り組んでいます。

なお、ワインは、この直営店の他、鹿沼市の「まちの駅新鹿沼宿」や東京のスカイツリー内とちまるショップでも購入できます。
また、FAXでの注文も受けているとのことですので、ぜひご購入を

店内にはギャラリーも開設されていて、地域の方の憩いの場所・交流拠点になっています。
当日は、ギャラリーオープン記念として、日本板画院・院友の小林俊夫さんの木版画展「農と西洋館」が開催されていました。

            

近くには鹿沼市花木センターもありますので、鹿沼市にお越しの際は、鹿沼のテロワールを楽しむために、大人の遠足館「かぬま里山わいん」に立寄ってみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】 「かぬま里山わいん」
・住    所  栃木県鹿沼市下奈良部町1-110
・電話番号 0289-77-8180  FAX 0289-75-3530
・営業時間 平日 11:00~18:00  土・日・祝 10:00~18:00
・定休日   水曜日


美味しいそばとそばがき食べてお腹ぽかぽか ~日光市・手打ちそば かつら~

お寒うございます。SOBAKOです^^

久しぶりに日光の中禅寺湖へ
今回はとてもいい天気でしたが、とにかく寒い^^; ぶるぶる~~~

漁業関係者がおそば屋さんをやっているということで、お昼は迷わずそこへGo!!
立木観音近くにある「手打ちそば かつら」さんです。

店の外からもそば打ちの様子を見ることができるんです。ちらちら(@_@。

このお店、知る人ぞ知るお店らしく、多くの芸能人が訪れ、テレビ取材も数多く受けている有名店でした。店には記念写真がいっぱい!あんな人やこんな人も。

2階の食堂に上がっていくと、見える景色がビューチフル!
紅葉は終わってしまいましたが、中禅寺湖と男体山が一望。これぞ“日光”です。

さてさて、肝心のお昼ですが、お勧めの「そばがきセット」と「天ぷら盛合わせ」を注文。

手打ちそばは日光産と鹿沼産のそば粉を中心に使用しているとのこと。
そばはのどごしが良く、文句なしに「おいしゅうございます。」と独り言

そして、なんと言っても注目はこの「そばがき」。


こんな大きなそばがきを食べるのは初めてなので、わくわくドキドキ。


もっちもちの食感に加え、上に乗ったゆずの風味とそばの風味がからみあい絶妙のハーモニー^^ 今度は「まいう~」と独り言

その他にも、日光ゆばや地元産野菜を使った天ぷらを食べて、もうお腹いっぱい。

とっても寒い日でしたが、美味しい料理を味わってお腹はぽっかぽかに。

魚料理はもちろんのこと、そばもおいしい日光中禅寺湖畔へLet’s Goです

【日光例幣使そば街道「そば店ガイドマップ」】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g52/intro/kankou/nougyou/kami-nsj-sobakaidou.html

【手打ちそば かつら】のお店情報
・住 所  日光市中宮祠2482
・電 話  0288-55-0238
・定休日  木曜
・営業時間 9:00~18:00 冬期不定休

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や
「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」
でも発信していますので、是非、ご利用ください。


那須和牛 知ってるかい?(牛兵衛(ぎゅうべえ) 那須塩原市)

こんにちは。パンナです。

10月中旬の土曜日に、那須和牛を食べることのできる那須塩原市の黒磯文化会館近くの牛兵衛に行ってきました。
妻と娘には内緒で、父と息子の2人で。

ところで、JAなすののホームページによると、那須和牛には以下のような基準が設けられています。

那須高原の大自然に包まれた雄大な地域で生産された和牛で、JAなすの管内(那須塩原市・大田原市・那須町)で生産販売されるものが『那須和牛』です。

★那須和牛認定基準
黒毛和種として、JAなすの管内の指定農家が生産した特選和牛で、
肉質等級が「A・B-3」以上のもの。
★牛肉の格付
牛肉の格付は、歩留等級(一頭からどれだけ多くの肉が取れるか示したもの)と、肉質等級(「脂肪交雑(霜降り)」「肉の色沢」「肉の締まり・きめ」「脂肪の色沢と質」)で決定されます。

