栃木県はかんぴょう生産日本一!長いかんぴょう巻きに挑戦!!【KOME-REVO】“お米レボリューション”シリーズ VOL.3

お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

こんにちは! Smile!!です。

毎月「5(ご)」と「8(はん)」のつく日は栃木県民ごはんの日!!
ぐずついた天気の週末、ごはん料理に挑戦です。

皆さんご存じのとおり、栃木県は、かんぴょう生産日本一!!

そんな栃木県に生まれ育ったにも関わらず、かんぴょう巻きをいちから手づくりしたことがないことに気づき、作ってみることにしました。

どうせなら、長~いかんぴょう巻きを作って子どもを驚かせたい!!
ということで、長いかんぴょう巻きに挑戦してみました。

まずは、かんぴょうを煮ます。
今日使用するかんぴょうはもちろん栃木県産‼ 干物で20gです。

かんぴょうを水で洗い、塩でよく揉みます。
その後もう一度水でよく洗います。

沸騰したお湯に入れて約15分間茹でます。
すると約7倍に膨らみます。

ザルに広げて粗熱を取ります。

次に煮汁を作ります。
水100mlにしょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、砂糖大さじ2を入れ煮立たせます。

そこにかんぴょうを入れ、10分ほど煮含め、
その後、煮汁が少なくなるまで煮詰めたらバットに入れて冷まします。

これでかんぴょうが煮えました。
とても簡単でした。なんだかとても美味しそうです。

次に細巻きの準備です。

すし飯を準備します。
お米も、もちろん栃木県産です。今回は「こしひかり」を使いました。
今回は市販のすし酢を使い、すし飯を約800g(約2合半)作りました。

テーブルいっぱいにラップを敷きます。
(本来はすのこを使用して巻きますが、長~いかんぴょう巻きをつくるにはラップが最適です。)

そこに海苔を並べます。
今回使用したのは、手巻き用に市販されている海苔で、板海苔を半分に切ってあるものです。
板海苔を使用する場合、半分に切りますが、縦と横の長さがわずかに異なるので、気を付けましょう。
海苔には表と裏があり、裏側のざらざらしている方にご飯を載せます。

海苔同士を3~4㎝ほど重ねます。

今回は10枚並べました。
板海苔の幅が約17センチでしたので約170センチ位ですね。

ここにすし飯を置いていきます。
一枚の海苔に約60~70g程度が適切です。
だいたい子供のお茶碗で半分位です。(私は80gで試しましたが少し多すぎました)
置き方としては、
一枚分のごはんを細長く成形し、海苔の上のほうに置きます。
(この時に上部を1.5㎝ほど空けます)
海苔の幅いっぱいに広げたら、下に薄く広げていき均一に敷き詰めます。

ここは、地道にすし飯を広げていきます。
もう一つのポイントは重ねた海苔がずれないよう気を付けることです。

無事に広がりました。

ここでようやくかんぴょうの出番です。
かんぴょうの汁をよく切りましょう。
少しねじって海苔巻きの芯となるようにしましょう

並べました。

ここからいよいよ巻いていきます。
子供たちも参加します。
人数が多ければせーので巻けると思いますが、端から少しずつ巻いてきます。
海苔の端(一番手前の部分)を海苔の上部のごはんの敷いてあるところに向かって巻きます。
海苔とラップを一緒にもって、具のかんぴょうを指で押さえると巻きやすいです。
上部の余白はのりしろならぬ、海苔しろです。

巻けました!!
長い!!

