「峠の釜めし」ならぬ「益子の釜めし」

こんにちはiskwです!

みなさん峠の釜めしはご存知でしょうか?
群馬県安中市にある「荻野屋」で販売している有名なアレです。
一度は食べたことはある方も多いのではないでしょうか?

実はあの器...
益子焼なんです!!!

しかも...
栃木県でも、アノ釜に入った「オリジナルの釜めし」を食べることができます!

「益子焼窯元つかもと」さんで「益子の釜めし」として土日限定で販売しています。

内容はこちら!
鶏肉、椎茸、干瓢、ゴボウ、お米などを一品一品食材別に丁寧に炊き上げています。

栃木県産の食材を多く使用しています!
写真ではわかりにくいのですが、中には干瓢がたくさん入っていて、栃木県らしさが前面に出ていました!
栃木県ならではの「益子の釜めし」をぜひ味わってみてください!
※釜めしの販売に関しては、「つかもと」さんへ直接お問い合わせください。

益子焼窯元つかもと
益子町益子4264
☎0285-72-3223
定休日:木曜日

※ 栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


道の駅はが~キッチン和京~のおまかせ弁当

 こんにちはiskwです!

先日、「道の駅はが」に行ってきたら直売所は多くの人でにぎわっていました♪

今回はお昼ごはんに、事前に注文していた「キッチン和京(なごみ)」さんのおまかせ弁当をいただきました。



芳賀町産のお米と野菜をたっぷり使ったお弁当です!
おかずの種類が多くてびっくりしました!!!コスパも良く美味しくいただきました。



キッチン和京さんでは店内でのお食事も可能です!
お弁当の注文やメニューについては、キッチン和京さんにお問い合わせください。

直売所の隣にある物産館で、パンも購入してしまいました。
いちごの形をしたかわいらしいパンや、今の季節にぴったりなブルーベリーのパンなど、たくさんの種類のパンが売っていました♪



新鮮な野菜やおいしいごはんを食べに、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

道の駅はが キッチン和京(なごみ)
芳賀町祖母井842-1
☎028-677-5887
定休日:水曜日

※ 栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


メロンクリームソーダの作り方

皆さんこんにちはiskwです。

先日JAはが野さんで今が旬のメロンを購入しました♪
今回は、きれいなオレンジ色の果肉、なめらかな口当たりと深みのある甘さが特徴の「クインシーメロン」を2玉購入しました!


1つはそのまま美味しく頂いて、もう1つはメロンクリームソーダを作りました♪
簡単な作り方をご紹介します!

上の部分を包丁で切り抜きます
スプーンを使って中身を取り出します
種を取り除きます
取り出した中身とサイダーを混ぜて戻します
最後にアイスを乗せたら完成です



皆さんもお好みにアレンジして作ってみてください!

※ 栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。




ドライブイン茂木でランチ!

こんにちはiskwです!

茂木町を運転していたら小さな看板をみつけました。
「ドライブイン茂木???」

こんな山の中にドライブインがあるのかと半信半疑になりながらも、気になったので進んでみることに...

あと1,000m...

さらに進むと、なんとオシャレな建物が!!!

中に入ってみるとパン屋さんや古本屋さん、カフェなどがありました!

「雨余花(うよか)」さんでランチをやっているとのことだったので
「地元野菜とお肉のプレート」を注文しました。

お肉料理は「塩麹漬豚カツ~バジル大根おろし添~」

恥ずかしながら「バジル大根おろし」初めて食べました。
私にその発想はなかった...
とても美味しかったので、家でも作ってみようとおみます。

地元野菜をたくさん使った料理はどれも美味しいものばかり。
「雨余花のカレー」も気になったのでまた訪れたいと思います。

帰りに「Serendip」さんでパンも購入してしまいました♪

里山の美しい風景を眺めながら食事ができる素敵な場所でした。

ドライブイン茂木
茂木町町田21
☎0285-81-5006
Facebook: http://ja-jp.facebook.com/drive.inn.motegi/

※ 栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


いちかい里山オフィス×Shinmo 近い未来のシェフを応援!!