そんな、銘柄牛の知識を息子に披露しつつ、焼き肉ランチを注文しました。
お父さんはダブルカルビランチ(税込1680円)、息子は牛兵衛焼き肉ランチ(税込1080円)を注文しました。

最初に来たのは、炭火。熱々です。

次にごはん、サラダ、キムチ。
最後に肉が到着しました。

上が牛兵衛焼き肉ランチ。
下がダブルカルビランチのお肉です。

赤肉と脂のコントラストがとても鮮やかで食欲をそそります♪
那須和牛は食味や風味を良くするために、「お米」が入ったエサで育てられているんですね。

早速いただきまーす!ん~柔らかい!!
口いっぱいに広がるお肉の旨みと脂肪の甘さが絶妙です。
脂肪もさっぱりとしていて、いくらでも食べられちゃいそうです!
お箸が止まりません

 

あっという間にランチタイム閉店の14時、、、
落ち着いた店内で、美味しいお肉を堪能させていただきました。

 

★※☆※★※☆※★※☆※★※☆※★※☆※★※☆※
牛兵衛
ところ:那須塩原市上厚崎720-4
でんわ:0287-63-5571
開店時間:11:30~14:00(13:30ラストオーダー)
17:00~22:30(22:00ラストオーダー)
定休日: 水(定休日が祝日の時は営業)
★※☆※★※☆※★※☆※★※☆※★※☆※★※☆※

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や
「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」
でも発信していますので、是非、ご利用ください。


ひだまり隠れ家レストラン🌞地場産野菜たっぷりランチでまったりタイム(下野市caféくりの実 )                

こんにちは、となのなです(^^♪

お天気も良いので、今回は下野市にあるcaféくりの実に行ってきました。

caféくりの実は「社会福祉法人 丹緑会 介護付有料老人ホーム 新(あらた)」様の敷地に併設されています。市街地からはちょっと離れていて、隠れ家みたいです

店内は落ち着いた雰囲気でまったりできます

メニューも豊富でどれにしようか迷っちゃうな~

数量限定!くりの実ランチプレートを注文! 
地場産野菜が盛りだくさんでとってもヘルシー!ハンバーグもジューシーでした(^^)

デザートは「ミルクプリン」!ミルクのクリーミーさとカラメルの香ばしさがいいハーモニーを奏でていました♪いくらでも食べられちゃいます( *´艸`)

まったり素敵な休日を過ごすのにぴったりです(^^♪

ぜひ、みなさんもまったり気分を味わってみてください

 

【caféくりの実】
電話: 0285-39-7230
住所: 栃木県下野市小金井2290-1
営業時間: 11:00~16:00(14:00までランチタイム)
定休日: 日・月

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


とちぎの地鶏が味わえるお店(鳥割烹 ひろ喜)

しゃも燻製です。

みなさん、「地鶏」というと何を思い浮かべますか?
宮崎の「みやざき地頭鶏」、名古屋の「名古屋コーチン」など、全国的にその土地独自の地鶏があります。

実は、栃木県にも「栃木しゃも」という美味しい地鶏があるんです。
「しゃも」は漢字だと「軍鶏」と書きます。

「栃木しゃも」とは、フランスの高級食材として知られるプレノアール種や軍鶏を親とした交雑種で、栃木の自然の中で放し飼いでのびのびと育てられます。

県内では4つの農場でそれぞれ手間暇かけて飼育されています。

今回は、こちらの「鳥割烹 ひろ喜」さんにお邪魔して「栃木しゃも」を味わってきました。

 

こちらは、「軍鶏もも串」です。限定10本とのことです。(2018年5月18日時点)

パリっとキツネ色の皮と、弾力のあるお肉です!噛むたびに「栃木しゃも」の旨味が口の中に広がります。鶏肉なのであっさりしたお味なのかと思いきや、コクのあるしっかりした味です。