長さを図ると145㎝でした。ごはんを敷き詰めている時に海苔の重なりが増えたのでしょう。
初めてにしてはうまく巻けました。達成感があります。

小学1年生の息子と比べても、かんぴょう巻きの方が長いです。

食べるときは、「お客さんどれくらいにしますか?」なんてやり取りをしながらキッチンハサミで切って食べました。

インパクトのある見た目とさっぱりとした酢飯、甘いかんぴょうの味付けのおかげで、子ども達ももりもりと食べてくれました。

栃木県産のかんぴょうは肉厚で、存在感抜群です。
噛み応えがありますので、小さなお子さんやお年寄りの方は、小さく切ってよく噛んで食べましょう。

衛生面にも気を付けました。
今回は、食品用の使い捨て手袋をはめて調理しました。

おうち時間にお子さんと長~いかんぴょう巻き挑戦してみてはいかがでしょうか。

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


新食感「ツナチーズリゾット」を作ろう!【KOME-REVO】“お米レボリューション”シリーズ VOL.1

皆さん、長く続く「巣ごもり生活」で、毎日の食事に飽きちゃったりしていませんか?
テイクアウトでプチ贅沢もいいけれど、ちょっとお財布やカロリーが心配。
でも、ご飯を炊くのも面倒だし、メニューもマンネリで食欲が湧かないし。
米びつのお米がなかなか減らない、、、。
でも、お米は日本人のソウルフード。健康にも良いのです。お米をもっと楽しんでほしい♪
そこで、「栃木のうんまいもの食べ歩き」ブログでは、
特別企画【KOME-REVO】(お米レボリューション)を立ち上げました。
お米を楽しむための情報を、職員体当たりで紹介しちゃいます!

第1回の今回は、お手軽レシピをご紹介します。
火を使わずに、電子レンジだけで調理できちゃう「ツナチーズゾット」

まるで洋食のような食感が新鮮!
隠し味は「黒コショウ」と「オリーブオイル!」(又はごま油)
ちなみに、使うお米は、しっかりした食感が特徴の「とちぎの星」(栃木県オリジナル品種)です!

[材料(3人分)]
米:1合(今回は「とちぎの星」)
鶏がらスープの素:大さじ1杯
めんつゆ:大さじ1杯
ツナ缶詰:1つ(サケフレークなどでも大丈夫)
水:460~480ml(お好みで加減)
チーズ:ピザ用など溶かして使うもの(適量)
添える野菜:今回はブロッコリー(ゆで)
その他:黒コショウ、ごま油(またはオリーブオイル)

[作り方]

耐熱ボウル(電子レンジOK)の大きめものに、「米」(研いだもの又は無洗米)「鶏がらスープの素」「めんつゆ」「ツナ缶」「水」を一度に全部入れちゃいます。かき混ぜます。

次に、ラップをかけて電子レンジでチン。600Wなら15~17分(私はちょっと固めが好みなので15分)。
ポイントはラップで密封せずに、2か所ほど、数センチ開けておきます。

温め終わったらチーズを入れてかき混ぜる!(チーズがじんわり溶けていきます♪)

盛り付けてから黒コショウを振って、オリーブオイル(または、ごま油)で風味付け。
野菜を添えて出来上がり!

うーん、プチプチした食感。いつもの炊いたご飯とは全く別モノ
黒コショウと油の風味がなかなか良い! くせになりそう!

週末のお昼ご飯が、手軽にお洒落になるかも!
久しぶりに「彦音色」がお届けしました。

栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


テイクアウトお弁当で素敵なランチタイムを!(宇都宮・レストラン Hummingbird ハミングバード)

※県では、職員が率先してテイクアウトやデリバリーを利用するとともに、市町や関係団体への呼びかけを行い、飲食店や「食」を支える事業者、生産者を応援します。 県民の皆様におかれましても、本運動に御賛同いただき、地域の飲食店のテイクアウトやデリバリーを積極的に御利用くださいますようお願いします。https://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/takeout_delivery.html
※外出時は、マスクの着用、3密の回避や手洗いなど、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底をお願いします。

お久しぶりです。にこです!ラブラドールの女の子です。
栃木県では、「栃木県民ごはんの日」プロジェクトとして、「5(ご)と8(はん)のつく日は1日3食お米を食べよう」を合言葉に、お米の消費拡大運動に取り組んでいます!
にこもごはんを食べるのは大好きです❤
(お米じゃないけど・・・)

  パクパク うまうま

さてさて、今回は飼い主のひろが食べたお弁当の話です。
ひろの職場では、お昼休みに、お店と農産物の生産者さんを応援するために、みんなでお弁当を注文しているの。

届いたお弁当がこちら。
帯付きでオシャレな雰囲気が出ているね♪

この日はみんなで、4種類、合計18個のお弁当を注文。
ハミングバードさんでは、5人前以上であれば配達もしてくれるんです(^^♪
ひろは、唐揚げ(油淋鶏ソース)弁当を頼んだよ!