こんにちはiskwです。
最近とても暑くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

美味しいごはんを食べて夏の暑さに備えようと思い、「いちかい里山オフィス」さんで市貝町産の野菜をたっぷり使った豚ばら弁当と、週替わり弁当(今回はモロのフライ)を注文しました!

 

いちかい里山オフィスは町の委託を受けて町の雇用促進事業として就職相談会を開催したり町の農産物を有効活用するための商品開発、雇用に役立つセミナーなど幅広く活動しています。

その活動の一つとして町の農産物を使ったお弁当の販売もしています!

そんな里山オフィスさんの新企画ということで
「Shinmo × いちかい里山オフィス」コラボ弁当~近い未来のシェフ応援企画~

市貝町内で有機農業を営む「旬の野菜 爽菜農園」さんの元で研修中の新本さんとのコラボ弁当です!

野菜をたっぷり使った豚ばら弁当

時折担当するまかないランチや、爽菜農園さんが主宰するイベント等(※現在は自粛中)で調理を担当している新本さんのごはんはとても人気とのこと!
そんな新本さんの目標は無農薬野菜を作ることと、この野菜を使った料理を提供するお店をもつことで将来に向けて着々と準備を進めています。

ボリュームたっぷりのお弁当でコスパの良さにびっくり!美味しくいただきました!
新本さんがシェフになる日も近いのではないでしょうか!?
お店で食べられる日を楽しみにしています♪

里山オフィスのお弁当は道の駅サシバの里いちかいなどで購入することができます!

詳しくはいちかい里山オフィスのFacebookページをご確認ください。
http://www.facebook.com/いちかい里山オフィス-205930043353917/

※ 栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


いい里さかがわ館名物「さかがわの昼飯」

こんにちはiskwです!

皆さん、いい里さかがわ館をご存知でしょうか?

茂木町の逆川地区にある野菜直売所です!そばレストラン、手作り惣菜、アイスコーナーもあり、ドライブの休憩ポイントとなっています!

この時期オススメの抹茶アイス

レストランで食べる手打ちそばやアイスもオススメなのですが・・・
今回紹介するのは「さかがわの昼飯」です!

中身はこちら!!!


茂木町産の食材をたくさん使ったボリュームたっぷりのお弁当です!
お米は「さかがわの特別栽培米」を使用しています!

さかがわの昼飯は土日限定の販売で、すぐに売り切れてしまう人気商品です!!
土日限定の販売ですが、10個以上の注文であれば3日前までの注文で平日も対応しています!

その他のテイクアウトメニューも充実しています!

また周辺の焼森山・鶏足山はハイキングに適した山です。
3月中旬から4月中旬にはミツマタの淡い黄色い花が一面に咲き乱れます!

いい里さかがわ館のお弁当を持ってハイキングに行ってみてはどうでしょうか?

いい里さかがわ館
茂木町飯362-1 ☎0285-65-7555
野菜直売所   8:30~17:30
そばレストラン 11:00~14:00(平日)
                            11:00~15:00(土日)

※ 栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


道の駅ましこ~ましこのごはん~でテイクアウト!

こんにちはiskwです!!

緊急事態宣言が解除されましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
まだまだ油断は禁物です!

この時期外食を控えている方も多いのではないでしょうか?
そんな時にはテイクアウトを利用してみてはどうでしょうか!
道の駅ましこのレストラン「ましこのごはん」では当面の間テイクアウトも実施しています!

道の駅ましこ
メニュー

今回は根菜キーマカレーをいただきました!

根菜キーマカレー

ごぼうや人参、レンコンなど根菜がたくさん使われていました!食感もレンコンのシャキシャキ感がおもしろいです!
容器は2段になっていて手作りドレッシングのサラダもついています!サラダはスライスした赤ダイコンや人参、豆などの益子町産野菜が入っていて彩り豊かです!