こちらは「もも炭火焼」。「栃木しゃも」の肉本来の味が、炭火焼きの風味にもピッタリ合います。柚子胡椒をつけるともう止まりません。

人生初「栃木しゃも」堪能しました。

*「鳥割烹 ひろ喜」
所在地:宇都宮市宝木町1‐2592‐115
問い合わせ:028‐307‐9493
※記事投稿時点の情報ですので、変更となっている場合があります。

「栃木しゃも」についてもっと知りたい方はこちら(外部サイトへリンク)
「栃木しゃも」が買えるお店や生産者さんのこだわりをぜひご覧ください。

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」
「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」
でも発信していますので、是非、ご利用ください。


御用邸の月 完熟とちおとめ~那須町・お菓子の城~

こんにちは、さとやまです。
さすがにゴールデンウィークで、那須方面は多くの方々でにぎわっていました。

お菓子の城さんは「御用邸の月」をはじめとしたお菓子を製造・販売されていますととも
に、観光いちご園「那須高原農園 いちごの森」(https://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/tochiuma/2017/02/03/14880.html)も経営されています。

JR東日本さんとお菓子の城さんは、2018年4月から6月にかけての栃木デスティネーションキャンペーンでの産直市を中心に販売する6次産業化商品の一つとして「御用邸の月 完熟とちおとめ」を開発し、販売を開始しました(http://www.jreast.co.jp/press/2017/20180315.pdf)。これまで、お菓子の城さんのお土産コーナーでは販売されておりませんでしたが、5月から販売開始とのことで、早速お菓子の城さんに行ってみました。

お菓子の城さんは国内外のお客さんで大賑わいでした。
なんと、看板商品「御用邸の月」の製造ラインも見学できます。

入口からすぐのところにありました!
「御用邸の月 完熟とちおとめ」がずらりと並んでいます。

売れていますね!
お土産用なので、中身が気になるところですが・・・、ちゃんとレプリカが置いてありました!
これはわかりやすい。

食べてみると、カスタードの上に、那須高原農園 いちごの森の完熟とちおとめがジュレ状に入っているので、お菓子の甘みととちおとめの酸味が程よく交じりあっておいしいです!
早速、お土産用で購入しました。
なお、いまは生のとちおとめを使ったスイーツも販売されています。

4月6~8日にJR仙台駅で開催されたとちぎ産直市でも「御用邸の月 完熟とちおとめ」は好評でした。5月17~20日にはJR新宿駅でも販売される予定です。栃木県内 NewDays等では6月末まで販売されていますので、是非“栃木のお土産”としてお使いいただければと思います。

【お菓子の城 那須ハートランド】
住所:栃木県那須町高久甲4588-10
電話:0287-62-1800
時間:9:00~17:30
定休日:年中無休
詳しくはホームページをご覧ください
https://www.okashinoshiro.co.jp/

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」
「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」
でも発信していますので、是非、ご利用ください。


とちおとめのベリーベリーコラソンパンケーキ&ベリーベリーフローズン

こんにちは、さとやまです。
ただいま栃木デスティネーションキャンペーン中ということで、JR大宮駅では特設PRブースが登場!

JR大宮駅の東口にあるコラソンカフェ さんでは、栃木デスティネーションキャンペーンに併せて、栃木県産とちおとめを使った「とちおとめのベリーベリーコラソンパンケーキ」と「とちおとめのベリーベリーフローズン」を期間限定にて販売しています。http://www.jreast.co.jp/press/2017/20180315.pdf

それでは早速「とちおとめのベリーベリーコラソンパンケーキ」と「とちおとめのベリーベリーフローズン」を注文しましょう!