ひろの感想は、
『サラダには自家製のにんじんドレッシングがかかっていて美味!
油淋鶏のソースがご飯によく合うから、たくさん食べられる!ご飯もおいしい。
にんじんとごぼうのきんぴらも食べごたえがあって、素材の味が感じられる味付けでした。
野菜もたくさん食べられて大変満足、ごちそうさまでした。』
だって。素敵なランチタイムになってよかった(^^)

実はこのお弁当、サラダや煮物、ご飯には栃木県産の農産物が使われているんだよ!ハミングバードさんではできる限り栃木県産のものを使うようにこころがけ、農家の人と取引をしているんだって!!お漬物以外はすべて手作りなんだよ!

お店の場所は「栃木県子ども総合科学館」の向かい側で、下の写真を参考にしてみてね!近くに来たときはぜひ立寄ってみて!
お弁当以外にもオードブルやカフェメニューもテイクアウトできて、店内では旬の素材を使ったランチメニューなどが食べられるよ!

店舗遠景
店舗入口
ランチのハンバーグ

ハミングバードさんは「とちぎの地産地消推進店」にもなっているんだよ!
詳しくは▼河内農業振興事務所HP▼
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g51/04-syokutono-koryu/2020/210204_takeout_joho.html
栃木県産の農産物を使用している地産地消推進店を利用して、コロナ禍で大変な飲食店や生産者をみんなで応援しよう!

【レストラン Hummingbird ハミングバード】
住所:栃木県宇都宮市西川田町521−1
電話:090-8773-1323
営業時間:11時30分~17時00分
定休日:火曜日
HP:https://hummingbird-restaurant-bar.business.site/

※ メニューや価格等については、ブログ掲載時と内容が異なる場合がありますので、店舗等を利用される際は、事前に当該店舗に御確認くださるようお願いいたします。
栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


お肉が甘い?「和豚もちぶた」~レストラン ランデヴー~

※注意※
本記事については、栃木県緊急事態措置(4/18~5/15)以前の取材により作成したものです。 現在の情報とは異なる可能性がありますので御了承願います。
また、お出かけの際には、基本的な感染防止策の徹底をお願いいたします。

こんにちは三毛猫家’sです
皆さん一人ひとりが元気になるように、そして日本全国が元気になるように、栃木県内のおいしい情報を発信していきます

さて、4月のとある土曜日、私が訪れたのは、栃木市にある「レストラン ランデヴー」さんです
レストラン外観

 

可愛らしい外観のランデヴーさんは、1979年創業の洋食屋さんです。

宇都宮市在住の私ですが、栃木市に行ったら是非とも寄りたい大好きなレストランなのです

カレーやビーフシチューが大人気ですが、全国選りすぐりの食材を使用して、とっても丁寧に仕上げられた美味しいメニューが並びます

ランチメニュー

 

 

入り口には、本日のランチメニュー
おおお!「もち豚のロースステーキ」があるではありませんか
早速、入りましょう!