パスタ

その他にパスタやローストポーク丼、益子町の薄羽養鶏場のたまごが乗ったカルボナーラうどん(パスタではなくうどんです。珍しいですよね!)もあり、かわいい容器に入っていました!

当日の注文でテイクアウトも可能ですが、まとめて注文する場合は事前にお問い合わせください。
※メニュー内容は変更になる場合があります。

テイクアウトの実施状況や営業状況については直接店舗にお問い合わせください。

道の駅ましこ
益子町長堤2271
☎0285-72-5530
HP: http://m-mashiko.com/ 

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


そば処清流でテイクアウトはいかがでしょうか?

こんにちはiskwです。

ここ最近、様々な飲食店でテイクアウトやお取り寄せが出来るようになってきました!
私は、自粛生活が続いているせいか普段だったら買わないような3,000円のラーメンセットをお取り寄せしてしまいました…..

皆様もテイクアウト等利用する機会が以前に比べて増えているでしょうか?

そんな中、今回は真岡市寺内にある地産地消推進店の「そば処清流」さんでテイクアウトの天丼をいただきました!

看板


 天丼

写真はえび天丼と穴子天丼
地元野菜がたくさん使われていました!


そば処清流ではコロナウイルスが終息するまでの当面テイクアウトを実施しているとのことです。

メニューはこちら!!

メニュー


 
当日の注文も可能ですが10個以上まとめて注文する場合は、前日の営業時間内にお問い合わせください。

また、コロナ対策をしながら店内での営業も実施中です!
そば
詳細については直接店舗にお問い合わせください。

そば処清流
真岡市寺内1547-2
☎0285-84-2515
定休日:毎週木曜日及び第3水曜日

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


県内初!?「道の駅ましこ」で地元産野菜のドライブスルー販売

こんにちは!農政部ブログ初投稿のiskwです!
皆さんにフレッシュな情報を届けられるよう投稿していきたいと思います!

今回は「道の駅ましこ」に行ってきました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ゴールデンウィーク期間の5月6日までを休館としており、その期間敷地内の駐車場で地元産農産物のドライブスルー販売を実施しています。


販売時間は午前10時から正午。※なくなり次第終了
2千円セットと3千円セットがあり支払いは現金のみとのことです。

道の駅ましこ

10時前から行列ができていました。

 

 

ドライブスルー

10時前から並びましたが、3千円セットは人気のため売り切れていました。

 

 

野菜セット

こちらが購入した2千円セットです!

旬の地元産野菜がたくさん入っていてお得感満載です。
普段はなかなか購入しないような野菜も入っていて、楽しみながら料理ができるかもしれません!

ゴールデンウィークはご自宅で新鮮な野菜を使って、色々な料理にチャレンジして#おうち時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

詳しくは「道の駅ましこ」の公式HPをご確認ください。
http://m-mashiko.com/

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


こんにゃくを芋(茂木町産)から作ってみた

こんにちは、かぼプキンです。

今回は、「蒟蒻(こんにゃく)芋」から作るこんにゃく、についてレポートします。

ある日、私は茂木町産の蒟蒻芋を手に入れたのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて…こんにゃくを作るのに他にどんな材料がいるのか検索してみるか。「消石灰」?スーパーでは見たことないな。

真岡市のドラックストアにあるかな…ない。え?今は取り扱ってない?鹿沼市のドラックストアになら…あ、ない…そうですか。

ホームセンターになら…ある?やった!え、これ?これって畑にまく土壌改良資材だよね?20kgとかそんなにいらないし。2gしか使わないし。そもそも口に入れるためのものじゃなさそうだし…。

どこにあるの、消石灰…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

材料がそろわず、蒟蒻芋をインテリアにすることを考え始めたとき、茂木町の直売所、「いい里さかがわ館」で「こんにゃくの素」なるものを発見しました。すごいわ、さすが蒟蒻芋の産地茂木町。

