かぬまのテロワールを楽しむ。かぬま里山ワイン(鹿沼市)

こんにちは。SOBAKOです。鹿沼市産のぶどうで作られたワインをご存知ですか?

かぬま里山わいん

かぬま里山わいん

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿沼市にある宇賀神緑販株式会社。ワインなのに緑販?と驚きましたが、実は本業は造園や植木などの生産販売。現会長が2003年からワイン用ブドウの栽培を始めたそうです。

栽培しているのは4品種。キャンベル、メルロー、デラウエア、シャルドネ。

12月のぶどう畑はこんな感じですが

12月のぶどう畑はこんな感じですが

 

 

 

 

 

 

 

夏のぶどう畑はステキ

夏のぶどう畑はステキ

 

 

 

 

 

 

 

シャルドネに

シャルドネに

 

 

 

 

 

 

 

キャンベル

キャンベル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かぬま里山ワインはワインの品種毎に4銘柄があります。全種類制覇はお財布がキビシイ。店員さんにオススメを訪ねると、2015年産はメルローの出来が良かったので「里山の輝き・メルロー」が良いとのこと。ではそれをいただきますか。

ロゴ入りの木箱もかわいい
ロゴ入りの木箱もかわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

店内を見渡すと、なんだか生産年によってラベルが違うのですが。会長さんが「飽きやすいんだよね」とお茶目な事をおっしゃる。

ずいぶんラベルの雰囲気が違う!

ずいぶんラベルの雰囲気が違う!

 

 

 

 

 

 

 

記念すべき生産初年のワイン。2006年産はその名も「RyokuhanWine(リョクハンワイン)

記念すべき生産初年のワイン。2006年産はその名も「RyokuhanWine(リョクハンワイン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒の飲めない方には完熟ぶどうジュースもありますよ。

ストレート果汁100%の自然な味わい

ストレート果汁100%の自然な味わい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【かぬま里山ワイン】

宇賀神緑販株式会社

住所:栃木県鹿沼市下奈良部町273

電話:0289-75-3266

 

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


足利市・ココファーム 栃木県でワイナリーの見学ができる場所

画像

11月17日(土)、18日(日)にココファームの収穫祭がありました。

ココファームの収穫祭安寿が行ったのは、雨の次の日曜日。朝から飲む気てんこ盛りで朝8時10分足利市駅発の臨時バスで・・・。一番早いバスでしたが、ほぼ満員でした。

バスの隣席の方はほぼ10年、毎年通っている方。初心者向きの楽しみ方を教えていただきました。早めに行って、ブドウ畑の場所を確保。テーブル、イス持参。まるで花見のようです。

 

ブドウ畑の中腹から見下ろす

 

ブドウ畑の中腹から見下ろしてみました。いたる所にブルーシートが敷いてあります。

 

 

濾過していない新酒、酵母が生きています  3000円のチケットをワイングラスと今年の新酒に受付で交換。少し味見したので、量が減っています。新酒の、まだ少し炭酸の残っている感じ・・・。赤の仲間ですが、渋みが少なく、赤の苦手な私にも飲みやすかったです。

 

 

 追加のワイン

 ワインの追加は有料。でも、いろいろなワインが試せて、うれしい。自家製パンやカフェで提供される様々な料理が出ていました。

少し酔ったのかな。青空の下、斜面のブドウ畑でごろんと横になって…、コンサートも始まった。この開放感が気持ちよい・・。 

 

地元産トマトピューレお土産を物色。宅配便でワインを送るコーナーもありました。また、地元産トマトで作ったピューレも発見。

また、中でも、地元のブドウを主に使ったワイン「のぼっこはお薦めだそうです。

 

普段もカフェ等を営業しています。また、予約制のワイナリー見学コース等もあるので、グループで行くのも良いのでは?

 私も、また、行こうかな・・・。

 

【こころみ学園のワイン醸造所 ココ・ファーム・ワイナリー】
 住所  :足利市田島町611
 電話  :0284-42-1194
  休館日:年末年始(12月31日~1月2日)、1月第3月曜日から5日間
  参考URL  :http://cocowine.com/ 

 
※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。