店内の様子

 

 

 

ノスタルジックな雰囲気、窓からは長閑な風景が広がります
静かに流れる音楽も重なり、なんとも良い気分です

 

 

お店に入る前から、オーダーを決めていた私ですが、『ランチメニューの「もち豚」は県産の豚肉ですか?』と店員さんに尋ねると…
『県産ですよ。もち豚のお肉は、脂身がとっても…』
『甘い』と、思わず最後でハモってしまいました

私には、豚肉の脂身が苦手な家族がいるのですが、豚肉を食べるときは、いつもロースやヒレなどの脂が少ない部位。
でも、この「和豚もちぶた」を購入して食べたときは、「脂身が美味しい!」と率先してバラ肉を食べていました
豚肉はちょっと苦手…そんな方にも食べて欲しいのが、県内の養豚農家さんが愛情いっぱいに育てている、この「和豚もちぶた」です

ロースステーキ

 

そうこうしているうちに、ジュジュジュっと食欲をそそる音とともに、熱々のロースステーキが来ましたよ~

ステーキ断面

 

 

 

見てください!
お肉の繊維がとってもきめ細やか。

弾力があるのに軟らかい
とってもジューシー
臭みは全くなく
お肉の味もしっかりしています
そして…

甘~い

 

 

ぜひ皆さんも「和豚もちぶた」味わってみてくださいね

【レストラン ランデヴー】
 住所:栃木県栃木市惣社町790-1
 電話:0282-27-0039
 定休日:火曜日(祝日の場合営業)

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


父の日に花を贈ろう(栃木市・とちぎ花センター)

はじめまして!にこです!!ラブラドールの女の子です。
今日は飼い主のひろと栃木市にある「とちぎ花センター」にお散歩に来ました。

きちんとリードをつけておけば、にこも入ることができるんですよ!

入り口を進むと、大花壇にはオレンジ色の花、マリーゴールドが満開で、いろいろな花のいい香りが広がっていました!

バラのアーチが素敵!

鑑賞大温室「とちはなちゃんドーム」は、7月19日まで「香るハーブの世界展」が開かれているみたい。ひろは「はなカフェ」でハーブティーを楽しんでました!にこは飲まなかったけど、ジャスミンの香りでホッと一息。ハーブが入った容器も素敵でしたよー!

園内には「とちはなちゃんのお花屋さん」もあって、栃木県産のお花も取り扱ってるみたい!今月は父の日もあるし、にこはあげられないけど、みんなはお花を贈ってあげたらとっても喜ぶと思うの!

日本花き振興協議会 https://nippon-fc.jp/

行くときにはコロナに気を付けて、マスクを忘れないようにしてね!密も避けるんだよ!!

*****************************************************************

とちぎ花センター
〒329-4308 栃木県栃木市岩舟町下津原1612
TEL 0282-55-5775
FAX 0282-55-5770
Eメール t-hanac@florence.jp
HP http://www.florence.jp/

*****************************************************************

※ 栃木県農政部の情報は、 「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


秘密!?日光HIMITSU豚をいただきます!~日光かなめや~

こんにちは三毛猫家’sです

季節はすっかり春
ポカポカ陽気になってきました!
栄養のある食事と、十分な睡眠、体調管理をしっかり行って、春の明るさのように元気に過ごしていきましょう

さて、今日は、リニューアルオープンして間もない栃木県総合文化センターのギャラリー棟2階にある「日光かなめや」さんに行ってきました!

店内の様子
大きな窓から光が差し込み、とっても明るい広々とした店内です。

さて、早速メニューを見てみましょう…

 

豚肉のメニュー

 

「日光HIMITSU豚」を使用したメニューが並びます

日光HIMITSU豚は、日光市の銘柄豚で、日光連山の伏流水100%と豊かな自然のおいしい空気で育まれ、高度な衛生管理のもと、特定病原菌を排除した安心・安全のSPF豚です(日光市公式ホームページより)。

甘くさっぱり、軟らかくおいしい豚肉とのこと……食べるしかない

 

とんかつ

 

 

こちらは店員さんオススメの「日光豚のとんかつ定食」です。
サクサクの衣の中に、豚肉の甘みがギュッと詰まっています!
そして、とっても軟らかい

かつ丼

 

 

 

こちらは、友人が注文した「御養卵と日光豚のかつ丼」です。
フワフワの卵と甘いお出汁の味が豚肉との相性ばっちりです!