こんにゃくの素は消石灰ではなく、炭酸ナトリウムが成分らしいですが、これでも作れるみたいです。それでは取り掛かりましょう。

材料は蒟蒻芋(316g)、こんにゃくの素、ぬるま湯。道具はゴム手袋、ピーラー、包丁、はかり、おろし器、ボウル、計量カップ、お鍋、木べら、こんにゃくを流すタッパー。

 作り方はこんにゃくの素の裏に書いてあります。うーん、手順は大体5つでしょうか。

①芋をすりおろす、②芋にぬるま湯を混ぜてから煮る、③煮芋にこんにゃくの素を入れる、④こんにゃくを型に入れてかためる、⑤こんにゃくを茹でてアクをぬく まず皮をむきます。ピーラーを使おうかと思いましたがごつごつして使いにくそうだったので包丁を使います。

※蒟蒻芋には「シュウ酸カルシウム」という強い毒性を持つ物質が含まれているため、肌に芋が触れるとかゆくなったり痛くなったりします。こんにゃくができあがるまで素手で芋を触ってはいけません。 中は意外と白かった…。梨の皮をむいているようなやわらかさでした。匂い…は、例えづらいですが…いちぢくみたい? 芽の部分を取り除きます。ここで計量し直します。280gでした。芋1000g当たりこんにゃくの素が25gとのことなので、今回は素を8g使います。   ぬるま湯1リットルをボウルに入れて、その中に芋をすりおろしていきます。この時、右手のゴム手袋をおろし器で破ってしまい、ダメにしてしまいました。予備が必要でした。 おろし終わるとこんな感じです。赤い色になってしまいました。アクの色でしょうか。もうすでにどろどろしています。 おなべに入れて弱火でこねていきます。というかこんな色で大丈夫なのか不安になってきました。赤いこんにゃくができてしまうの? 20分ほどこねると鍋から離れてお餅っぽくなってきました。うっすら透明感もあります。ここで火をとめて、ぬるま湯に溶かしたこんにゃくの素を一気に投入!!

!!こんにゃくのあの色になった!!匂いもこんにゃくの匂いだ~! 木べらでは限界があるのでホイッパーに持ち替えて全力で混ぜます。急がないと固まってしまうううううう!水で濡らしておいたタッパーに煮芋をつめて、常温において冷まし固めます。タッパーに入りきらないのはちぎって玉(にならなかったけど)こんにしました。  1時間ほどで固まったようだったので、タッパーのこんにゃくは適当に切り、玉こんはそのまま茹でました。30分ゆでて、茹でこぼす…を3回行い、しっかりアクを抜きます。昔から長芋や里芋を食べてかゆくなってきたので念のためです。ゆであがった板こんは水を入れたタッパーに泳がせ、冷蔵庫にいれてアクを抜きます。板こんは表面が凸凹していますが、手作りならではでしょう。今回できたのは板こん6枚分くらいの量でした。

※(後日談)こんにゃくからアクが出てきて水の色がどんどん茶色に変わるので、適宜水を変えました。 一晩アクを抜いたこんにゃくを食べたら口がかゆくなりましたので、アク抜きを延長しました。同じ物を食べてかゆくならない人もいましたので、個人差があるようです。アク抜き後、玉こんはだし醤油とみりんで味玉にしてみました。歯ごたえは売っているものよりやわらかめでした。あんな小さい芋からこの量のこんにゃくが作れるとは…恐るべし蒟蒻芋。また作りたいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、皆さまも試してみてください、と締めたいところですが、肝心の芋がなければ作れませんね。

茂木町の「いい里さかがわ館」の支配人さんに伺ってみたところ、11月の上旬から中旬にかけて、蒟蒻芋の取り扱いがわずかにあるそうです。いつでもあるわけではないのでお問合せの上でお求めください。お値段は1個300円前後とのことです。

【いい里さかがわ館】
住所:栃木県芳賀郡茂木町大字飯362-1
電話:0285-65-7555
HP:http://sakagawakan.com/

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。