まずは、「とちおとめのベリーベリーコラソンパンケーキ」です。生のとちおとめとちおとめジェラート、とちおとめソースがパンケーキと口の中でMixして、まさしくいちごの時間です♪とちおとめの酸味がいい感じです。

つづいて、「とちおとめのベリーベリーフローズン」です。とちおとめスカッシュに、とちおとめジェラート、生のとちおとめがMixして、こちらも「ベリーベリー」ナイスです♪

大宮にお越しの際には、是非お立ち寄りください。

【コラソンカフェ】
住所:埼玉県さいたま市大宮区錦町630 大宮駅構内東寄り
電話:048-643-5256
時間:7:00~22:30 (LO22:00)
定休日:年中無休
詳しくはホームページをご覧ください
http://www.lassoci.co.jp/shop/cat6/post-6.html

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」
「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」
でも発信していますので、是非、ご利用ください。


特別ゲスト登場!?モリンガを味わう(*^▽^*)

こんにちは!ぷよ娘です(・∀・)

今日は小山市にある道の駅思川に来ています!実は今回一緒に旬の食材を紹介してくれる特別ゲストと持ち合わせをしているのですが・・・/(・_・ ) ( ・_・)\
「こんにちはまる~」

そうです!本日一緒に食材を紹介してくれるのは、栃木県のマスコットキャラクター、とちまるくんです(≧▽≦)b
「今日はたくさんのお友だちにおいしいものをたくさんしょう介したいまる~」
では、さっそくレッツゴー(^^)/

「『道の駅思川』はたくさんのお客さんがいるまるね~」
道の駅思川では旬のお野菜やおいしい食材がたくさん販売されているんですよ~(^_^)
そして・・・本日ご紹介する食材はこちら!


「モリンガ」です(*^O^*)
「モリンガって何まる?」
モリンガはインドを原産とするワサビノキ科の植物で「奇跡の木」と呼ばれるほど栄養価に優れたスーパーフードなんですよ\(^_^)/今日はそんなモリンガをおいしく食べちゃいましょう!

まずご紹介するのはモリンガ茶です(^_^)こちらの商品はティーバックタイプになっていて、とっても使いやすいです。では、さっそくとちまるくんに飲んでいただきましょう(*^O^*)ゴクゴク・・・
「とってもおいしいまる~!クセがなくてのみやすいまる~」


味わいが独特かと思ってましたが本当にクセがないので、食事のときにもぴったりですよね(≧▽≦)b

 

次にご紹介するのは、こちらのモリンガパウダーです(^_^)モリンガをそのまま粉末状にしたんですよ。
「どうやって食べるまる?」
水や牛乳に溶かしたり、パウンドケーキ等お菓子に混ぜても良いんです(^^)/今回は生チョコにしてみました(・∀・)ホワイトチョコに抹茶ではなくモリンガパウダーをまぶしてみました。


「ではさっそく・・・」
「本当にクセがなくておいしいまる~!色もとってもあざやかまるね~」
お菓子に混ぜて使用すると、とっても鮮やかな緑色なんです(≧▽≦)b色々な料理に使ってみたいですね(*^O^*)
モリンガティーやモリンガパウダーは県内の道の駅やスカイツリーにある栃木県アンテナショップ「とちまるショップ」でも販売中です(*^O^*)是非お試しください!
「おいしく食べて、みんなでけんこうになろうまる~」

帰りに栃木市にある美田頭首工に来ました。

とちまるくんのつぶやき
「 水がキラキラしてぽかぽか、春を感じるまる~」

 

【道の駅思川】
住所 小山市大字下国府塚25‐1
営業時間 9:00~19:00 (7月~9月)
9:00~18:00 (10月~6月)
定休日 無休
http://www.michinoekiomoigawa.co.jp/

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や
「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも
発信していますので、是非、ご利用ください。


「日光くじら食堂」 日光地産地消メニューフェア開催中!!