 

 

どちらのメニューもボリューム満点
日光湯葉や茶わん蒸しも付いて、大満足でした

豚肉には、「ビタミンB1」が多く含まれています。
このビタミンB1は、疲労回復、スタミナのビタミンとも呼ばれており、糖質をエネルギーに変えるのに欠かせない成分です。
お米大好きな私には、うってつけ

日光かなめやさんでは、日光HIMITSU豚を使ったメニューの他にも、とちぎ霧降高原牛を使用したメニューなど、地元ならではの食材を使ったお料理が味わえます!

ぜひ皆さんも、栄養をしっかりと摂って、元気いっぱいの身体づくりをしていきましょう

【日光かなめや】
 住所:栃木県宇都宮市本町1-8
 TEL:028-678-6590
 HP:http://www.eatland.co.jp/lokanta/

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


栃木ふるさとの味をどうぞ!~しもつかれ~

こんにちは!三毛猫家’sです
皆さんは「しもつかれ」を御存知ですか?
栃木の郷土料理である「しもつかれ」は、初午という2月の最初の午の日に、お赤飯とともに稲荷神社にお供えする行事食です。
しもつかれには、魔よけ、厄除け、無病息災などの縁起物という意味があり、今でも栃木県内に受け継がれています。
また、七軒の家のしもつかれを食べると病気にならないという言い伝えがあるそうですよ
基本的な材料は同じでも、お家によって、作り方も味も様々。それぞれのお家に受け継がれる味、まさに伝統ですね
そんな「しもつかれ」ですが、県外出身の私に伝統の味はなく…残念ながら作ったことがありません。

そこで、『毎年「しもつかれ」を作る』という料理男子への取材をとおして、皆様にも「しもつかれ」の魅力をお伝えいたします
まずは、「しもつかれ」の材料がこちら…

塩鮭の頭・大豆・大根・人参・油揚げ・酒粕を基本としています。
お正月に残った塩鮭の頭、節分に使った大豆を使うのが伝統的な作り方のようです。
今回は、せっかくの郷土料理、大根、人参、大豆、酒粕は栃木県産のものを調達です

 

「しもつかれ」と言ったら、「鬼おろし」
まるで鬼の歯のような形をしている、この「鬼おろし」を使って、人参と大根をおろしていきます。

大根も大きく粗くおろすことで水分がでにくくなり、煮込んでも食感を残せます。

 

 

 

 

終わりました
この作業、力が要りますね…
次は、大豆です。

 

 

 

 

今回使用したのは生大豆なので、水を入れてふっくらカリカリに炒ってから使いました。
節分に使った福豆なら、そのままでもOKだそうです

 

 

塩鮭の頭は、半分に切ってから良く洗い、熱湯をかけて臭みをとってから圧力鍋で20分。
柔らかくなるまで煮込みます。
彼の場合、「下茹でなどしすぎると塩が抜けすぎて、しもつかれの味がきまらない」そうなので、要注意です

 

 

鬼おろしでおろした人参と大根、炒った大豆に油揚げ(油抜き済み)、柔らかくした塩鮭の頭と煮汁を入れて、しっかりと煮込んでいきます(煮込み方が甘いと食感が良くないそうです)。

 


 

そして最後に、酒粕を投入して、もうひと煮込み…
そう実は、味付けは、塩鮭の塩味と酒粕のみなんです

 


 

完成です…が、「しもつかれ」は出来たてではなく、冷めてから味を確かめる(そうですよ)。

 

 

 

一晩寝かせて、翌日、いただいたところ…
臭みもなく、味も食感も絶妙
これまで食べた中で、一番美味しい「しもつかれ」でした

 

 

故郷に伝わる伝統の味ですが、「見た目や酒粕の味が苦手…」「鮭の頭はちょっと…」そんな声もよく聞きます
彼曰く、「作り方が分かれば見た目は気にならない。酒粕が苦手なら少なくすれば良いし、鮭の頭が嫌ならば、切り身で代用すればいい。」とのこと。
今回のしもつかれは、たくさんの方にお裾分けするために、酒粕は少なくしたそうです
苦手なものを無理するのではなく、自分だけのアレンジで、自分好みに故郷の味を作ってみる…とても素敵なことだと思います。
皆さんも自分だけの「しもつかれ」、ぜひ作ってみてください

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


山口果樹園(宇都宮市)の甘くて美味しい梨はいかが?

9月中旬の土曜日、妻から、「親戚(愛媛県)に栃木らしいものを贈りたいんだけど、何がいいかな?」と聞かれました。

この季節、栃木と言えば、やっぱり「全国3位の梨」でしょう!

さっそく自宅を出て、車を走らせること20分ほど。「山口果樹園」に到着です。

雨にも関わらず、すでに5~6人お客さんが来て賑わっています。
とれたての梨の「豊水」や「新星」を試食していたら、ご主人の山口幸夫さんが仕事の合間を見て、やってきてくれました。

「今年の梨はどうですか?」

「7月に雨が降らなくて、ちょっと心配していたけど、その後、天気も良くなって生育も順調で、甘くて美味しい梨ができました!」

まぶしい笑顔で、頼もしい 山口さん。いつもと変わらず、元気いっぱい話してくれました!


出荷されようとしている梨を見たり、奥さんの話を聞いたりして、発送予約をした後、ふと棚に並んでいた、「豊水100%の完熟ジュース」にも目がとまって、こちらも買っちゃいました。
山口果樹園は、梨を使ったジュースやお茶、ドレッシングなどの加工品でも有名なんですよね。

梨シーズンはこれからが本番です!
山口果樹園の梨、そして、県内各地の栃木の梨を是非お楽しみください。

以上、5年半ぶりに戻ってきた「たけまー」でした。

【山口果樹園】
○所在地  栃木県宇都宮市上籠谷町2937
○電話   028-667-0523
○Facebook https://www.facebook.com/yamaguchikajuen/

※ 栃木県農政部の情報は、
「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や
「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」
でも発信していますので、是非、ご利用ください。


さつまいも水あめ最中「祇園彩美」-小山市・ECO山本-

こんにちは、さとやまです。
ECO山本さんから、「6次産業化の新商品ができた」ということで、早速ご紹介をしたいと思います。

CIMG1329

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、さつまいも水あめ最中「祇園彩美」です。
さつまいもを焼きいもにする際、蜜が出てくるのですが、これまで蜜の活用が課題でした。そこで、さつまいも栽培と焼きいも加工を手がけるECO山本さんは最中に着目。蜜と県産大麦の麦芽だけで餡をつくり最中に仕上げました。

 

P1160593

 

 

 

 

 

 

 

しかも、さつまいもの種類(安納芋、紅あずま、紅はるか、紫芋)によって、色や味が違います!

 

P1160597

 

 

 

 

 

 

 

早速味わってみると、口に広がる味わいが、さつまいもの種類によって確かに違います。

商品名は国の史跡に指定された祇園城(小山城)に由来し、最中の形は祇園城の下を流れる思川の川辺に咲く「思い川桜」をイメージしているそうです。

販売先は宇都宮市アンテナショップ「宮カフェ」や「おいでよ栃木館」等、順次販路拡大していくとのこと。ぜひ皆さんも「祇園彩美」に出会ったら、ご賞味ください。

【有限会社ECO山本】
住所:小山市犬塚50-493
電話:0285-25-6945

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。


イタリア野菜のせハンバーグプレートに野菜ビュッフェ-矢板市・自家菜園レストラン 58ロハスキッチン-

こんにちは、さとやまです。
さとやまが行きつけのお店だったあざみの直売所(塩谷町玉生)が今年の2月に閉店してしまったため、矢板市石関にある石関直売所http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/tochigi_event/event.cgi?rm=detail&event_code=285)に久しぶりにいってみました。和氣ふぁーむの「湧水の恵み 揚もち」(http://www.pref.tochigi.lg.jp/g01/documents/documents/222.pdf)も置いてあります。外はサクッ、中はフワッとした食感がたまらないっす・・・。