こんにちは。SOBAKOです。

今日は日光市内で1月15日「いちご王国・栃木の日」から始まっている日光地産地消メニューフェアの一部を紹介します。

いちごやさといもなどを使ったメニューを「とちぎの地産地消推進店」に登録されているレストランやペンションで期間限定で提供しています。

日光地産地消メニューフェア

本日、ご紹介するのは日光で隠家的な存在の創作ランチのお店「日光くじら食堂」です。

お店にたどり着くと、最初に目に入る扉のなんと存在感のあること!!
築50年以上の民家をリフォームしたものだそうです。
フェア期間中のメニューは二つあります。
「とちおとめと日光HI・MI・TSU豚ミンチのミートソース」、「にっこり梨のペペロンチーニ」。
どちらもフルーツを使っているのに、スイーツではないんです( ゚Д゚)
くじら食堂さんオリジナルの新メニューとなっております。

メニュー

2人で行ったので、シェアすることで、もちろん両方注文しました!(^^)!

まずは前菜の登場。彩りよく、トマトやサトイモ、ゴボウなど季節の野菜がたっぷりです。

いよいよメインです。

いちごのミートソース

「とちおとめと日光HI・MI・TSU豚ミンチのミートソース」。

な~んだ普通のミートソースパスタじゃないと思ったそこのあ・な・た!!

この香りは注文しないと分かりませんよ。まさしく「いちご」です。甘酸っぱい「いちご」の香りたっぷりのミートソースパスタ。やみつきになりそうです(*’▽’)

「にっこり梨のペペロンチーニ」。

にっこり梨の食感も残したまま卵をからませた優しい味わいのパスタです。スープもとーっても美味しいです。

2種類食べられて大満足したところに、食後に飲み物とデザートもついてくるんですよ。

デザート

今の時期、寒そうな日光ですが、ここには暖炉もあり、ほっこりのんびりくつろいだランチが楽しめます。

暖炉

日光くじら食堂
栃木県日光市久次良町238-6
TEL 0288-53-2206
平日11:00~15:30(14:30までにご来店ください。)
土日祝11:30~16;00(15:00までにご来店ください。)
https://www.facebook.com/nikkokujirashokudou/
http://www.nikkokujirasyokudou.com/

日光地産地消メニューフェアhttp://www.pref.tochigi.lg.jp/g52/syoku_nou_kouryu/2017nikkomenufair.html

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や
「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも
発信していますので、是非、ご利用ください。

 


まるごと苺プレート🍓-日本橋室町・日本橋三越 自遊庵-

こんにちは、さとやまです。
2018年1月17日(水)~30日(火)まで
日本橋三越 本館地下1階 自遊庵にて、
栃木県産とちおとめ&スカイベリーを使用した創作料理
まるごと苺プレート」を提供しているとのことで
早速いってきました🍓

 

 

 

 

 

まずは、しゃきしゃき野菜といちごとローストビーフの和サンド、ふわふわオムレツとローストチキン~いちごソースがけ~、ころころいちごと生ハムのサラダです。
とちおとめの酸味とお肉の相性抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

つづいて、苺と生姜のとろとろ甘酒スープです。
とちおとめのペーストに、生果実も入っているので、いちご感満載です。
生姜が入っているので、体も温まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、つるつる冷製いちごうどんです。
うどんがいちご色で見栄えがします。味はパスタ風に仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、ぷるぷる練乳豆乳プリンと、まるっといちごです。
スカイベリーと豆乳プリンのデザートで、この組み合わせも抜群ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、地下1階では、栃木県産とちおとめの海鮮ちらしやいちご大福、ババロアなども各店で販売されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、1月24~30日限定で、伊澤いちご園「生いちごミルク」と
お菓子の城 那須ハートランド「いちごディップ」が販売されます。

ぜひ足を運んでみてください。

【日本橋三越 自遊庵】
住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1 本館地下1階
電話:03-3241-3311(代表)
時間:10:30~19:30
定休日:1月23日(火)
詳しくはホームページをご覧ください
https://my.ebook5.net/mitsukoshi/hontendays201801/

※ 記事投稿時点の情報ですので、変更となっている場合もあります。ご注意ください。

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。