P1160351

 

 

 

 

 

 

 

いちごのラベルをみると生産者は「(株)58ロハス」となっています。「このいちごは完熟で甘くておいしいよ~」といわれ、早速購入!確かに完熟で甘くておいしいです。

P1160359

 

 

 

 

 

 

 

「(株)58ロハスは58ゴルフクラブのことですよね?」と聞くと「そうですよ。」ということです。家に帰って早速ホームページを検索してみると、「58 LOHAS FARM」(http://www.58gc.com/lohas/#114)
のホームページを発見しました。ホームページによると、ファイブエイトゴルフクラブは平成28年4月2日より「自家菜園レストラン 58ロハスキッチン」として生まれ変わります!と表示されていました。そこで早速行ってみることにしました。

まずは駐車場脇のヤギさんがお出迎えしてくれました。
えさをあげることもできます。

P1160387

 

 

 

 

 

 

 

自家菜園レストランは建物の2Fということでレッツゴー!
広々としたスペースに一気にリゾート気分。

P1160390

 

 

 

 

 

 

 

野菜ビュッフェ付きのランチメニューは5つありました。
今回はイタリア野菜のせハンバーグプレートをお願いしました。

P1160408

 

 

 

 

 

 

 

野菜ビュッフェを紹介します。
サラダと自家製ドレッシング、オクラだいこん、きんぴらごぼう、ピクルス、白あえ、豆乳鍋、蒸し物、いちごヨーグルト、水ようかん、オレンジゼリー等々いろいろ楽しむことができます。

P1160394

 

 

 

 

 

 

P1160397

 

 

 

 

 

 

 

また、濃厚ないちごミルク!甘味抑えめで大人の味!!

P1160392

 

 

 

 

 

 

 

そして、イタリア野菜のせハンバーグプレートの登場。
ハンバーグの上にはカリフロールとズッキーニ。カリフロールが炒めてあり、とてもおいしくいただきました。また、いろいろ野菜もうれしいです。ガーリックライスが食欲をそそります。

P1160403

 

 

 

 

 

 

 

スープ、ミニデザートもついてきます。

P1160405

 

 

 

 

 

 

 

なお、ホームページ(http://www.58gc.com/)からクーポン画像を印刷して持参すると、6月30日までですが、「イチゴのコンフィチュールがけソフトクリーム」と「コーヒー」がプレゼントされます。

P1160407

 

 

 

 

 

 

 

窓から見える景色は、やはりゴルフ場。ターフがきれいですが、アカマツ林が結構残っていることにびっくり。人手がしっかり入っていることを感じました。

P1160401

 

 

 

 

 

 

1Fのフロアに降りると、ごろごろいちごのコンフィチュールにんじんドレッシングが販売されていました。「いちごまるごと1パック分」という表現がいいですね。

P1160409

 

 

 

 

 

 

 

帰ろうと思ったら、レストランご利用の方、少し時期が過ぎていますがパンジー苗のお持ち帰りの看板発見!

P1160411

 

 

 

 

 

 

 

7株持ち帰って、早速雑草だらけの玄関に植えました。

P1160418

 

 

 

 

 

 

また、しゃぼん玉セットの貸し出しもあり、子供も大満足!

P1160412

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりランチを楽しみたい時にお勧めです。

自家菜園レストラン 58ロハスキッチン
住所:矢板市安沢2180
電話:0287-41-0058
時間:11:00~17:00(ランチタイムは11:00~15:00)
定休日:月、火
詳しくはホームページをご覧ください
http://www.58gc.com/lohas/#114

※ 栃木県農政部の情報は、「とちぎファーマーズチャレンジネット(http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/)」や「栃木県農政部ツイッター(http://twitter.com/tochigi_nousei)」でも発信していますので、是非、ご利用ください。